ひいじいの新盆は・・・千歳山へお墓参り &山形の花火!!

13日はお勤めの若ママをのぞき、家族&ぷくたん一行で、千歳山万松寺へお墓参り。
お供え物やお花を供えてみんなで<なまなま~>しました。

お寺の庭に睡蓮が咲いていました。
画像


千歳山の冷たい水に、和尚様のビールが冷えていました。
画像


鐘撞堂で鐘をご~~~んと打って、そのあと本堂へお参りして位牌堂へお参りして、千歳山の例のお蕎麦やさんへみんなで寄りました。

冷房が効かず、蕎麦屋さんは3人で回転しているため、来客の多さに対応できず、待たされること一時間、お蕎麦はいつものようなおいしさはどこへやら、伸びきっていて、なにか悟りのような心境に達し、今後一切ここには来るものかっと、決心するに至りました。
待たされるのはいいのですが、それに値するおいしさが欲しい!!
つい、愚痴になってしまいました。



夜はトッティ達は若ママの実家に泊まりに行ってしまいましたが、ぷくたんたちの外、お義姉さん、ダディの弟さんの奥さん、娘のさっちゃん等も加わり、みんなで家で食事をしました。
弟さんは来る前の日に、車洗いをしていて、ぎっくり腰になってしまい、来られなくなってしまいました( '~`;)
長男のH君の行く末を共にする方もほぼ見通しが出来、我が家でもとてもうれしい気持ちで賑やかな夜になりました、いがったね~なんて言いながら。
画像


14日夜は恒例の山形の花火!!
ダディとママンは留守番。
ぷくたんたちは16・30頃、花火が見える温泉、やまのべ温泉へ、さっちゃんと出発。
交通規制がしかれるため、近くの場所を早くから確保してというのは、子供連れでは大変と言うわけで選んだようだけれど、ななかなかの名案らしかった。
地元のママン達でも気が付かない方法で来年はその手で行こうと思ったくらいです。
自宅の居間からも遠く小さく花火が見えました。
画像


あっという間の15日、もうぷくたんたちの帰る日になってしまいました。
昼は、はいむ達の大好きお蕎麦屋さん<三津屋>へ出かけ、板蕎麦にとろろやなめこにしんなどを食べて、期待どおりのおいしさに満足したようです。
お隣の席の方が、「あなたが山形に来ると、三津屋でお蕎麦を食べないと山形へ来た様な気がしないっていうからねぇ~」と話をしているのを聞いて、あら!はいむだけじゃあないのねっと思いました。
これを、はいむとはいむ相棒とぷくたんとママンで平らげました。
画像


夜はトッティやフンタンたちも帰ってきて、賑やかな食事となりました。
いよいよ東京へ向けて出発の時間となってしまいました。

さ~
東京では花火が出来ないので、したいというはいむ達のために、自宅の前で手花火をしました。

奥隣のはいむの同級生のお母さんやいつものトッティやフンタンのお友達も出てきて、もう賑やかな大花火大会になって、ぷくたんも、大喜び。
画像


最後はぷくたんとフンタンとば~ちゃんとはいむでにぎやかにお風呂に入り、さっぱり。
沢山の荷物とともに、はいむ一家は出発していきました・・・22・00~4・00着

画像



16日までの間に、ひいじいの新盆だから、お向かいのなつかしい子どもさんが里帰りなさって・・・(といっても、皆ダディと同じくらいの年齢で、小さい時から一緒に育ってきた方たち)お参りに来て下さり、ひいじいの在りし日の思い出なども出て、胸が熱くなります。
まだ、この地に両隣3軒しか家がなかった頃からですから、思い出も沢山知っているわけです。働き者だったひいじいが、出かける前に生卵を必ず飲むんだったよね・・・などと家族でも忘れているような事もお聞きして・・・。

親戚の方も次々来てくれました。
大きな山を越したような気分で今宵はすこしゆっくりとしました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年08月17日 14:21
おいそがしいことでしたが、皆さんにもあえてこれまたうれしいことでしたね。お疲れ様でした。
ぷくたんも元気で帰られたでしょうか。
いい夏休みでした。
nobara
2008年08月17日 16:37
ママン、お疲れ様でやんしたなっす。どうぞ、気が抜けないようにね(*^-゚)⌒☆(笑)れもぞう君にしこたま思い出とオミヤを載せて・・ぷくたんも今頃まばーばママンの事思い出してくれてるでしょうか・・・
新盆のお務め、本当にお疲れ様ぁ~ダディ弟さんはぎっくり腰ですとぉ~?かなりがっかりなさったのではないでしょうかね~ご家族やご親戚やご近所さんが集って思い出話に興じられて お盆で近くにいらしてたひいじぃ様もきっとお喜びだったでしょうね。ママンもまだ内孫ちゃん達の夏休みもあるでしょうし、例の件もやらねばなんね…し。大変でしょうが、ぼちぼちいきましょうね。noba旦も明日の早朝会議(in東京)で新幹線がなかなか取れず、グリーン車でやっと確保して3時頃のに乗ったそうです。帰省客とバッティングしたのね~東京のホテルでゆっくり篤姫を見るんだ~と言っていました。noba姫はどうなるの?って云ったら苦笑していましたよ(^O^)
来週からは地域のフレンド会のボランティアが始まります。
nobara
2008年08月17日 16:42
追伸だすぅ~
板蕎麦って 越後の小嶋やさんのへぎ蕎麦に似ていますね~~
へぎってお魚のトロ箱の事らしいですわ。
三津屋さんで千歳山の例のお蕎麦やさんの敵討ちが(基、口直し)出来てよかったですね~~ずさんな接客はお客さんを失くしますね~
2008年08月18日 11:58
お庭から花火が見えるなんて良いですねぇ。そしてご近所の皆さんも一緒に小さな花火大会、これは楽しいですよね。ぷくちゃんも良い思いでと共に無事東京へ帰られたのでしょう。
それにしても凄い食欲!これ何人前でしょう?それほど美味しいということですね。
2008年08月18日 20:44
森の生活さん
お盆などのお客様も、本当の近しい身内ですと、楽しいですね。
ゆっくりとした時間は、みんな遠くに住んでいるので、貴重なものです。
2008年08月18日 20:49
nobaraさん
いそがしい時間が過ぎると、寂しくなります。
みんなそれぞれのパターンで動き始めていますので、今日18日は午前中はパッチワークに精出しました。
弟さんは残念でしたが7月にも来ていますので・・。
そちらももう忙しい日常に入っているのですね。
自宅待機も大変ですよね。
うわ~ボランティア!!えらいな~
2008年08月18日 20:56
nobaraさん
はい!はいむも満足して帰りました。
板蕎麦はいいですね。色気の無い箱がぴったりです。
へぎ蕎麦!!ですか。そうまるで魚を入れる箱ですね~
普通は4人前でしょうね、でもこちらでは2人で食べる方が多いですよ!!
お好みのつけだしでいけます。
この三津屋蕎麦屋は毎日のように混みますので、システムがきちんと出来ていて、いらいらしないように、すっきりしているんですね~
そうあらねばね~。
2008年08月18日 21:00
べべコママさん
奥隣の新築で見通しがよくなって、小さくですが見えます。写真がおはずかしいのですが、雰囲気だけ。
このお蕎麦は普通は4人前なのでしょうが、こちらではみなさん蕎麦好きです。
山形ではどこで食べてもおいしいといわれているくらい、おいしいですね。

この記事へのトラックバック