親と離れて、トッティ!!秋田への旅…

 さ~ 夏休みも中盤!の最大イベント~ぅ!

トッティの言いだしっぺ…

ば~ちゃんと秋田に行きたぁ~い。
フンタンも連れて行きたぁいとなり、フンタンもいちたァ~~いというわけで、3人の道中の始まりはじまり~~。(荷物は宅急便で)

画像



秋田へ行くのに、昔は、直通の特急で3時間。
しかし、新幹線が新庄市まで延長されたことで、現在、新庄では必ず乗り換え、しかも、秋田までは鈍行…鈍行しか!ない!!

しかも、新庄まで新幹線で40分 + 待ち合わせ時間20ぷん以上   新庄からは所要時間3時間かかる。 = 4時間。お金も新幹線代がプラス!
別な手段で、新幹線こまちに乗るために、仙台へ抜けるのに仙山線で一時間、仙台からこまちで2時間、新幹線代が一万円もかかるし、時間も乗り換えやなんかで、同じくらいかかるんです。新幹線が延長されたお陰で…!
おかしいと思いませんか?
   
もうキーを打つ手がばっちんバッチンとなってきますよ、と興奮してもはじまりませんです、はい!いつも、世の中すべて弱者が切り捨てられているのです!!

そんなことは、さておき!
午前中の空手の試合で、トッティはあえなく敗退。
予定より早い電車で、出発~ぅ。新幹線に颯爽と乗り込んだまでは、良かった?

画像


発車と同時に、トッティが、号泣~
ああ~今日から家族と離れ離れで暮らすんだ~~ぁあ  いいぃ~い ううう~ぅ えええ~ぇん
 おいおい!

それにひきかえ、フンタンは楽しそう
車窓から見えるスイカ畑にすいかがゴロゴロしているので、一生懸命探している。
芒も穂がでているね~ぇ。
新幹線は早い!写真が撮れない!

トッティは、新庄まで泣きどおし。

さあ、乗り換え。ホームの中を走って、ローカル鈍行に乗った。
あわよくば、4人が座れる座席が2つくらいあるはず!
ええっつ!ない!すべて、通勤電車並みの横すわり。
覚悟はしていたが・・・。
でもまずは、無事乗り換え完了。後は、各駅停車、のんびり行くしかない。
そうこうしている内、フンタンが寝てしまった!トッティも午前中の疲れで、横に重なっている。
座席は一杯。
ママンは仕方ないので路上に座って二人が落っこちないようにしていた。
長い時間だったぁ。せめてもの慰めは二人ともおとなしかったことかな。

秋田駅に着いたぞ~~。そのとたん、元気、元気。
画像

駅に飾ってあるデコイチに見とれたり、しばらく遊ぶ。
予定より2時間も早い電車で来たからゆっくり駅の中を見る。

急に、お腹がすいたよう!!
いつも秋田に来たら、お食事をする、ニューたけやまではすぐ近い!
食べたたべた!(なんやかやで、お昼ぬきだった!すでに、4・00)

甥っ子達が5・00 迎えに来てくれて、いよいよ竿灯へ…!
まんず、人の多さに圧倒される。竿灯通りまでぞろぞろ歩く。
それに、暑い!
座席取りしてくれると言うが、取っても、子供達がすぐ飽きてしまうので、やめて、近くのデパートで、時間調整する。
画像


画像

長い待ち合わせ時間…大通りに通じる道路は出番を待つ、大若、小若(かわいい)の揃いのはっぴ姿がれん連と続くなか、太鼓や笛の音が、そちこちから力強く響く。
だんだんこちらの気持も高揚してくる!
お祭りは、笛、太鼓にかぎるね~
今年は秋田の若杉国体が開かれるので目前に知事のごあいさつやらイベントがあり、その後やっとやっと始まった~。
人垣が5重6重で、子供連れでは割り込むことも出来ず、高く上がった竿灯はゆらゆらと見えるが、肝心の名演技は、ほとんど見えない。
甥っ子といっても、もう40歳近いが、二人を代わるがわる抱っこして見せてくれた。
二人とも初めての竿灯祭りに圧倒されているようだ。
画像


画像

写真がうまく撮れず、疲れはピークへ…
前半を堪能して、帰る事にした。
お祭り広場を通って甥っ子の車で家路へ。

玄関でお休みを言ってばいばいした。
その夜はあきたばーちゃんに よぐ来たな~~と言ってもらって、すぐ、風呂に入った。

二人とも、ホームシックにかかる暇もなく、ドッタン・グー・グゥゥゥ でした。



2日目。雨がバケツをひっくり返したように降って夜があけた。朝から小雨。
皆でゆっくり、話したり、食べたりして過ごした。いつも、里帰りはあわただしく過ぎるのだけれど、こんな過ごし方もいいなあ~
なつかしいアルバムなど出してもらって、めくって見る。
画像

隣近所のあの人この人、思い出話に、母の語りもなめらか。
半日は話し込んだ。
画像

トッティ達のはとこちゃんのさっちゃん。3年生。こちらも楽しそうなひととき。


画像

家の前の道路で。母や兄達と・・・。

ゆっくり過ごしたその夜、さあ~明日は帰る日だね~
とたんに、また、トッティの号泣が始まった。

ああ~明日は山形の家族に会える~~
あああ~~ いいい~~ううう~~えええ~~んん

あんたねえ、自分で旅に行きたいって言っておきながら、どうなってんのよ!
だって~涙がひとりで出て来るんだもん~~ううう
うれし泣きなの?
ううう  んん~~
かってに、泣いていなさい。
その時もフンタンはもうしっかり寝ています。
ねえ~小学2年生って複雑ねえ。

3日目・
秋田のちっちゃいおばーちゃんと、さっちゃんが送って来てくれて、今流行っているおいしいレストランでお食事。その後のサーティ・ワンとか言うアイスのお店もそれは今とても流行っているとかで、二人のばーちゃんは、孫のお勧めのメニューで、楽しい旅の締めくくりをしました。

帰りの電車は、新庄の乗り換えまでの3時間以上、二人はぐっすり眠って、新幹線も車内販売のジュースで満足。

たそがれの山形駅には、ダディじーちゃんが改札口で待っていて、若ママは駅西の階下で、待っていました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月09日 23:59
ママンおばあちゃんと一緒でも、ホームシックになるんですね。
可愛いお孫さんとの、夏の日の思い出がつくれましたね。
留守宅の若ママはねずみに引かれちゃいそうで、落ち着かなかったのでは?トッティくんは夏休みの作文(えにっき?)が書けますね。お疲れ様でした。
2007年08月10日 08:02
たのしい旅でしたね。家族とはなれてちょっとさびしかったけれど、しっかりと旅ができました。夏休みのいい思い出になりました。
お疲れ様でした。
2007年08月10日 09:55
ハナコさん
ホームシックなんでしょうね~
トッティは泣き虫なんですよ、もともと。
フンタンと二人連れて行ったほうが、泣かないと若ママは思っていたようです。
最初はトッティとママンで二人で行く予定だったのです。
たのしい旅行だったようですが。
2007年08月10日 09:58
森の生活さん
お天気がいまいちでしたが、反対にゆっくりしましたね。
また行きたいと言うのですから、楽しかったのでしょう~~
nobara
2007年08月10日 13:33
嬉し哀しの心境なんですかね~トッティちゃん。
そろそろギャングエイジだけど。
まぁー若い?男の子の事はちーとも判りマッシェン(笑)
でもね~若ママの方が心配だったんじゃ~ないですか?
きっと後から思っていい思い出になるんじゃないでしょうか?
ばあちゃんと行った夏の日の思い出。
絵日記に事かきませんよね~~わたしもどっか行きたいな。
それにしても便利になってかえって不便になる事あります。
鹿児島とか北海道とかはうんと近くなりましたが
東京郊外にちょっと外れるとこれが遠いんですよね(*^-゚)⌒☆
ママンもお母さん孝行してきましたね~~~
モノクロの写真。それだけで郷愁を誘いますね。
なんだか私の母がそこに居るような気がしました。
旧い~アルバム、めくりぃ~ありがとぉって呟いたぁ~♪
2007年08月10日 19:03
ママンさんの軽快な文章、思わず笑っちゃいました。子供の心も複雑で繊細なんですよね。良い思いでになったことでしょう。竿灯の数今年は例年より多かったとか、賑わったようですね。
それにしても新幹線が出来て不便になるなんて、やっぱりおかしいですよ。
2007年08月13日 23:28
アハハ、お疲れ様でした。何とも楽しい旅で。
あきたばあちゃん、大喜びじゃなかったですか。
何だか色々の情景が目に見えるようです。
無事ご帰還、改めましてお疲れ様。そして、良かったですね。
2007年08月14日 05:31
楽しそうな、賑やかそうな、ママンさんの悲鳴が聞こえて来そうな、でもとってもいい夏休みの思い出ができた旅をお過ごしのようでしたね。
お疲れ様でした。 新幹線で便利になりましたね~。おばあちゃん達もいい日をお過ごしになれたみたいで、みんな、みんなよかった!
2007年08月14日 21:05
素敵なお見立てのリュック、私もほしーぃ。ヤングママの後姿。
別れを惜しんで泣かれるところが、子供らしくって微笑ましいです。
お二人お連れになって、体力も頼もしいですね。
2007年08月27日 15:44
今頃ご返事でもありませんが、すっかり抜けております。
本当にごめんなさい。

この記事へのトラックバック