茶わん蒸しにはぎんなん

公園へGO・・・でぎんなんを知ってしまった 食べ物大好きトッティは、毎日ばーちゃん今日は茶わん蒸し?と聞くので、
しょうがないなあ、じゃあ 茶わん蒸しといくか~。でも~?

先日山寺へ行った帰り道・・・
道路ばたに無人直売のお店・・というよりは りんご箱三個ぐらいの台に りんごや柿などが一袋すべて100円・・・というところが何軒かあって 三軒目位でストップ!
紅りんご3・くるみ1・ぎんなん1・を買ってきた。

ぎんなんは砥石でごんと軽く割って、なかを取り出したはいいけれど、中皮をむくのがたいへん。
ちょうど居合わせたいっちゃんが、塩少しいれてさっと煮るとすぐ取れるよ・・だって。
へえほんとだ。
意外だねえ知ってるなんて・・・
そうなのよ、意外でしょう?
しいたけなし、鶏肉なし、みつばなし、・・・
いいじゃん、子供ってそんなの嫌いだば!(だばっというのは山形弁で だよ と言う意味。)
ちくわある?
あるある!
薄く斜めに千切りで、肉は豚でもいいから 千切りで、ゆでで脂ぬき、みつばの代わりは
ほうれんそうってとこね。
ほうほう!
だし汁はばっちり、あとはいつものとうりだね!・・・。
画像

出来た、出来た。いっちゃん、ありがと。
夕食・・・
トッティどう?
んんん~ぎんなんはおいしくな~い。でもおかわり~。

紅りんごは はいむの ジャムのレシピをひっぱって作ったよ。
画像

画像


画像

                秋小菊 平清水焼き(息子小3の時の作)
                       (山形の焼物)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月02日 17:43
りんご一袋に3個入って100円ですか?お買い得ですね。茶碗蒸しも、材料が料理の本の通りでなくても、美味しそうです♪しばらく作っていません。作ろうかなぁ~、と思いました。
>息子小3の時の作
すごいですね。とても有名な陶芸家の作品かと思いました♪
2006年11月02日 19:20
ママンさん流茶碗蒸し、おいしそうです。
おいしそうなリンゴ、そしてジャム。懐かしい昔のリンゴのようです。
平清水焼き、素朴でいい焼き物です。
2006年11月02日 21:26
こんばんわ。一度お邪魔すると寄せてもらい易くなったようです。
「登場人物 孫一・孫二」の表現に思わずにっこりとなります。愛情茶碗蒸しも作りたくなりました。手芸のお部屋を見せて頂いたり、まるでお宅にあがらせてもらっているようです。秋小菊の生花、参りました。
2006年11月02日 22:08
湖のほとりから・・・さん
ママンもしばらくぶりで、茶わん蒸しの作り方忘れていました。

湖さん~ほめすぎです。
学校では平清水の焼き物の里に行って生徒に作品を作らせて焼いてもらいます。
ほとんどが七衛門窯ですが、そこには何軒か焼き物をつくらせてくれる教室があります。
その窯によって味がちがいます。
ママンもはいむと何回か行って作りました。
素朴です。10センチくらいしかありません。
2006年11月02日 22:12
森の生活さん
茶わん蒸しはぎんなんが入っていればいいかなですね。
紅りんごはほんとうはもっと皆が食べないとなくなってしまいますよね。
ジャムやアップルパイなどにとても向いているんですが・・すっぱみが強いので・・・
2006年11月02日 22:18
クロゼット☆ライターさん
ぜひあがってけらっしゃい。うれしいです。
小菊はいっちゃんちからいただいた根っこから今年初めて咲きました。
かわいいいろでしょう?
もーちゃん
2006年11月03日 08:24
 茶碗蒸し美味しそー。
実家の母がよく作ってくれました。なぜか朝ご飯の時に。会社勤めでいそがしかったはずなのに。でも具は かまぼこ・しいたけ・ほうれん草ぐらいだったかな。ひどいときには椎茸だけの時も。(笑)
かえって、ぎんなんや鶏肉が入ってると「いつものががいい~。」(いつもの方が良い=富山弁)と すっかり簡単手抜き茶碗蒸しに慣らされてしまってました。
 ママンのブログみてると実家の母とだぶります。(ママンほど まめではありませんが・・・。) まめ・・元気・活発?

2006年11月04日 21:01
もーちゃん
なぜか朝作ってくださったお母さんはママンよりかなりまめな方だと思います。忙しくて何も出来ないのではなく、忙しいからこそ子供の好きなものを作る・・・その気持がうれしい・・・!!・・・し、努力以外の何者でもないのでしょうね。ママンにも覚えがあります・・・すこし。
ぽんた
2006年11月07日 12:49
今日のようなススコススコしたお天気には茶碗蒸しが恋しいです。美味しそうですねぇ。銀杏やくるみは、店頭に並ぶあの状態になるまでの難儀さを思うと私も買わずにはいられません。銀杏割り、くるみ割り、うずらの卵むき、菊むしり、土芋の皮むき、いずれも好きではないんだけどやりはじめるとやめられなくなるんです。しみじみ感が好きなのかもしれません。今年は、はいむさんから教えてもらったので菊を水から茹でております。シャキシャキしてて美味しいですね。先日、お店でモッテ菊のおひたしが¥400でメニューにでてて、びっくりしました。朝、小どんぶりでワサワサ食べてきたのは、なんぼがなになるんだろうとつい計算してしまいましたよ。
2006年11月11日 23:22
なんぼがな・・・になる・・・
ぽんたさん、この言葉ほんとに山形弁独特ですよね。
ママンもせづのものって好きです。
それを処理している自分・・・に満足しちゃいますよね。

この記事へのトラックバック