山形の食・・里芋の収穫<芋がらを作ってみましょう~~パート1> と里芋の皮の簡単なむき方復習 

さ~土曜日。雨のふらない内に、市民農園の里芋堀に行きましょう~~ったって、ママンは何にも出来ません~~~(~_~;)
でも、ダディと一緒に行きました。

画像

まだまだ他の畑の里芋と比べると小さいようです。

画像

思ったより芋子ちゃんは数少ないし、小さいですね~
でも、初めての畑ですから、ごりっぱなものですよね~~(~_~;)

画像

一番左下の ぼってりしたのが、親芋と言われています。普通芋煮の時には、これは食べません。
親芋の周りにくっついて成長した芋子と呼ばれているコロコロしたものだけを芋煮します。
親芋は、薄く切ったり、乱切りしたりして味噌汁や煮物にします。これはこれでおいしいんですが。
大きすぎるので、切ると煮崩れるから、芋煮には向かないのでしょう。
画像


これが里芋の茎です。山形ではこれを乾燥させて、これから寒くなったら、<納豆汁>や味噌汁などに、使います。
これが、入らないと料理の出来が全然違いますよ!!

山形ではこれを<芋がら>と呼んでいます。外の県では別の名前で呼ばれているようです。
茎の中から、柔らかそうなところを選んで持って帰りましょう。
画像


本日の収穫。
画像


大根がこんなに大きくなっていました(って言っても、まだ20センチくらいですが)ので、試しに抜きました。

画像


里芋は全部で、これだけでした~~ので、日陰で乾燥させています。
画像


さ~~芋がらを干しましょう・・・パート1
だいたい4~5日だそうですが、うまくいくでしょうか。
乾燥後とお料理については、パート2で、後日ご報告します。
画像



さて、今日日曜日、早速我が家の里芋で、芋煮をしました。

去年
   簡単里芋の皮のむき方 
をアップしましたところ、800件くらいの検索を戴いております。
今年もその通りでやってみました。グーでしたよ。
画像

自分の畑で取れたお芋さんのねばり!!この牛のよだれのようなとろみ!
画像

お料理やさん等ではこのとろみを捨てておすましのような醤油汁にしますが、このとろみが美味いんですよね。
でも、あくは何回もすくいます。
画像

里芋のおいしかったのは、トッティがうまい!!と言っていましたので、まちがいない!
ほんとにほっくりとねっとりとおいしかったですぅ~~。

おまけ、大根もまだ小さいのに甘くておいしかったです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2008年10月12日 23:09
こんばんわ。車麩も、芋がらも言葉の響きでおいしそうです。ずいきとは違うのですか?さっそく、これが食べられること知人に連絡致します。お花のつんだのもあるのは、可憐ですね。
みこった
2008年10月13日 05:14
山形ママン様、毎年寒くなると納豆汁が恋しくなりますが、
やっぱり芋がら入りじゃないとネッ! 実家では冬になると
味噌汁ではなく粕汁をよく食べますが、さといもの粕汁は
大好物です。粕汁とは言え味噌と半々に入れたものですが、
他にナメコや大根や蕪のも美味しいですよね。粕だけで作る
塩引きと長ネギのお汁も、昔々新巻鮭を沢山お歳暮で戴いた
時代には本当によく食べたものでした。いつも食べものの
ことばかり書いてスミマセンです。ではちゃお~!
2008年10月13日 07:05
ねっとりとした菜園のお芋で芋煮、おいしくてたまりませんね。
芋がらの味噌汁もいいですね。温まります。納豆汁も食べたくなりました。山形はやっぱりいいですね。
花いちもんめ
2008年10月13日 07:47
里芋、私も山形バージョンで作ってみよう!
芋がらは、此方では赤い茎のを干すみたいで..
友人は、いつもの農家さんに『下さいね!』って予約してます。
キルテイングの布でブーメラン・クッションを2個仕上げました。
綿を詰める中袋、キルテイングの外側布、汚れたら洗えるカバーと6枚を
縫ってヘトヘトでも、何でも手作りは楽しい~♪
手間ひまかけての手作り野菜・お料理はとても美味しい!!!
忙しくて~ファーストフードや輸入野菜で育ててしまった我が子達、
今になってゴメンナサイ!って心境です
2008年10月13日 14:43
サトイモはなじみがなくて、ブログを始めてから、どのようになっているのかも知りました^^お店屋さんで<芋がら>を見ましたよ。
2008年10月13日 19:36
クロゼット☆ライターさん
ネットで見ますと、どうやらずいきらしいですね。
市販の物でも、いがらっぽくて苦い時もあります、我が家のはどうなりますことやら、楽しみです。
お花も今は少しだけですが、今からは菊が咲きます。楽しみです。
2008年10月13日 19:41
みこったさ~ん
資格試験おめでとう~~、チョット忙しくてまだコメント入れておりませんが、拝見しております。
すごいですね。
機会があったらほんとにイタリアへ行きたいです。
それから、コメント蘭の名前を入れるところにすでに変な名前が出ていて消せないんです。(~_~;)だからコメントはいらないんですよ
もっと研究します。
2008年10月13日 19:43
森の生活さん
ありがとうございます。
住めば都で、山形もとてもいいところです。
里芋、山形産のものは、味がいいです。
2008年10月13日 19:51
花いちもんめさん
ママンも初めて自分で作りますので、いがらっぽくないといいけどと、心配なんですよ。
手作りは作っている時はホント楽しいですね。
でも、手を離れるときは寂しいですね。
ママンも子供達がちいさい時は共働きでしたが、義父母が一生懸命やってくれましたし、おじいちゃんが畑を作っていたので、有難かったですね。
2008年10月13日 19:55
湖のほとりから・・・さん
ま~里芋はそちらでは、あまりないのですね。
でも、ママンもこんなに食べるようになったのは、山形へお嫁さんに来てからです。
芋がらありましたか。お味噌汁においしいですよ。
2008年10月14日 10:01
おはようございます
ママンさん家の畑はいろんなものが収穫されますね。新鮮且つ美味、言うこと無し!各種イモ類、根菜類が美味しい季節ですよね。サトイモの皮むきつるりんこ、そんなに沢山使うこともないのですが、今度やってみましょう。
2008年10月14日 11:23
おー、サトイモですね。美味しそうですね。
もしかしたらちょっと早かったかな? 周りの小さな茎が枯れ始める頃まで置いておくといいですよ。ついでに周りの小さな茎は、小さい内に切ってしまいます。上から土を被せておくと、大きな小芋が沢山採れますよ。
大根は立派ですねえ。もうこんなに大きくなっているのですか。素晴らしい出来です。大根もあまり大きくしない方が美味しいですね。
2008年10月14日 15:13
とれとれのサトイモや大根を想像するだけでご馳走気分満点
芋がらを干している所は風鈴のようで…でも食べた事はありません、ご報告楽しみにしています
2008年10月14日 15:28
サトイモの美味しい時期になりましたね。今晩、サトイモの煮っ転がしを作りたくなりました。ウチの子供達が通った幼稚園ではこの時期、年長さんだけが、サトイモ掘り遠足に出かけます。 葉ごと採って来るんですよ。自分達の背丈よりも大きい?長い?芋の葉もお土産でお持ち帰り。芋茎=芋がらを知らないお母さん達の為に園長先生がわざわざ芋茎についてのお手紙まで出すくらいなんですよ。いい経験をさせてくれる園で22歳の娘の頃に書いた絵を写して刺繍した事があります。
2008年10月14日 20:41
べべコママさん
少しづつしか収穫はありませんが、おいしさは格別です。
とくに、里芋のとろみはびっくりするほど、生のままですと手がかゆくなります。
2008年10月14日 20:48
ヒゲおやじさん
はい、早かったようです。
どうして周りの畑の里芋は大きい茎しかないのか不思議に思っていましたがなるほど、がってん、がってんしました。
我が家のは子芋の茎まで太くなってしまいました。
来年はきっと上手くいくでしょう~~ありがとう~~ございます。
大根はもう一畝まだ若いのがありますので、じゃあこちらのは食べますね。
やっぱりねぇ。お勉強になりました。

2008年10月14日 20:49
Topi さん
ママンも初めてですので、うまくいがらっぽくならないように~~期待しています。
2008年10月14日 20:53
mintさん
そうですか、フンタンの幼稚園でも同じようにやってくれました。
芋掘りの日は、帰りに大きな茎を一本かついでバスに乗ってきました。
この中に、干してあります(^o^)丿
そういう思い出は子供にとっても忘れられないのではないかしらね~。
2008年10月19日 22:45
こちらにもお邪魔してます!
里芋の茎・・主人の生家では「しょうれん」と言い、煮物やそれを白和えにしたりします。
私はこの家の人になるまで知りませんでしたが、おいしいですよね~
里芋のつるりと剥く・・と言うと、「衣かつぎ」という料理がそうだった記憶がありますが、そういえばそうですね・・
どうせ火を通すのですから、一度茹でて皮を剥くのは便利ですね。
我が家は義母が川で、水車のようなものに入れて剥いています。
2008年10月21日 07:32
こちらにもありがとう~~
芋がらは地方によって呼び名が違うようでおもしろいですね。
しょうれんですか。ゴンズイと言うところもあるそうですね。
衣かつぎ・・・この呼び名は優雅ですね~
こちらでは、言いません・・・煮っ転がしです(~_~;)
お義母さんのところは水車もあるんですね~行ってみたいようなところです。

この記事へのトラックバック