初七日を過ぎて・・・

いづれは見送る人の道
    覚悟は出来ていても寂しいものですね・・・

ダディの友人から、こんなメールを戴きました。
そのとおりの心境です。

又皆様からも 心あたたまるコメントを戴きましてありがとうございます。
お陰様で初七日を過ごしました。
初七日(日曜日にしました)までは、兄弟や孫達もいてくれて、賑やかに送る事ができました。


毎日のように雪が降っております。

そして、家族は平常の生活に戻りました。
健康・・・のほうも、皆なんとか諸事を乗り切ることができました。

これからは、二七日(ふたなのか)、三七日(みいなのか)・・・・四十九日まで毎週、家族を中心に、来てくださる近親の方達と、お寺で、和尚様の読経のお参りがあります。
四十九日の法要は親戚などで行います。


親の百歳の旅立ちに立ち会えたことは幸せなことと思います。
そして、健康である事を親へ感謝したいと思います。

また少しづつお話したいと思います。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年02月22日 07:37
やはりさびしいですね。心のなかに穴があいたようなさびしさです。二七日、三七日・・・・四十九日とつづく読経はその寂しさをすこしずつやわらげてくれるものなのでしょう。
ママンさんはよく尽くされました。どうぞ健康にはじゅうぶんご留意の上お過ごしください。
nobara
2008年02月22日 08:43
初七日から七七日までは 縁の皆でお守りしますよね。
私も母の時。東京でお寺さんを探して読経して戴きました。
だんだんと気持ちも落ち着いてきたような気がしました。
ほんとに判っていても・・覚悟は出来ていても・・ですね。
お体をお労いながら、お過ごしくださいね。
また、おいおい、お話を聞かせてくださいねェーー

花いちもんめ
2008年02月22日 22:02
いづれ …と分っていても、さびしいですね..
誰かが云ってた、散るさくら 残るさくらも 散るさくら
お疲れでしょう 時が薬、少しづつの時間が
ママンさんを癒してくれることでしょう..合掌
2008年02月23日 20:41
森の生活さん
いつもお優しいコメントをありがとうございます。
今日二七日を済ませ、また良いお天気に恵まれ、やっと何かをぬける様な気持がしています。
まだ皆さんのところにコメントできませんが少しづつ拝見しております。

2008年02月23日 20:48
nobaraさん
いつもありがとうございます。
<だんだんと気持も落ち着いて・・・>そんな気がします。
部屋の中もだんだん整理されて、広くなって、気持もがらんとしております。
ちょっとした暇につい横になってしまいますが、そんなことも出来るようになりましたので、なんとか風邪もこじらせずに過ごしそうです。
こんな時でも、ブログを見ると元気になるんですよ。
2008年02月23日 20:57
花いちもんめさん
いつもありがとうございます。
いつか散る桜・・・順番に・・・。
子が親を見送ることが出来たことが、幸いと思いました。

2008年02月23日 23:18
そうですか、無事に初七日が終わりましたか。
四十九日までは何だかんだと忙しくて、人も集まりますので気が紛れますが、四十九日が過ぎると途端に寂しくなります。
でも、100歳ともなれば、むしろお目出度いことだと思いますよ。
喜んでお送りすれば良いのではないか、なんて思いますけどね。
2008年02月24日 19:59
ヒゲおやじさん
そうですね。その通りですね。
ありがとうという気持で、みんないるようです。

2008年02月25日 17:54
お悔みを申し上げるのが遅くなり、本当に申し訳ありませんでした。
しばらく山形ママンさんからの書き込みがなかったので、
もしや・・と思っていたことが現実のことだったのですね。

ママンさん、今まで本当に良くお義父様に尽くしておいででしたものね。
ご長寿を全うできたのも、山形ママンさんをはじめ、ご家族の温かい絆が、いつもひいじい様に注がれていて、心満たされていたからに違いありません。お見送りを受けて、きっと笑顔で旅立たれたと信じています。

お義父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 合掌
2008年02月26日 18:00
けっこちゃーん
本当にありがとうございます。
お義父さまを亡くされたけっこちゃーんに思い出させてしまったかもしれませんね。
いたらない嫁でしたけれど、数え100歳までお付き合いした(してくれた)
から、みんな良い事になってしまいました。
2008年02月27日 19:07
ご長命でしたね 
身内をこうして見送るのは悲しいものですが 
いつかは訪れる旅立ちのときですね 
少し落ち着いてこられたご様子 安心しました 

お義父のご冥福お祈り申し上げます
2008年02月27日 21:42
とんぼさん
ありがとうございます。
一日一日と日を過ごすごとにすこしづつ落ち着くようです。

2008年02月28日 00:10
一周忌まではいろいろと忙しくなると思います。 ちょっとずつ日が経つにつれ、いない寂しさを実感しますね。自分もやっと落ち着いたかな?って感じです。 これからふと瞬間に疲れを感じることがあると思います。まだ寒いし、お体には十分お気をつけくださいね。
2008年02月28日 09:23
mintさんありがとうございます。
いろいろ思い出させてごめんなさいね。
でも、沢山思い出してあげましょうね。
体のことまでありがとう。mintさんも毎日大変ですが、頑張ってください。少しづつ楽しみながら・・・。

この記事へのトラックバック