藍と更紗に魅せられてパッチワークキルト布紗の会作品展、御報告3、ママンの作品

昨夜はダディの協力でお礼状を200枚印刷。
会員に今日速達で送ってやっと開放感が味わえました。

さて作品展のアップが思うように出来ず遅くなりました。
最初に入り口の花から・・・
野いばらの実の幹が太くて大きいのが手に入ったのでそれと紅葉の赤を表現するため長持ちするグロリオサのあかとなつはぜ、吾亦紅のドライ、トルコききょうでかめのなかのバケツをおおって枯れた秋の風情を生けてみました。あまり大きいかめには生ける機会が少ないので自身なし!。
作品の邪魔をしないように生花っぽくないものを心がけています。
画像

次はママンの作品で 星月夜・・・ほしづくよと読みます。
月夜のように星の光が明るく、その光のなかに古布の花々がさき乱れている・・・っという設定です。藍のなかに三つの星があります。(130×160センチ)
画像

次は 輝く星は子供達(世界中の)という題名です(190×140センチ)
緑の部分が地球のつもりという大胆な考え・・・。
これは前回の出品作品です。
2004年、山形国民文化祭で美術工芸の部で佳作に入り美術館に展示されました。(超あがすけ・・・・!!ごめんなさい)
今回ママンは出品数が少ないのでこれも展示しました。
画像

次はひとかけらのモザイクタイルから・・未知の国モロッコ(180×180センチ)
常滑に旅行した時、イナックスの世界のタイル館に行って感激・・・売店でさっそく本を買って小さなタイルからパターンを起こしたものです。
画像


今回のアップはこれにて・・・また後日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月24日 23:24
これは凄い!どれもみんな力作揃い。文字どうり一針、ひと針、刺す(縫う)のですから、脱帽です。タイルの展示館でイメージをしてそれを作品に仕上げる技。フンタンくんのお守りの合間に、時間を割いて一針、
感激です。ブログ大賞、金メタル上げちゃう!!
もーちゃん
2006年10月25日 01:44
 はじめまして。芋煮のレシピ知りたくて検索してたら「はいむさん」に辿り着きました。その後ブログ見てるうちにママン(私にもう呼ばさせてください)のところにもやってきました。1歳5ヶ月の娘をもつ34歳。これからもおじゃまさせてください。

 フンタンのお守りの間にパッチワーク出来るなんて凄い!!私時間のやりくりが悪いからか なかなか自分の時間が持てないでいます。あ~これじゃだめだ~。気分を入れ替えてがんばらんなん。
2006年10月25日 08:28
すごいですね。
>輝く星は子供達(世界中の)という題名です
作品もタイトルも素敵!メジャーを出してきて、大きさを想像しました。大作ですね。
>また後日
楽しみにしています♪
2006年10月25日 13:57
すばらしい作品ですね。
星月夜・きれいな夜空の星がきらめいています。藍色が印象的ですね。
輝く星は子供達(世界中の)・緑の地球が素晴らしいです。
未知の国モロッコ・広い部屋の壁に飾りたいです。
どれも大きな作品ですね。実際に作品をみないで勝手に感想をのべてすみません。
2006年10月25日 15:53
ハナコさん
ありがとうございます。
自分ではずかしい・・・!
でもこうして見ていただけるのがうれしいです。
しばらくはたんすの中でお昼寝しますから。
ママンよりも皆さんすごいんですよ。
後日また。
2006年10月25日 16:07
もーちゃん
はいむ共々ありがとう。
ママンも孫育て中です。どうぞ時々おいでください。
忙しい中孫達と葛藤しながら楽しく張り切っています。
ただ針なので一時期はお腹のあたりの高さのたんすをテーブル代わりにして、一段目の引き出しを空にして立ったままピース作りをしました。
孫に手が必要な時は引き出しに落とし込んでしまっちゃいました。
今一番残念に思うことがあります。
もっと早く若い年から始めたかった・・・・!!
せめて40代、に古布を知りたかった。
でも見ていても興味が湧かなかったなあと思います。
だからしたい時したい事をいっぱいやりましょうね。
がんばらんなん・・・いいことばですね。
2006年10月25日 16:11
湖のほとりから・・・さん
いつもありがとうございます。
あとしばらくはたんすの中ですので見てやってください。
写真はママンが撮ったものですので実物はもっと濃いのですが。
先生からいつも題名が長いと言われます。
ぽんた
2006年10月25日 17:11
会場のたくさんの力作の中で、ひときわ印象にのこった作品がママン様の「星月夜」でした。素人がごめんなさい、私はパッチワークのことは何もわからないのですが(パッチワークだけではありませんでした!)藍色の濃淡がとても美しく見惚れてしまいました。ママン様、国民文化祭に入賞なさったなんてすごいですね。(・・・う~、ごめんなさ~い、私もあがすけ仲間に入れてくださいまし。私も今年の国民文化祭で入賞できたみたいです。へへへ。)
2006年10月25日 20:31
森の生活さん
広い部屋の壁に・・・飾りたいです。
もしジャンボ宝くじがあたったら・・・・といつも娘はいむと夢見ています。
2006年10月25日 20:53
ぽんたさん
やっぱり来て下さったんですね。うれしい~~。
あの星月夜はとても地味です。がやはりほかの方からも藍の布の深さや明暗を感じると言っていただきました。
布帳キルトとも呼ばれ、型染めの正方形が約100種類以上使ってあります。型見本のようなものです。
無地の部分は藍、浅黄、緑、お侍が着たかみしもなどの古布です。年代が古いほど濃さ冴えが深いのです。なんてまた語っちゃいました。
ぽんたさんの作品も国民文化祭に入賞!!おめでとうございます。
すこしづつやって来たことが形になって評価されるとうれしいものですね。これからもがんばってくださいね。
そして作品拝見する機会があったらぜったいお知らせくださいね。
nobara
2006年10月26日 10:46
お礼状の発送~~お疲れ様でしたね~
ダディもお優しくて頼れる方ですね。
ママンの作品どれも素晴らしい~~です。
躍動感と広がりがありますね。
そして慈しみ育てた モザイクタイル
一次をパスなさったんですって@@凄いです。
こうやって見てても素晴らしいですよね。
それにしてもママンのバイタリティーと向上心に
わたしも少しは見習いたいと思います。
佳い知らせがくるといいですね。
それまで心躍る気分じゃないでしょうか・・・
私もワクワクしてきています。ほんとに凄いです。
nobara
2006年10月26日 10:50
大壺の野イバラの実をメインにした活け花。
それも見応えがあります。私も野イバラの実、大好きです。
けっこう暴れてるから手なずけるのが大変だったでしょ?
草月の作家さんみたいな作品ですよ。素晴らしいです。
2006年10月27日 08:25
nobaraさん
あまりにもほめすぎ!
本当は小さな日常なんですよね。
いろんなことに小さな挑戦を皆さんなさっていらっしゃる!
nobaraさんも・・・!!
ただこうしてほめていただくとやっぱりうれしい。
子供みたいに。
がんばろうと・・・。
ダディはいつもすぐ協力してくれます。それもママンの力になっています。

この記事へのトラックバック