行って来ました!! 東京国際キルトフェスティバル2008!!・・・・・・1

行って来ました!!東京へ!!

ママン達おのぼりさん一行は迷わず無事にドームに着きました。
雪女ですか?というコメントがありましたが、なんで東京さ来たのに雪なの?と言いたいのはこちら!
画像

晴天ならもっと数倍楽しかっただろうに・・・・・・?

いいえ!充分楽しかったで~~す。

サア~待望のドームに入場。万全の打ち合わせをして、階段を降りて、ホームに入った途端にあれよあれよという間にてんでばらばら、3人になってしまいました。
ま~いいっかぁ。

二人か三人の方が、作品を見るのには、部分的なところまで話し合えますので、効果的なのですが、他の3人は、一人づつ見たんですって!
なにしろ人が多い!

携帯は全員持っているはずなのに、全然出ない!!

画像


<作品展の見方>のアドバイスのごとく、先ずはトップ作品を拝見して、後はさ~ぁっと全体を見てから、ゆっくりと行く事に・・・・・・しようとしましたが、まったく出来ませんでした。
人人・・ひと

トップ作品・・・キルト大賞

画像

素晴らしい作品です。しかし、ママン達の世界とはちとかけ離れた世界ですね~
こういう世界もあるのですね~
拡大すれば小人の世界のようらしい~見えませんーーん。


画像

準大賞・・・これも、異次元、抽象画のような作りです。
頭が混乱しますね~

画像

ハンドメイド賞!
これは、ママン達の世界に一番近い!
すばらしいな~と素直に納得します。


こちらが、お目当ての山形の方の招待作品です。
すごいインパクトにびっくり!
古布を上手く使い、さすが見事な腕前にうならされました。
画像



紹介したい作品は沢山ありますが、これは、単純な小さな正方形だけで出来ている、言って見れば誰でもが作れる可能性のあるパターンですが、
この色彩と根気には、びっくりします。
画像

その他、やはり単純なパターンで見せる様々なキルトが心動かされますね~~
専門のネットもございます。もっと見たい方はそちらを!

13・00最終集合には、みな無事に集合!
それぞれ、手に入れた古布通りのお店の収穫物をぶらさげて・・・
これについては、次回に・・・

良かった~。

メトロポリタンエドモンドホテル(ドームから近くて大きい)で、ランチをして、さ~どうしよう!
東京江戸博物館は結構見たことがある人がいてぇ、ブリジストン美術館もねぇ~ ・・・・
結論は上野の森の東京国立博物館の<近衛家1000年の名宝>がいいと言うことになって、乗り換えて無事着きました。 3・30~閉館の5・00までみっちらと拝見しました。
すばらしい名宝ばかり。
書・絵画・布・人形・・・国宝、重要文化財がざくざくですね~
筋肉がだる~い・・・・万歩計がもう20000超えましたぜぃ!!
もうすこしゆっくり、疲れていないときに見たかったな~


画像


博物館を出たときはもう真っ暗、美しい噴水も誰も感激もせず、みぞれが降りしきる中を足を引きずっています。
画像



もう足がくたびれて、歩くのがやっとでした。
それから東京駅で新幹線に乗るまでのママン達一行は見るも無残なお・ば・た・り・あ・ん。
疲れきって、紹介するのもお恥ずかしく、夕食を食べる元気も無く、駅弁を買うのがやっと!!でした。
   
   次回へつづく・・・・







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月25日 07:41
すばらしい展覧会でしたね。キルトという世界はいろいろの広がりがあって奥が深いですね。
近衛家1000年の名宝、これはいい展覧会をご覧になりました。門外不出の名品もあったようですね。
お疲れ様でした。きっと快い疲れだったのではないかと思います。
2008年01月25日 09:42
ママンさん、やっぱり行ってらっしゃったのですね、キルト展。
NHKの放送予定を見ていた時、きっと山形ママンさんお出かけになるだろうと思っていました。自分では手先のことは全く駄目だけど、いつかママンさんの作品が並んだら、絶対見に行こうと思ってますからね。
絵画もそうらしいですが、選者によって評価が違ってくるのは致し方ないのでしょうかね。でもどれも一つ一つ思いのこもった、すばらしい作品なのでしょう。お疲れ様でした。
2008年01月25日 10:12
お帰りなさい~♪お疲れ様でした。
キルトといっても奥が深いですね。山形の方の招待作品は中心に吸い込まれていくような・・・。すっかり、お疲れはとれましたか?
2008年01月25日 11:54
寒い中、お疲れ様でした。2万歩以上も歩いたら足が棒ですねぇ。
キルト素晴らしいですね。これらが古布などを縫い合わせて出来ているなんて信じられないくらいです。ママンさんの作品がますます楽しみになってきました。
2008年01月25日 16:36
森の生活さん
キルトばかりではないのでしょうが・・・限界という事が無いようですね。
そして、感動は、作者の心が純粋に表現されているかが大きいようですね~
単純な物でも、手が込んでいても。
博物館も見ごたえがありました。もっと時間と余裕が欲しかったです。
2008年01月25日 16:44
けっこちゃーん
ありがとうございます。
いつかがあるでしょうか・・・。
華やかな会場に・・・。

思いがこもった作品に心洗われる様な気がするものもありました。
それは、欲の無いただひたすら思いを込めて繰り返しパターンを重ねていったものですね。

賞がからみますと、どうしても思いを超えた物が目に付きますね。
なんちゃって。
でもとてもみんな元気を得てきたようです、よかったよかった。
2008年01月25日 16:49
湖のほとりから・・・さん
ただいま~
植松さんのは、迫力がありましたね~いつもの作品とはちょっと違う味でしたね。
細かい製図がお得意なので、やはり素晴らしい構成ですね。
はい!今日は(金)ゆっくりしましたので、元気です。有難う~(^_^)v
2008年01月25日 16:53
べべコママさん
ありがとうございます。
最後はみんなばてばてで、歩く格好がひどかったです。
来年も見に行きたいですね。
こんなにもいろいろな考え方があるのですね、そのことに驚きます。
あたまを柔軟にしておかないと・・・と思いました。
作品…頑張らなくっちゃぁね ^^;(~_~;)
nobara
2008年01月25日 17:44
折角入らしたのに、東京も近年稀に見る雪の歓待でしたね。
ほんまに 雪だけはやめて欲しかったなす。
だけど 電車に異常がなくってほんとに佳かったですぅ~~
さらっと見てから重点的に見直す…なかなかそういうわけにいかないのですね。その日、あの大雪だからまだ入場者はそれだけで済んだ?って見方もできますね。 キルトをやってらっしゃるママンだからこそ感じる物があるんでしょうね。私の親友も頑張って何年もやっています。この頃目が疲れるらしいので無理をしないでねって言っています。腰を痛めて(変形性)今月いっぱいでお仕事も辞めるとか・・・じ~っとしてやるのは負担かも・・これから慰めながらつきあっていこうと思っています。近衛さんのお花のスケッチ、凄いでしょ?私はその葉書のセットが手元にあり眺めています。ほんとにお疲れさまでした。楽しそうで佳かったですね。やる気を感じました。
2008年01月25日 20:42
nobaraさん
北国育ちですから、雪そのものはあまり心配はしていませんでしたが、乗換えや時間の使い方が心配で、早めはやめの行動が、なかなか反対に疲れました。
そうですね、人は去年からみたら、かなり楽でした。(土曜日でしたから9
しかし、集団となると、やはりなかなか集合がむずかしいですね。
お友達もやっていらっしゃるのですね。
座ってだけでなく立ったり、いすにかけてなど、工夫が必要ですね。ママンはフンタンが小さい時は、かなり立ってしましたね~
お花のスケッチ、よかったです。
優しい感じですね。
ママンは一時期ボタニカルアートもしましたので、ゆっくり見て来ました。
売っているのを見つけられませんでしたね^残念!
はい!!これから又皆で楽しくやりたいですね。
2008年01月25日 21:58
アハハ、お疲れ様。
まあ、凄い強行軍。ドームの中だけでもかなり歩き回ったはずなのに、まだ歩いて20000歩ですか。それでは疲れますねえ。
でもまあ、良いものを見て、楽しんで、良かったですね。
2008年01月26日 11:23
ヒゲおやじさん
は~い!たまの東京ですから、動けるうち歩いてきました。
でも、東京駅には時間ぎりぎりに行った方が良かったんですね~
ここが、田舎っぺの辛いところでした。
遅れたら大変って思っちゃうんですね~
盛りだくさんで楽しかったです。
蕗ちゃん
2008年01月27日 16:19
素晴らしい作品を見たときのママンさんの高揚感が、伝わってくるようです。キルト作品の素晴らしさにも圧倒されますけど、私にしたら気の遠くなるような根気も、ほんとに感動的ですよね。10歳くらいは、若返りましたね。
2008年01月28日 08:28
蕗ちゃん
はい!!若返りますね。
ママン達の先生は、60歳を過ぎてからパッチワークの先生をしたのですから、それを思えば、まだまだ出来ますね。
根気の方はやはりなかなか続きません。若い方にはかないませんけど。
とにかく細かい作品が多いですね~。

この記事へのトラックバック