山形の食・・ほんもって菊の季節 & 連休は… 最上三十三観音、一番札所<若松寺>へ行く・・・1

一週間ばかり前から本もって菊が店頭のどこにでも並ぶようになってきました。
濃いワイン色から、薄いきれいなピンク、ちょっと濁った紫に近いような色と同じもってという種類でも様々。
 去年のきれいなピンクの菊姫はこちら 

八百屋さんから買ったもって菊が左側、生協から買ったものが右側。花びらの状態は皆同じです。
すべて、ほんもって菊ですね~~

画像


酢を大さじ3倍くらい入れて、水を5センチくらい入れて最初から煮ます。
さきさきと美味しいおひたしが出来上がります。

画像






ここず~~っとお天気も悪く雨や寒さで心も重い。

心と体調と・・・バランスが悪い・・・。落ち込むっていうんでしょうか。
ママンにだってそういう時もあるんです・・・秋ですから。

連休は、ママンは予定ナシ!
土曜日、雑用をしながら時計を見る・・・もう11・00
晴天! 久しぶりにきれいな空。


さ~~て今日は、天童市の若松寺にでも行って見ようか。
少し歩いてみよう!!
おや、ま~若松様ですか。


若松寺・・・山形県天童市大字山元若松(山形から約30分)

鈴立山 若松寺 (れいりゅうざん じゃくしょうじ)・・・最上三十三観音第一番札所霊場

画像

寺までの山道は遠いね~
昔の人は、この参道を上へ上へとひたすら登ったんだろうね~
車では5~6分で登りつくけれど・・・。


若松寺・・・ と言ってもどなた様もご存じない!
こりゃまた失礼しました!!   (古いギャグですね~)

でもこう言ったら、全国の方が、どなた様もご存知でしょう!!

めでた~めでた~~の~~若松さ~ま~よ~~♪枝~~も
栄えて葉も茂げる~~♪ハァヤッショマカショ!!
例の花笠音頭の歌詞に出てくる若松様で~す。


画像




これが、若松寺観音堂ですね~1300年前開山、国指定の重要文化財で、室町後期の建築で慶長年間に大改修が行われたそうです。
画像

この度は、特に信心深く考えあってのお参りではなく、一度行ってみたい所として来たのですが~。



境内には1000年を越す杉
画像

けやき
画像

樹齢は書いていなかったけど、見たこともないような太いもみじの木・・・下↓
など沢山の古木が生い茂っていて、何か神聖なつつましやかな気持ちにさせられ・・・こんなのもいいな~~という思いにかられました。


画像


山の上には天童市が一望できる展望所があります。

画像


また、この若松寺の山には、最上三十三観音のミニチュア版とでも申しましょうか、小さなお御堂様が登り道の途中にずっとありまして、三十三観音もお参りできない方でも、この山に登って一つずつのお御堂様をお参りすれば三十三観音一回りしたと同じなんだよと言われており、ここだけにおまいりする方も沢山いると聞きました。
足が悪かったり、病気がちだったりで、全部回れずに来る方もいるらしい。
ひいじいも体の弱かったひいばあを連れて来ましたねぇ~

観光バスでいらした一行がお参り?の散策をしています。

画像


画像

画像



画像

山の中は今が紅葉の盛りで、気持ちよい日差しがさんさんと照っていました。
画像


御朱印帳を求めて印を戴き、お参りをもう一度して帰りました。

2番札所は山寺にある千手院ですって。
また行こうね~~
信仰とか巡礼とか何にもないのだけれど、こうして休日を二人でお参りするのは心が和むね~

さ~ここからは遠いけれど、以前関山大滝や、ニッカウヰスキーを見学した後寄ったお蕎麦屋さん<森久>へ行こうよ。

くねくねっと感をたよりにその方向へ~~
途中の東根は今りんごの最盛期。
手前の垣根がぶどうです。道路の脇です。
画像


画像

<たわわ>・・・っと言う言葉がぴったり。真っ赤なりんごが枝も折れんばかりに実っていました。車を止めて、しばしその色の美しさに見とれてしまいました。
丹精込めて作ったこのりんご!!いたずらでも手を触れることが出来ません。
それほど高貴な感じがしました。

目的の蕎麦屋さん東根市(ひがしねし)<森久>(もりきゅう)は大変混んでいて30分も待ちましたがおいしかったです。十割蕎麦粉石臼ひきが売りです。

画像


帰り道のお天気の良い事!!
360度山々に囲まれた故郷山形。
      心も和み、柔らかくなっている私・・・。


画像



画像












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月03日 08:25
本もって菊ですね。おいしそうに色よく仕上がりました。
リンゴもたくさんなって、紅葉もさかり、新そばもおいしくて、山形の秋ですね。
きれいに晴れ上がった秋の空、気持ちがいいです。

蕗ちゃん
2008年11月03日 11:43
天元台高原の風景も素晴しかったですけど、ここの風景も素晴しいですね。♪めでためでた~の若松さま~は、ここなんですね・・若松寺観音堂・・写真を見せていただいて私も一度行ってみたいと思いましたが、かないそうもありませんので、こちらでお参りさせていただきました。有難うございました。
2008年11月03日 12:32
紅葉といい、空の青さといい秋真っ盛りの気持ち良さですね。
もって菊の季節になったのですね。今年こそは試食してみなくては。。。
花笠音頭で有名な若松寺ですね。凄いですねぇ、杉もケヤキも1000年ですかぁ・・・もみじもこんな大木見たこと無いですねぇ。。。
りんごの美味しい季節です。たわわに実って収穫を待つばかり、台風にやられずに収穫できるようですね。苦労が偲ばれます。
2008年11月03日 19:11
>めでた~めでた~~の~~若松さ~ま~よ~~♪
知っています^^♪踊ったこともあります~♪
やはり、お日様にあたると、人も元気になれるような気がします。リンゴもお日様を浴びてキラキラ^^♪
みこった
2008年11月04日 07:56
山形ママン様、とってもステキな秋の1日でしたね! こちらは
毎日雨ばかりです。昨日だけウソのように晴れ上がり、友人たちと
ピクニックしてきましたが。若松観音ですが、実はご住職の妹さんと
高校で1年だけ同級生でした。山寺の立石寺のご住職の娘さんとも
やはり高校で同級だったことがあります。立石寺は何度も行きましたが
若松観音は行ったことがないので、次回一時帰国したら行ってみたいと
思います。
nobara
2008年11月04日 18:37
ご無沙汰しています。やっと昨日netが開通しました。
お休みの間に 福岡・九州支社の転勤になり引っ越しもしておりました。新しい所の情報を得たいのにnetも開通も手間取ってあきれ果てておりましたがどうする事も出来ませんでした。小規模マンションなのでなかなか大変だったようです。あっけなく開通してガクッときました。もっともnetのない生活にも慣れてきていました。近くを歩いたり 唐津にも出向いたりしていますが 東京の娘が来福していましたので 玄界灘の美味しい海の幸のお店で誕生会をしました。博多名物のモツ鍋も戴いたりしたのでまたまた肥えています。人生で海辺近くに住むのは初めてです。勝手が違いますがまたぼちぼち発信致しますのでどうぞ宜しくお願い致します。
2008年11月04日 19:48
こちらにも、お邪魔します
菊を食べる・・ですか!
なんとなく聞いたことはありましたが、料亭などの部類の料理かと思ってましたが、こうして普段の料理として食べることが出来るとは、またまた勉強させていただきました。
これはお浸しだから、後からしょうゆやゴマなどで和えるのでしょうか。
ほんとに、所変わればいっぱい珍しい食べ方を教えていただいて覚えなきゃ!
と思うのですが、いざとなるときっと忘れているんですよ。(笑い)
でも、ひとつでもいいから自分のものにしたいですね。
山形ママンさんも落ち込むことがあり・・ですか。
実は私も最近そうなのです。
秋だからでしょうかね~
2008年11月04日 21:31
ママンさんもこのところ、ご気分が・・・分かります。自分も秋になるとどうしても悲しくなってしまいますから・・・それに色んなことを思い出してしまったりね。 ゆっくりとお過ごしくださいね。 こちらでもスーパーや道の駅には沢山の菊が出ています。でも全体的に黄色の花の方が多いようです。 今年も沢山食べていますよ。 紅葉もきれいだし、りんごもたわわだし、おそばも美味しいし。 山形にも美味しい秋が沢山詰まっていますね。
2008年11月05日 07:22
森の生活さん
いつも早速おいで戴きありがとうございます。
菊のおひたしはママンの大好物。
同じほんもってでも、色が違いますね~
晴天のドライブは気分を変えてくれますね。
2008年11月05日 07:26
蕗ちゃん
最近行こうか~~なんて話になっていまして、何の脈絡もないのですが、年のせいでしょうか~~。
でも、行って見ておちつきますね。歴史があるんですねそれぞれに。
2008年11月05日 07:32
ほんとに秋らしい、曇りのない天高い空ですね~
心がすいこまれるようでした。
そんな空の下で、真っ赤に育ったりんごは、感慨深く、こういう世の中ですから、道端のすぐ脇で光っていると、とても手を触れることも出来ないくらいでした。
2008年11月05日 07:35
湖のほとりから・・・さん
そうなんですよ!あの若松様ですが、パンフレットには<じゃくしょうじ>って書いてありました。
花笠音頭を聞くとつい踊りたくなりますぅ。
澄み切った空は、すべてのものを輝かせてくれるようです>>>
2008年11月05日 07:56
nobaraさ~~ん 
お帰りなさ~~い
ま~大阪の人になったのねぇと思いきや、今度は福岡の人ですか!!
お忙しさを乗り越えて、ネットも開通して、よかったぁ。
もう、今日のコメントの中の、玄界灘、唐津、博多と地名を聞いただけでわくわくしますが・・・。
ま~大変な日常が待っていることでしょうが、これからもよろしくね!!
来年は・・・・ぜひ飛行機初乗りで~~福岡へ!!って・・・、来年のことを言ったら鬼さんに笑われますねぇ。
2008年11月05日 08:02
つれづれさん
菊を食べないんですか?
秋田ではもっぱら黄色の菊でした。
もって菊はやまがたに嫁いでからですが、おいしいのにはびっくりしました。
ほとんど、お醤油後掛けです。くるみあえもしますが、ごまあえはあまり聞きません。
どんぶりでいっぱい食べます。

はい!!最近は体調もありましたし、心配な事もいくつかありまして、落ち込みました。
でも、変わらない日常がありますね~自分が変わらないといけないなぁなんて・・・。
2008年11月05日 08:10
mintさん
ありがとう~

つい、いろんなことに一生懸命になり、目の前ばかり見ていました。
すると、気が付かないうちに自分がいらいらしていたんですね~~

気持ちを話したり、出かけたりして考えが少し後戻りしましたら、ちょっと楽になりました。
心に余裕なんていってもなかなかそうはいきませんよね~~
でも、そこぬけに澄み切った空と、沢山の小さいお御堂様を一つ一つお参りして、気分が晴れました。

2008年11月05日 19:21
みこったさ~ん
ごめんなさい。コメントのお返事、削除してしまいましたので、もう一度載せております。

うそのように晴れ上がる!!って、秋にぴったりの表現ねぇ。ま~そうだったの?お参りしていたら、山のふもとの、ダディの元職場の方がお坊さんをしていました・・・これにはびっくり。また、山寺の立石寺のご住職の娘さんはアナウンサーでしたか?一度、ママンがまだお仕事している頃、芭蕉紀行の行事のために、お話のご指導をご住職さんと娘さんに戴いた事がありますが。いろいろなご縁がありますね。若松観音は、ミニチュア版があるのがおもしろいですね。
2008年11月05日 19:51
べべコママさん
コメントのお返事にお名前入れ忘れております。ごめんなさい
Ryuji
2008年11月06日 08:17
山形ママンさんお早うございます。

久し振りです、大分寒くなって来ました。我が家も昨日からストーブです。
懐かしい食用菊「モッテノホカ」と記憶しておりました。
天童の若松寺知りませんでした。花笠音頭の若松さまがそうですか。
仙台時代ニッカウヰスキー工場建設中、係わった事があります。
東根市のりんご畑も懐かしいです、何時もママンさんのブログに懐かしさいっぱいです。有難うございます。
2008年11月06日 21:33
おばんです いつも御出でいただき感謝しています。
もってのほか美味しそうですね。
此方の地方ではお精進料理には胡桃酢の和えものにして寒天に添えて
お料理にでます。
昔は菊海苔にして売って居ましたね。

若松寺も写真に手を合わせて拝ませて貰えて有り難いです。
石碑の文字を見て思わず唄ってしまいました
ヤッショマカショシャンシャンシャンまでね♪♪~~~
2008年11月07日 07:30
Ryuji さん
おはようございます。夕べはRyuji さんのすばらしい写真を拝見してとても印象に残りました。
もってのほか・・・ですねぇ。
元々は花菊だったものを、災難に合い、食べることになり、大変おいしかったことからもってのほかというようになったとか、まことしやかな命名ですね~
ニッカウヰスキー・・広大な敷地、りっぱな設備。係わった事がおありですか、すばらしいです。また行ってみたいくらい。
ありがとうございます。
2008年11月07日 07:38
hiromuさん
おはようございます。
なつかしい菊の胡桃酢あえや、菊のりも、亡き義母が作り方を教えてもらって作りました。
ただし、菊のりは、乾燥ではなく、塩漬けでしたけれど。
若松寺・・・よかったです。これからも長い時間掛けて、行って見ようねと話し合っております。
ネットでお参りなさってくださいね 

この記事へのトラックバック