山形ママンの日常

アクセスカウンタ

zoom RSS パッチなJKたちの旅 2018 東京国際キルトフェスティバル ・・・その2

<<   作成日時 : 2018/01/31 17:12   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

とりあえず、キルト大賞の作品をみま〜〜す。
クリックして大きくしてみましょう〜、すごすぎて、これキルトなの?なんて、言っちゃいました。
とにかく人が多くて全体を見ることも写真を撮ることもできませんので、あとまわし〜〜。
画像



今回の2018東京国際キルトフェスティバルのパンフレットは、ママンたちが崇拝する<古布の使い手・黒羽志津子先生>です〜〜。
楽しみの一つは先生の系統の作品です。
画像

今回は先生にしては珍しい赤を大胆に取り入れたデザインで、実際の作品は、思った以上に大きかった。
画像


ログキャビンというパターンを不規則に組み合わせて、うまく丸を表現しています。
やっぱり、すごいねぇ〜〜。
実際に先生がいらっしゃいましたので、拝見しようと思いましたが、ここもあまりの人で、あとまわし〜〜。
画像



山形の方でキルト大賞一位になったことのある方が今年も入選したとおっしゃっていたので、和のキルト部門へ行って見たらありました〜〜。みんなですごいねぇ〜〜っと鑑賞しました。
画像


和のキルト部門を中心に会場を回りました。
そのあとトラディショナルやイベント部門をまわりました。
一時間ぐらい回ったら、もう疲れたのでお昼にしようということで、お弁当やお茶をまとめて買って、スタンド席で食べました〜〜。

いやあ〜〜すごい人です。
食べ終わってから、まんず、<<古布通り>>で布を買いましょう〜〜っということになり、みんなで数軒めぐりました。
これはどう?これは?っとみんなで検討しあいながら・・・・。
古布屋さんも年々数が減り、お値段も高く、完品が多く、よごれたままの安い掘り出し物が手に入りづらくなっております。
画像


ママンは普段はなかなか買えないちょっとお高めの更紗を2点買いました。
そのほかにも安くて色の珍しいものを数点。



一時間ぐらいして、今度はもう一度ゆっくり見ることにして、分かれて見ました。
画像

画像

三浦(山口)百恵さんの作品は相変わらず大変な人だかりでした。
画像

画像



イベントの<若草物語>もそこそこに、JKなママンたちですから(なんのこと?・・・あとで)
山形弁丸出しで・・・・   あど、いいは〜〜 ですって!!    (直訳っすれば、あと、見なくていいです〜〜)


画像



じゃあ〜〜疲れた人はスタンドで座っていて〜〜、もう少し見て来るからっと言って、大急ぎで4人で見回りました。
写真も沢山撮りました、来られなかった方にもあとでTVで勉強会をしま〜〜す。
しかし、暑さと人いきれで、午後4時前には外へ出ました・・・(*^_^*)

疲れたねぇ〜〜。
ドームのコーヒーはたがい(値段が高い)がら、ドームまでの通路のコーヒー店で飲んで行こう〜〜。
300円くらいで飲めました、いがったねぇ〜〜。

さ〜〜ホテルは目の前ですから大変助かります。チェックインをいっちゃんがしてくれました。
各自の部屋に分かれて、小休止です。

                              (  つづく  )


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パンフレットの作品はママンの敬愛するお方の?
サイトに入っていくと、凄く目立っていました。
作品の中に山形の方が何点かありましたよね。
いつも入ってる常連さん?なんですか。
あら?ママンの作品??って思いました(以前の作風?)
百恵ちゃん、頑張ってらっしゃるんですね。
若草物語、いかにも興味を惹く企画ですが・・((((^Q^)/
いっちゃんが取り纏めをしてくださってるなら
ママンも安心でしたね〜ご無事にチェックインできていがったね。
意外にコンビニカフェもおいしいですよ(中で飲める所も・・)
盛りだくさんのお江戸旅行、どんな旅になることやら(笑)
nobara
2018/02/01 09:22
n o b a r a  さん
コメントありがとうございます。
そうですねぇ〜〜、いつもの色使いとはちょっと違うかも知れませんね。
山形の方はそうです〜〜、その方です。
色遣いや表現の仕方が以前一位になった時の作品に煮ている感じで、本来この方が得意としているパターン使いですね〜〜、本当に複雑な模様ですね。
百恵ちゃんの作品は一番いい場所に飾られていました。
どうしても自分たちの系統に興味が集中してしまいますし、皆さんご高齢なので長い時間を会場にとどめ置くのは無理がありますので、・・・・(~_~;)
そうなの、いっちゃんはサークルで一番若いので、本当に助かります。
最近はついいろいろお願いばかりです。
この時点では、これからどうなるのかちょっと不安でした〜〜(*^_^*)
山形ママン
2018/02/06 20:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
パッチなJKたちの旅 2018 東京国際キルトフェスティバル ・・・その2 山形ママンの日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる