高原野菜即売場の釜炊き味噌汁

毎年10月に入るとママンはダディに紅葉見物のおねだりをします。
今年は10月は非常にいそがしい・・・ふたりとも。

そこでしかたがない・・今日行くべ!
まだ紅葉していないべなあ・・・
画像

白布温泉経由~福島の桧原湖~五色沼~喜多方ラーメン~山形
いつものコース。 もう10年来・・・
やはりほとんどしていない。
山形の母なる川最上川の源流でパチリ!
画像


画像

画像

いつもの年だったらここからの落葉樹の紅葉は涙が出るほど美しい!!
もう終わりという時は木肌が白く幹の美しい木々が眼下いっぱいに広がり、身を切るような風がまた一段と悲しみをつのらせる・・・って別に悲しいことがなくても、その気になってしまうほどすてきです。

ああ今日はお天気がいい・・!空がうつくしい!

さて本来の目的はこの先の桧原湖の手前の高原野菜です。
いいえ・・・本当の目的はその高原野菜の即売場で無料提供している・・・!お味噌汁なんです。
だけれどただのおみそしるじゃあない!
大根、白菜、なめこを五右衛門釜で薪でにているんです。
ただそれだけのお味噌汁です。ほんとうは。
 でも  すうんごく おいしい!

そこの山道には五軒くらいそういうお店があるのですが・・・ママンたちは三軒ははしごをします。おにぎり持参で・・!
山の水がどんどこ引いてあってたべたおわんは自分で洗うのですが、冷たい水でじゃぶっじゃぶ洗うのがこれがまた最高!
毎年これをしないと秋を満喫したような気分がしない!

しかし悲しいかな、今年は早すぎた。
高原野菜は売っていました。大根5本、白菜2個、  きのこは水煮だけ・・・
あああのみそしる~~

あきらめて桧原湖へ・・・・・・・・行こうとしたら・・・なんと最後の一軒で  ある~ある~。
ふふふ
黙って何にも買わずに食べるのはいけません。
水煮のたけのこと生とうもろこし3本お買い上げで・・はやる心をおさえて おなべから・・・
盛りました。
あれ、なめこが入っていません。いいえ贅沢をいってはなりません。あっただけでもありがたいとお思いなさい・・・はい。
てなわけで待望のお味噌汁・・・なめこがなくても充分おいしかった。
画像

画像


長くなってしまいました。
秋にはなくてはならない一ページです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月25日 19:34
紅葉狩りには早すぎましたか。でも、天気がよくてよかったですね。
待望の味噌汁、聞くだけでおいしそうです。いい香りがしてきました。
2006年09月25日 19:41
お天気が良くて良かったですね。こちらも平地では紅葉がもう少し・・。お味噌汁の箇所、読んでいるだけでう~ん、美味しそう♪おにぎり持参がいいですね。
2006年09月25日 23:35
森の生活さん
毎年いつが一番きれいか忘れますが、行ける日が一番みたいなところがあります。
今回のお店は野趣があまりありませんが・・・(しつれい)一番目と二番目のお店あたりは切り株のいすに 薪をくべて煮ていますので最高です。目の前に大根畑もあるし・・・。
2006年09月25日 23:37
湖のほとりから・・・さん
お味噌汁・・ほんとうにおいしいんです。
まわりの木々や水からもおいしさが増幅されているんでしょうね。
おにぎりは必需品です。
nobara
2006年09月26日 10:47
素敵な秋探しの旅ですね~~ダディ!お優しい~~~♪
それに 美味しそうな話にゴックンしてしまいました。
なぬ? おにぎり持参?とは・・・
さすがママン。どこのご飯より美味しかったでしょうね。
そのおみそ汁が無料?だなんて。
勿論、文句なんていったら駄目ー駄目ーですよ(笑
それも。梯子だなんて!ママン、やったね~~あぁ~裏山椎。
2006年09月26日 12:45
nobaraさん
ダディはやさしいです。はい。
しかしその実態は!実はママンよりあの味噌汁がすきなんです。しっかりおかわりしていましたから。
ぽんた
2006年09月26日 19:29
紅葉狩りというと月山方面が多かったので、しばらく白布方面は行ってませんでした。これは失敗、今年は是非お味噌汁をご馳走になってこなくては。五右衛門釜のお店ですね。
お天気に恵まれてよかったですね。
2006年09月27日 15:14
ぽんたさん
このコースは一日がかりでおすすめ。
特に1404M地点の絶景は枯れた野趣といいますか・・・!!
悲しみがこみ上げてきます。お一人では行かないように。
月山も必ず一回は行きます。

この記事へのトラックバック