なごり雪もふるときを知り・・・・・。胡蝶蘭も咲き・・・ひいじいの四十九日は・・・。

画像

金曜日、なごり雪がふりました。
急に気温が下がり、庭にうっすらとふりそそぎ、午後にはもう消えてしまいました。


画像


ひいじいが逝って、五つあったつぼみが三つ黄色になってしまい、しぼんで消えました。その後、残っていたつぼみが大きくなってこの金曜日には二つともきれいに咲きました。



  咲き続ける胡蝶蘭 


四十九日の前日、土曜日は、自宅で、義姉さん、弟さん夫婦、兄夫婦、家族皆で支度をして、皆で、ひいじいの前で、思い出を語り・・・?ゆっくり飲み
・・・・・
とにかく賑やかな夕べとなり、明日はだいじょうぶ? みたいに・・・ドタンぐう~~でした。


日曜日当日はまあまあのお天気。
ママンより早く、居間で休んで貰った兄夫婦が、布団を片付けて流しに立っていてくれていました。
次々皆起きて朝食を済ませ、喪服に着替えてお寺へ9・20出発。

親戚の方も皆さんお寺に集まって読経・・・。
その後はお墓で納骨。

22年前の義母の時のことは、まったく忘れています。
忘れたと言うより、覚えていないといったほうがいいかもしれません。夢中でした。ママンはまだ、42歳で、仕事もしていました。

ひいじいは、人の倍も働く人でしたから百歳にしては随分沢山のお骨だな~と親戚一同皆で感心しながらの納骨です。
また、読経・・・。

画像

お墓の東側には沢山の桐の木があります。
今は木の芽もまだ芽を出さず、寂しい。
6月頃には、桐の花がこぼれるように咲き、いい香りがあたりにただよいます。すぐ眼下には、山形県庁があります。
ようやく雪もなくなり、雑草のはこべやオオイヌノフグリの花がわずかに咲き始めています。


引き続き、駅前の料理屋さんで、ひいじいの思い出を語りながらの食事をしていただき、無事四十九日の法要は終わりました。


それぞれ皆さんも全員帰り、夕方は家族だけになりました。
ひいじいの仮祭壇を片付けて、仏壇を元通りに戸を開けて清めました。
仏具も元通りにおさめて、花やお線香をたむけました。

長かった四十九日・・・。
紐が切れたように心がゆるんで、思わず涙がでました。

ひいじい・・・これからは、おばあちゃんと一緒だね~
あんた!だれ!なんて言わないで仲良く、たのしくね!
あんなに仲が良かったんだから・・・。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年03月31日 15:50
四十九日も終わりましたね。皆さんが集まってなくなられた方の思い出を語り、なくなられた方もきっと喜ばれていることでしょう。お疲れ様でした。
nobara
2008年03月31日 18:21
納骨、七七日、お疲れさまでしたぁ~~
ひい爺さまも今頃は ちょっとお若い、ひい婆さまと 仲良く語らっていらっしゃるでしょうか・・「椿山課長の七日間」を思い出しています。来世が・・きっとあるんでしょうね~だからまた、会えるのかな~
なごり雪が何か語っているようですね~ママンの所は皆さん仲良しのご親戚ですね~はいむさん。ほんとに残念でしたね~ これから新盆や一回忌やら 未だ少し、忙しいですね。ママンもほっとしましたね。よく頑張りましたッ 花◎あげちゃう。
2008年04月01日 11:34
よく頑張っていらっしゃったですね。
いつもお見舞いにいらっしゃったり、最後も家族皆さんで見守っていただけて、ひいジイ様も満足され他と思います。
これからは空のかなたで奥様とお茶のみ?なさることでしょう。
若いままのおばあ様・・きっとひいジイ様ニコ~ッですよ。
2008年04月01日 13:18
冬に逆戻りでしたね。なごり雪、風情がありますが・・・。
四十九日が済んで一先ず一区切りですね。力が抜けたような感じでしょうか、ここまで気を張ってこられたのでしょうから。
胡蝶蘭綺麗に咲きましたねぇ。我が家のもまだ咲いていますが、花の先からまた芽が伸びて小さな蕾を4個つけているんですよ。これ咲くでしょうか?
2008年04月01日 16:28
森の生活さん
大変長いこと明るくない話題で恐縮しております。
やっとここまで、来ました。
本当は皆さんにご迷惑だったと思います・・・これも、ママンの日常とお許しください。
皆様からのコメントでとても元気をいただきました。お陰様で、身体もこわさずに過ごしました。
これからも、どうぞよろしくおねがいいたします。

2008年04月01日 16:34
こんにちは。
曾おじいちゃんが亡くなったなんて~~ゴメンナサイ!長らくご無沙汰してたんですねぇ。ご冥福をお祈り申し上げます。
なごり雪が降ったんですか。春だというのに雪が・・まぁ風情があっていいかもです。春の花におじいちゃんの想い出を託して過してくださいね。


2008年04月01日 16:39
nobaraさん
いつもたくさんのお力をいただいてありがとうございます。
あまりかんばしくない話題でずっときており、申し訳ないな~とは思っておりますが・・・。
ひいじいは、生前ひいばあとはとっても仲が良くて、なくなってから車を運転できなくなるまで、毎月毎月命日の24日には必ずお墓に行っていました。
よく、一人で泣いていたんですよ。
きっと、手を取り合って今度は面倒を見られているのではないかな~と思っています。
ぷくたんもはいむも残念ではあったけれど、最近疲れが出やすいので、気候も悪く、かえってよかったかな~とも思っております。
花◎・・・うれしい~~  (涙)
2008年04月01日 16:43
けっこちゃーん
ありがとうございます。いつも関連話題で申し訳ありませんでした。
きっと仲良しの二人ですから、ひいじいも若い妻に満足していると思います。
けっこちゃーんもご苦労様でしたね~~
2008年04月01日 16:48
べべコママさん
いつもありがとうございます。
なごり雪も、胡蝶蘭もなんだかひいじいにさようならを言っているようでした。
胡蝶蘭は小さなつぼみでも、環境が変わらないと咲くようです。我が家では、今回は水をかけるのをかなり忘れていたようです。向きを変えてもあまりよくないようだと聞いたことがあります。
2008年04月01日 16:51
夢案内さん
ありがとうございます。
素敵な写真、楽しみにしております。
これからは、本格的な春ですから、ママンも色々楽しみです。
少し勉強もしたいです、カメラの。
蕗ちゃん
2008年04月01日 23:49
そちらでは、名残の雪が積もったんですね。ひいじいさんのお別れの雪だったかもしれませんね。しばらくは、お淋しいですね・・。
2008年04月02日 12:54
蕗ちゃん
ありがとうございます。
さ~っとふってさ~っと消えて行きました。
さよならをしに来た様なひと時でした。
そうですね、心もとないような気持ちです。
2008年04月06日 11:31
こんにちは~
遅くなってしまいましたが、四十九日の法要、お疲れ様でした。
私も同じように法要を先日しましたが、大変だ大変だ!とバタバタと過ごして気持ちの余裕がありませんでした。
こんな風に、故人を偲んでゆったりと気持ちを込めた法要が本当なのでしょうね。
宗派は同じようですが、もう納骨をされたのですね。
我が家は一人一人のお墓を作る為、義父はまだまだ我が家に在宅の予定です。(^^ゞ
こんな風に、世代の交代って過ぎていくのだ・・としみじみ感じますね・・
2008年04月06日 22:12
つれづれさん
お忙しい中ありがとうございます。
義母の時は心の余裕がなく、つれづれさんのように働いておりましたから、何にも覚えていないくらいです。
夢中でした。その様なものでしょうと思います。
ひいじいはなにしろ100歳ですから、もしかしたらこちらも前よりは落ち着いていたかもしれませんが・・・。
そうですね、世代交代ということについては、奥が深く、いろいろ考えさせられる今日この頃です。

この記事へのトラックバック