小学生国語  2  すみれとあり  (ど根性すみれの実態?)

ママンちの孫トッティは小学2年生!
国語の朗読については、前にも  ホッキョクグマ、がまがえるのがまくん  のお話書きました。

今日は
   すみれと あり   やざま よしこ 

本読みの宿題は、学校から帰って早い内におわしますので、ほとんどは、ママン(わたし)が聞きます。
先日も本読みが終わって・・・
本読みカードに認めのサインが必要なので、いつものごとく、○のなかに、ば~ちゃんが聞きましたという意味で、○ばと書きました。

ねえ~ばーちゃん。まるばって、結構みんなわらうんだよ!面白いって。
ええ~っつ、じゃあ、今日からやめようかぁ。○祖母にしようか?

あっつ いいのぅ。僕も気に入っているんだから。
そぅおう?
うん、先生もいいねえっていってるんだ。


それから、2日後ぐらいして、フンタンとママンは例のごとくお堀の周りをお散歩していました。
すると、足元のコンクリートの間に、ど根性すみれが咲いているではありませんか。それもあちこちに。
いいえ、もうすみれの花は終わっていて、よく見ると花だと思ったのは、すみれの種が入っていた殻なのです。
おお~~これこそが、トッティの国語の本に出ている すみれとあり ではないかいな!
        拡大して見て下さい。

画像


そしてよく見ると、近くにまだ種が残ったのが、ありました。これも、拡大!
すみれの花が咲いているときは、よく見るけれど、その時期が過ぎてしまえば、よく見るなどということは、しない。種を入れる袋がつぼみのように膨らんでいるのを見たことがあるけれど、種を飛ばすと三つに裂けて花のように殻をひろげているのは、初めて見た。

画像



国語の本の中の すみれとあり のおはなしを要約すると!

すみれは種をお天気のよい日に殻を割って回りに飛ばすが、それを出来るだけ遠くに広げて子孫を残すために、工夫している。
種をありに運んでもらうために、種にありの好きな白いものをつけておく。
ありは、いろいろな所に巣を作るので、巣の入り口まで種を運んでいく。
種は食べないから、巣の外にすてて、白い部分だけを巣に運ぶ。
だから、コンクリートの間でも、石垣の間でも、ありが運んでくれた種が残って、芽を出すのです。


さっそく、トッティが帰ってくるのを待って、実地見学に出かけました。
トッティは、もっと へ~~これがね~すごいねえとか言うかと思ったけれど。
ふ~~~ん、なるほどね~~と きわめて冷静。
感激屋なのは、ママンだけでしたが・・・。

ど根性すみれは、こうして、生まれたのね~

自然の営みってすごいね。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年06月16日 00:13
なるほど、それは知りませんでした。
小学校の教科書もたまには良いことが書いてあるんですね(笑)。
トッティ君は実に冷静、将来大物になるでしょう。
2007年06月16日 08:51
おはようございます!スミレの種ですか・・・そういえば花の終わった後白いものが付いているなぁとは思いましたが、花が枯れたものと思っていました。その中に種があるんですね。今度見てみよう。知らないで見過ごしているものって多いですねぇ。トッティ君のおかげで一つお勉強しました。
2007年06月16日 12:49
スミレの種って見たことありませんでした。近くの道端にスミレが咲いてたのを思い出しましたので、あとで見てこよう。
小学校の国語、時々いいお話が載せてありますよね。私、好きでしたよ。教科書に書いてあった著者の本を探して読んだりして。今思うと、じっくり読むってこと、楽しかったな。クラスで話し合ったりしながら。大人になって自分だけで読むと読んだ気分にだけなってしまって「気づき」みたいなものが少ない気がします。大人向けにブッククラブ(朗読して感想を言ったりする会)とかあるといいのに。
2007年06月16日 13:54
なるほど、謎が解けました。歩道の割れ目からスミレが咲きます。きれいな姿で。あちこちに。今日の話題ができました。ありがとうございます。おおらかな時が流れますね。核家族ではこうはゆきませんね。
2007年06月16日 14:43
何の気なしにスミレが生えているなんて見過ごしていました。こんな自然の営みがあるのですね。ママンの大発見です。
蕗ちゃん
2007年06月16日 21:19
今晩は。小学校の説明文には、本当に教えられますよね。小五のサクラソウも友達から聞いて本当に感心しました。昔は、タンポポの種の飛ばし方なんかもあったような・・きいたような気がします。
スミレも今度から、そのことを頭の隅に置いて見て見たいと思います(^。^)
2007年06月16日 22:24
おやまあ、ママンの意外なこと!オラは小学生の頃、そのへんに生えているスミレ(のみならず、カタバミ、ホウセンカ・・)みたいな、種の入った房に触るとパカッと割れてタネが散るしくみになっている草が好きでさ、よく種房を見つけては熟すのを待って、揉んで(笑)、パラパラ散るのを楽しんでいたのだよ。ケイトウの種取りも好きだったなあ。2ミリくらいの小房にフタがついてて、それをはずすと中から種が3個くらい出てくるの。こうしてみると意外とオラ小さい時からガーデナーだね(笑)。ママンが「パカッ」を見たことないとは意外だった~。オラの植物好きはママンの遺伝だと思っていたからさ。
トッティは冷静だけど、フンタンは植物好きだよね、すごく。遺伝かも!!
2007年06月16日 22:28
こんばんは 明日さっそくスミレの花の種を見つけようっと。。今家から道へ出るとビオレがど根性気取って咲いてるのよ。毎年種が飛んでるんでしょうねぇ。可愛いです。お勉強に成りました。
nobara
2007年06月17日 22:52
山形ママン、素晴らしい~ワンダフル+ニャンダフル^☆
 ちゃんとなっていますね~~パチパチパチΣ('◇'*)
 ママンはほんとに凄いなって思います。
 私はまた、モ少し説明を加えてUPしようかと思ってましたが。
 なんのなんのーちゃんと出来ていますね。
 中の説明文も記事UPの時に字色を選べますよ。濃くしたり。
 この壁紙だと他の色の方が見やすいかも知れませんね。

 ママンと愛すべきお孫ちゃん達のふれあいも
 なんだか童話の中のお話のようで心温まりますね。
 ○ば 印に大笑いしてしまいました。いいなぁ~♪

 今日はマイ公園でお嬢とその友人がフリマに出店で
 おにぎりの差し入れしたり売り子さんのお手伝いもしたの。
 暑かったけど・・・楽しかったですよ。
2007年06月18日 00:53
そちらも本読みカードがあるんですか?こちらにも「音読カード」というカードがあり、長女の時から書かされていました。長女は本を読むのが好きなのですらすら読んでいつも得意でしたが、下2人は苦手・・次女は涙目になりながら3回繰り返しをしていました。 息子は要領よく逃げていました。 今は、先日1年生になった姪っ子の音読カードにサインをしました。 懐かしいわ~~!
ウチの近くのバス停のところにもきれいな色のスミレがコンクリの隙間から沢山花を咲かせているんですよ。いつも母と「採りたいのにね~」と言いながら見ていました。 ど根性スミレちゃんはあちこちに存在しているんですね。
2007年06月18日 08:40
ヒゲおやじさん
はい!すでに大物です。
その後に…まったく~と付けたくなりますが…。
2007年06月18日 08:43
べべコママさん
最近はトッティのお陰で、漢字や文章など、とても良い刺激があります。これも、いま少しなのでしょうが。
2007年06月18日 08:46
サラントロさん
ほんとうに、ママンも大好きです。
今老人介護でもお勉強を取り入れているところがあるらしいですが、
ブッククラブ…。いいですね。
ネットの中にないかしらね。
2007年06月18日 08:49
クロゼット☆ライターさん
ありがとうございます。
そうですね。いつもごちゃごちゃしていますが、色々な発見はありますね。
退化しつつある脳に刺激にはなっていますねぇ。
2007年06月18日 08:52
森の生活さん
当たり前に知っていることなのですが、視点がひとつ増えましたね。
国語の本のおかげです。
2007年06月18日 08:57
蕗ちゃん
こんな小さなことが、楽しさに繋がるとうれしいですね。
国語の本はいいですね。本当によく出来ていると思います。
2007年06月18日 09:05
はいむっち
鳳仙花は昔、沢山家にあったからね。はじけて飛ぶのは見た事があるけど、あんな小さなすみれちゃんの種に秘められたしくみには、感動しちゃったよ。
いんげん…の成長と収穫、見たよ!
ねえ、ぷくたんと、毎日育てて収穫して、食べて・・・生きた楽しみ。良かったねえ。
ママンも、トマトやイチゴ…などトッティやフンタンと楽しんでいるよ。
2007年06月18日 09:10
夢案内さん
植物も生き残るためにがんばっているのですね~
さすがですよね。
2007年06月18日 09:16
nobaraさん
ほんとうに、度々恥のかき捨てです。
でも、タイムリーに教えていただけるので、やる気になって覚えますから、出来ました。
こんなことは、皆さん、独学ですいすいなんでしょうが~
ヒトリくらい丸出しがいてもいいのではと、開き直っていますので、これからも、どうぞ、先生してくださいね。
マニュアル本読んでも、なかなか理解できないんですよ、寄る年波で…

2007年06月18日 09:22
mintさん
そういえば、音読カードって書いてありました。
サイン・・・○mって書かなかったでしょうね。

今は、ど根性ばやりですね。
大根とか、白菜とか、あれは、やっぱりありさんかなあ~~ね~。
2007年06月18日 22:01
こんばんは
本読みの話から ど根性スミレの実地体験 私も(あぁそうなんだ)と引き込まれました
植物の生きる知恵は不思議ですねぇ 思いがけなく理科のお勉強をさせてもらいました 
トッテイ君とフンタンとママンのお話 おもわず顔がほころびますねぇ
2007年06月19日 12:18
私もへぇ~と感心しながら拝見しました。ど根性スミレ、感激です。トッティ君は冷静ですね。でも、いつか大人になってこのことを思い出すかもしれませんね。
2007年06月20日 07:40
とんぼさん
おはようございます。
知っているようで知らないような、新しい感動になる、小さな出来事です。

二人には時々面白い事を発見させられます。
2007年06月20日 07:42
湖のほとりから・・・さん
トッティは、思い出すでしょうか。
ママンはきっと、何時までも楽しく思い出すでしょうが・・・。
2007年06月20日 21:24
お孫さん可愛い盛りですね、いいな~~~
バッパ・バッパとまとわり付いて来る頃が
一番楽しい時期ですよね。
ママンおばあちゃんとお孫さんに幸あれ!!!
2007年06月21日 20:06
hiromuさん
本当に今だけでしょう…!
今の内に、色々楽しみたいと思います。
子供の目線て、楽しい発見があります。

この記事へのトラックバック