庭の春支度・・・2   雪囲いを外す  &  五七日のお参り

土曜日、ひいじいの五七日(ごしちにち)のお参り。
仏花と、お線香を持っていきます。

五七日は山形では大抵お葬式の日に一緒に、親戚やごく近しい友人などお使いを差し上げた方に、式後残っていただいてやりますが、お寺さまで、家族、兄弟のみで、再度この日、読経のみのお参りがあります。
お寺様へのお参りも5回目となり、お経が始まる前にいただくお茶の席では、トッティもフンタンも、その日に出るお茶菓子が楽しみと言う・・・(-_-;) 愉快な二人に、和尚様も奥様もすっかりうちとけてお話をしてくださる。

は~これはなんですかね~?おいしそうですね~
いいです、いいですぅ。

そうですか。ではいただきます。 (爆笑)

毎回、お決まりのトッティのこれには参ってしまいます。

その後のお経の時も、しっかり最後まで正座して、ご焼香も板についています。
さすがに、フンタンはまだ最後まで正座は無理ですが、ご焼香はパパとしっかり出来るようになりました。

読経が終わると、位牌壇という大きな部屋があり、そこで、お参りをします。冷凍室のように冷えた部屋に入ると、もうひいじいがいないという実感が身を引き締めます。

それが終わると、お墓に塔婆を持って行って、皆でお参りをします。
雪もほぼとけて遅い春が千歳山のふもとにもやっと来ているようです。

春はお墓の脇の土手にカタクリの花が咲きます。

さて、その後はダディと、しばらくしてからいただいたお悔やみのお礼をお届けするために、お隣の市や南北に5箇所ばかりを車で走りました。

いつの間にか、果樹園には軽トラがそちこちに止まって、春の支度にかかっているようです。
つぼみはまだ固く、梅も桃も咲くまではかなりかかりそうです。
画像



日曜日、午後から、庭の雪囲いを外しました。
昨年は、この地区に、放火が何回かあり、ダディはむしろは使いたくないと、竹のみで雪囲いをしました。そのため、アジサイの芽や椿のつぼみが少し傷んでいるようです。
雪囲いを外して、水をまいて落ち着きました。
まだまだ、春らしいとはいえない庭ですね~
画像



やっと紅色が見えてきました。八重椿です
画像




画像

       黄色のプリムラは玄関で、こんなに匂うのかというほどに香り を放っています。黄色は春の色ですね~



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年03月17日 09:54
おはようございます。
>土曜日、ひいじいの五七日(ごしちにち)のお参り。
とても日時が過ぎるのが早いなぁ~と感じています。
まだ、雪の残る日でしたね。春の準備から本格的な春へ・・・。
2008年03月17日 10:17
春の準備が始まりましたね。雪囲いをはずしてもらった花たちもお日様がまぶしい。果樹園でも剪定が真っ盛りですね。今年もおいしい果物が豊作だといいです。
nobara
2008年03月17日 13:31
法要もちゃんちゃんと進んでいっていますね~~
カタクリが咲くという土手・・・いつ頃になりそうですか?
私のヒミツの花園のかたくり、今見頃です。upしました。
季節が一気に駆け足です。昨日もスモモの花が綻んでたら
それを見ていたおばさまが「サクラ、ですよね?」
いえーこれは スモモですね~ってひとしきりお花談義に。
雪囲いも外れると春の領域に一歩進むのでしょうね~
トッティも、ほんとにおしゃまさんですね。微笑ましいわ。
七七日は 東京組もいらっしゃるのでしょうか・・
みんなでひいじい様をお彼岸にお見送りなさるのですね。
2008年03月17日 14:25
湖のほとりから・・・さん
そうですね、立春とは名ばかりの頃でしたものね。
今日は日中暖房がいりません・・・初めてですね^。
気持ちも大分春らしくなって来ました。
2008年03月17日 14:28
森の生活さん
今年は剪定は遅れているように思います。
でも、暖かくなったら、あっというまにみんな咲いてしまいますね。
楽しみです。
2008年03月17日 14:41
nobaraさん
山形はまだまだでしょうね~彼岸でも無理だと思います。なるべく見に行って見たいです。
トッティは・・・不思議な子です。どこか生真面目で、おかしいんですよね、家族だから笑って済ませていますが・・・心配もしております(笑)

はい!四十九日は、前の日、義姉さん、東京のダディの弟夫婦、実家の兄夫婦、はいむたちが(相棒さんは、こられないようです、仕事が・・・)我が家に泊まって、皆で飲みながら!?ひいじいを偲ぶこと!?になっております。
ひいじいも、うるさくて後を振り返るでしょう。
次の日30日に法要をお寺でします。
2008年03月17日 16:33
早いですね。雪しんしんから春の日差しになりました。庭の草木も暖かなお日様を眩しく受け止めているでしょうね。少しずつ確実に春が来ていますね。こちらはもう桜の蕾が膨らんできています。春を知らせる黄色の花、多いですよね。ほんと春色です。
2008年03月17日 18:31
山形ママンさん、今朝はコメントをありがとうございました。
我が家も2月8日に義父を亡くしたばかりで、よく似た環境です。
五七日というのは、こちらでは35日(さんじゅうごにち)のことのようですね。
我が家も毎週金曜の夜に勤めていますが、二回前の金曜がそうでした。
お勤めで違うのは、こちらでは初七日がお葬式の日に一緒にすることでしょうか。そして、我が家は毎週お坊さんに来ていただいて、自宅でします。所変われば・・ですね。
やはり、我が家も1歳4ヶ月の孫がその座を明るくしてくれてます。
四九日は今度の土曜にしますが、それが終われば少し落ち着くかなと思っています。お互いに恙無く終えることが出来ればいいですね。
これからも、お邪魔させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
2008年03月17日 20:06
べべコママさん
今日初めて日中暖房を一日切りました。それだけ暖かい日差しもながくなったということでしょうね。
黄色い花たちは、こころを暖かくしてくれますね。
桜のつぼみがふくらんで・・・楽しみな季節になってきましたね。
2008年03月17日 20:28
つれづれさん
お忙しい中ありがとうございます。
仏事は所変わればかなり違いますし、宗派によっても違いますね。
毎週ご自宅に来ていただくのは大変ですね。以前はこちらでもそんな風でしたが、今回は日にちを土日にしてお寺でしております。
四十九日は30日です。ほぼ同じように過ぎているのですね。
今日、日中前の方を半分ほど拝見いたしました。

まだ、お若いのですね。ママンよりほぼ10歳若いんですね。
今一番お忙しい時期のようですね。どうぞご無理なさらないでお遊びにいらしてくださいね。
こちらこそ、楽しみにしております。
2008年03月18日 00:41
ママーン お疲れ様でした。五七日の様子を聞くと、思い出すのはお祖母ちゃんの時のこと。今はオラも遠くて七日のたびに一緒にできないけど、当時はオラも高校生、毎週の法事にはギッタリ参加して、お経のあとは卒塔婆を持ってお墓まで歩いて・・・風景やお焼香の匂いまで覚えてます。そういえばあの頃は毎朝のように般若心経をあげてから登校してたのを思い出しました。渋い高校生でしたねえ。
四十九日を目前にしてぷくがまた発熱してるよ(^^; 今回は飛行機の旅だけど、無事、キャンセルせずに帰省して法事に参加できるよう祈るばかりです。
黄色のプリムラ、ジュリアンかな?ポリアンサかな?オラ大好きで、実家に居た時から、プリムラ買うなら黄色だったね。黄色が一番香るんだよね(^^)
2008年03月18日 07:42
はいむ
おばあちゃんが亡くなったのはもう20年以上になるんだよね~
秋の紅葉が始まって週のお参りは道路の真ん中のドウタンが燃えるようにまっかだったね~
あなたが高一、かんちは中一だったね。
渋い! ママンもその時から般若心経を覚えたわ!!
それからの毎日の忙しさと大変さは今思い出してもこわい!!

ま~ぷくたんが発熱!
色々あるね、一難去って又一難、風邪も大事の始まりになることもあるので、お大事にね。
そばだと応援できるけどね・・・(-_-;)
法事はその時になってからしか決めようが無いから、あせらずに。

香るプリムラはあなたが教えてくれたのよ。
それからは、毎年買って咲き終わったら庭に下ろしています。
2008年03月19日 14:34
そうですか、もう五七日になるのですねえ。早いですねえ。
少しは馴れてきましたか?
果樹園も春らしい雰囲気になってきましたね。もう直ぐでしょう。
雪囲いを外して、庭も明るくなりました。
日に日に日差しも春めいてきます。植物たちも直ぐに動き始めますよ。
2008年03月21日 15:31
ヒゲおやじさん
コメントのお返事が遅くなりました。
来はじめると春は早いですね。
日中も暖房が切れるようになりました。

この記事へのトラックバック