真夏です、梅干を簡単に干しましょう & ひるがおの花

今年、少しばかり漬けた梅干。
   今年の梅はこちら 
 去年の梅干の漬け方はこちら 
さ~今日のように晴天の日は梅干を簡単に干しましょう!
干すためのざるなどお持ちの方はいいな~とうらやましいのですが、いらなくなった時の保存の場所を考えるとま~いいかぁと買いそびれて、毎年こんなふうにして干しています。

ありあわせの大皿に梅干を瓶から出して並べます。
画像


画像

紫蘇は軽く絞ってこれも広げて干します。
漬け汁も瓶ごと石を底にかって斜めにして干します。

現在外の直射日光は43度!?

画像


一時間おきくらいにひっくり返します。

画像

一時間でこんなに色が変わります。中3個のだいだい色が元の色。

梅干は3日3晩屋根の上に干すとかいろいろ大変なことが言われていますが、自家製の少しの梅干だったら、日中3~4時間、2日くらいで充分干しあがるようです。
ママンは、一日目が終了したら、一遍つゆに戻します。
次の日又出して干します。
最後はまたつゆに戻して紫蘇を上にまんべんなく広げて、梅干が出ないようにして小さな平らな石を載せて置きます。

やり方は皆さんそれぞれ思い入れの大きさで違うようですね~


画像

土曜日に道端からとって来て挿していたひるがお、6日目の今日も2個咲きました。
コスモスはすっかり傷んでしまい、だめになりましたが、まだけなげに咲いています。
試験管のような花瓶に挿しかえて見ました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年08月07日 15:23
ママン お久しぶりー。ほんとに忙しくて全然ブログUPする時間と気力がないよー。でも来週はしっかり休みをいただいて帰省するからね。で、で、ねえねえ 紫蘇もう戻しちゃったの?その一部でいいから、カラカラにして、オラに分けてくれないかいー?ご飯にかけて食べたいよー。
2008年08月07日 17:33
はいむっち
ひさしぶりね~こちらには。
紫蘇を干してからからにして・・<ゆかり> やってみるわ!
今年のはあまりないので、去年のをまた干すのでそれをやってうまくいったらね。
ゆかりになるまでは、結構完全に乾燥させる必要があるからね~。

元気で来週会えるのを楽しみにしていま~す。

2008年08月07日 19:03
暑さで御無沙汰しております。でも、こちらの気温は体感していただけないと思います。
こちらは、和歌山の惚れ惚れするような梅が主流です。紫蘇を忘れて買いに走りました。。
試験官どうやって吊ろうかな。ニット被せようかしら。
2008年08月07日 19:37
直射日光の温度はすごいですね。
梅干がいい色に干せました。おいしそうですね。
はいむさん一家が帰省ですね。楽しみです。にぎやかになりますね。
2008年08月07日 19:40
一時間で色がずいぶん変わっていますね^^♪夏の太陽は暑くて大変なこともありますが、美味しいものも作ってくれるのですね^^
蕗ちゃん
2008年08月08日 09:25
ヒルガオ・・素敵ですね~。毎日咲くのも楽しみですね。
この間、ママンさんの所で拝見してから、私もやってみようと気をつけて見ているんですけど、なかなか沢山つぼみのついたのに行き当りません。やっぱり心がけですね~。
2008年08月08日 18:28
こんばんは~
昨日、訳あって山の家に行ってきたのですが、近所のおばさんの家に入るとぷ~んと紫蘇のいい香りがして、梅干がかごいっぱいに広げてありました。同じですね~
もう86歳ほどのおばさんの一人住まいなのですが、季節季節にせっせと自家製のものを作る・・そうした生活のリズムがきっとおばさんの元気の素なのだろうと思いましたが、山形ママンさんの花も梅干も同じ、季節季節の行事を大切にされてますね。生活に心のゆとりが感じられます。
そうしたおばあちゃんでありたいのに・・程遠い私です。(^_^;)
2008年08月09日 12:27
あらー、本格的な土用干しですね。手間かけてますねえ。
今年は雨が全然ないので、三日三晩干しっぱなしでも大丈夫ですね。
でも漬け戻すというのが凄いですねえ。そちらでは一般的なやり方ですか?
それにしてもいい色がでていますねえ。美味しそう。
2008年08月09日 21:15
クロゼット☆ライターさん
ありがとうございます。お返事遅くなりました。
本当にお暑い毎日ですね。
和歌山は梅もおいしいのですね。
試験管のような花器は仙台のガラス館の売店で買いました。

ニットはいいアイディアです。
夏はガラスの器が涼しげですね。
2008年08月09日 21:19
森の生活さん
はいむ達が来るとにぎやかです。
山形の温泉とお蕎麦と・・・忙しいことです。
太陽の恵みは、ありがたいものですね。
干すだけで、殺菌も味も格別の恩恵がありますね~
2008年08月09日 21:20
湖のほとりから・・・さん
ほんと、そうですね~
暑い事がきらいなママンですが、こうして動いていると、夏の恵みに感謝したくなります。汗もいいものですね~
2008年08月09日 21:23
蕗ちゃん
そんなものですね、普段はよく目にしているのに・・・。
昨日同じところにいったら、全部草を刈っていて、なんにもありませんでした。
ほんとのところ自然の雑草のなかにあってこそ可憐でいいな~と思うものかもしれません。
2008年08月09日 21:30
つれづれさん
ママンも46歳までは勤めておりましたし、おばあちゃんがやっているうちはお手伝いでしたが、少しづつ教えてくれましたから、今も見様見真似でやっております。
これからです・・・。
でも最近はそうした昔ながらの生活のものも若い人達にはなかなか必要とされなくなっているような気もします。
自分達が楽しんで作ってみる、それを楽しんでもらうような・・・。
2008年08月09日 21:33
ヒゲおやじさん
ありがとうございます。
漬け戻す・・・。そうですね、そういわれると、みなさんどうしているのかと思ってしまいますが。
ま~こちらでは、つゆがある状態にしておくことが、かびないようです。
今年のはきれいな色で、おいしいです。
みこった
2008年08月09日 21:41
山形ママンさま、ご無沙汰しておりました。
パリから2日遅れで帰った翌日、仕事でヴェネツィアへ行った
その足で、夫のいる山岳地方のドロミーティへ来ていて、
持ってきたPCと格闘中です。1週間ほったらかしたら、イキナリ
日本語変換ができなくなったりもして…。またぼちぼちブログも
アップしていきますので、よろしくお願いしま~す!

それにしても、梅干しおいしそうですね~~~~~! まさにヨダレが
とまりません。山形の実家でも祖母がいつもござの上に干してました。
母は梅干しは全然作りませんが、若い頃は東京に住む兄弟たちに毎冬
100貫は青菜を漬けてましたね。いま祖母は既に亡き人、母も年取った
ので、パックのおみづけを送るようになりました。

娘さんのご家族の帰省は楽しみですね! いっぱい親孝行してもらって
下さいネ(笑)。ではちゃお~!
2008年08月10日 09:41
みこったさ~ん
相変わらずのワイルドな生活ですね~
山形も住む家の構造も変わってきて、小屋が無くなって、物を保存する事が大変難しくなってきています。
ママンも青菜を何十年も漬けてきましたけれど、最近は失敗が多く、塩分を控えることができません。
あの手作りの自家製の味は、本当にいいものですが・・・。
少しだけにしています。
みこったさ~んはお里帰りはなさる事があるんでしょうかね~~(^^)
ありがとう~~

この記事へのトラックバック