年末は・・・お歳暮は紅鮭 & ママン達の12月のパッチワーク例会

今日は12月15日・・・もう2週間で、新しい年になりますね~~

年末、毎年実家では大きな紅鮭を送ってくれます。
今年も、はたはたの日干しも入っています。
もう一つ、実家のすぐ近くで作られている昆布巻き・・・(これがまたおいしいし、山形の老舗の魚屋さんで売っています)も7本も入っています。
秋田の駅前には、市民市場があり、魚屋の卸や小売業者が沢山入っていて、その中の<進藤水産>の紅鮭は最高です。
さ~また腕を奮いましょう。
まだ半解凍の内にさばいて小分けしてまた冷凍にします。


画像


画像


 一昨年のはこちら 

日曜日午後からは、今年最後のママン達のグループのパッチワーク例会がありました。

<<< 亡きパッチワークの先生の作品の中から数点、また現在皆で引き継いで作っている作品、それに、ママン達6人の今までの作品と新作の発表を兼ねた作品展>>>  
の日時を決定しました。
          < 来年 2009・11・12(木)~16(月) >

場所も今までと同じ、七日町AZ・中央公民館ギャラリーを確保しました。

いよいよ作品もボーダーと言われる部分に入り、年内には、トップを完成させる予定です。
限られた3時間の間に、製図に基づいて色合わせや、印をつけるもの、裁断するもの、並べるものとみんな夢中で・・・お茶の時間はとれませんでした。
ほぼ全体の形が見えて、ママン達もやってよかった~とほっとしました。

来年になったら、全体にキルトをして、皆で変わりばんこに継いでやります。

画像


画像



  <2009東京国際キルトフェスティバル>には、ママンは入選出来なかったけれど、6人全員といっちゃん、くーちゃんも一緒に東京に見に行きます。
******2009・1.16(金)~24(土)*****



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年12月15日 12:32
はたはたを子供の頃よく食べた記憶があるのですが、最近あまり見かけません デパ地下にはあるでしょうね。
紅鮭が見事にさばけて…手が冷たかったでしょ^^;

出来上がりのイメージを見る為には パッチワークも大きなスペースが必要になるのですね、ワクワクする素晴らしい瞬間ですね
2008年12月15日 14:52
すばらしい紅鮭ですね。うれしい贈り物です。
発表会の準備、忙しくなりますね。
2008年12月15日 18:00
大きなパッチワークを皆で作成するのですか?楽しそうですね。私も完成作品をみたいですよ!がんばって~
鮭は切るのが大変だったでしょう?お正月の支度が着々と整いますね。
2008年12月15日 19:42
魚捌き見事です。こんなきれいに捌けませんわぁ・・・
パッチワーク作品展の日時が決まったのですね。楽しみですね。その前に来年早々国際キルトフェスティバルに皆さんでいらっしゃるんですね。こちらも楽しみ♪昨年のことが思い出されます。早いものですねぇもう一年経つんですねぇ。。。
2008年12月15日 20:21
Topi さん
最近は漁獲も多くなってきましたので、こちらではシーズンに大分出回るようになりました。
紅鮭はもう何十年も捌いていますので、慣れました。

パッチワークもここいら辺まで来ると、とても楽しみになります。
2008年12月15日 20:24
森の生活さん
年末の一仕事ですが慣れました、切っている段階で、美味しいか、塩分がどうか、分かるようになりました。本当に有難い贈り物です。

そうですね、皆で頑張って、多分最後の作品展になると思いますので、楽しみたいと思います。
2008年12月15日 20:28
たんぽぽさん
ありがとうございます。
この度は、先生がやり残したものを引き継いで皆で完成させています。
遺作展をしてあげたいとの思いが皆の力になっています。
古布だけの作品展は毎回とても好評でした。
機会があればぜひご覧戴きたいものですが…。
紅鮭は毎年2回送られてきますので慣れました。
おいしさが抜群ですので、ありがたく大事に最後までおいしく食べております。
2008年12月15日 20:32
べべコママさん
はい!やっと決まりました。
最後の作品展になるでしょうから、楽しみにしております。

そうなんです、東京国際キルトフェスティバルから、もう一年経ちました。
その日は東京は雪でしたね~。
今年も楽しみに行きます。まだ日にちは決まっておりませんが。
ももたん
2008年12月15日 20:53
 見事な鮭の切り身に変身。かなりの大物の鮭だったんですね。貴女のために最高の贈り物、実家に感謝ですね。ハタハタは今年はちょっと小ぶりでしたが結構食べました。それにしても、昔食べたお腹パンパンにはいっているぶりこハタハタ、飽きるほど食べてみたいですねえ。あのトローリと粘るおいしさ、ああ、食べたい~。
 心をひとつにして作成するパッチワークは先生も喜ばれることでしょう。
すばらしい生徒さんたちを、天国で自慢しているかもしれませんね。
作品展、ぜひ見たいなあ。
 みなさんの風邪も落ち着いたようでよかったですね。これから、もっと寒さが厳しくなりますから気をつけてね。私と孫たちは今日、予防接種をしてきました。風邪とは縁がないのですが、油断大敵と言われて、しぶしぶ接種した次第デス。
2008年12月15日 21:54
お正月用ですか大きな紅鮭ですね~。
はたはたも美味しそうですね。
家の方はお正月には鮭をうでて粕を甘く煮てそれをかけて頂きます。
美味しいですよ。^^
ママンさん達の作品とってもみごとですね。出来上がりが楽しみですね。
みこった
2008年12月16日 07:30
ハタハタと聞くと、長いこと秋田の千秋公園近くに住んだ後、
20年ほど前から山形市あかねが丘に引っ越し、数年前に亡く
なった、大好きだった伯母を思い出してセンチメンタルに
なります。昔はイワシ同様、庶民の魚だったのに、今では
高級魚になったって本当ですか? きりたんぽやとんぶり
金饅など、秋田名物も美味しいものばかりですね。
nobara
2008年12月16日 10:36
ママンの鮮やかな出刃捌き、今年も見せて戴きました(^O^)
素晴らしいです! 用途に応じて捌けますものね~
戴かれる時のご家族の笑顔まで浮かんできました。
それにしても はんぱない量ですね~二人暮らしには
先生の遺作展、場所も日にちも決まり、いよいよですね~
素敵な仕上がりになりそうですね。暮れからお正月、一番忙しない頃を越えての開催だから・・体に気を付けて頑張って下さいね。そして引き続いて今度は東京に出陣!ですね。その頃、どういう訳か東京は雪が多い(成人の日の頃…)雪じゃーないように祈っています(^O^)
2008年12月16日 16:37
りっぱな紅鮭ですね~! 美味しそう。 来年のキルト展のリーフレットを頂き、繁々と眺めていました。来年は行ってみようかな~?と思っています。 運河よければ山形ママンさんにもお会いできたらいいですね!
2008年12月16日 20:46
ももた~ん
ありがとう~~
毎年、実家のお義姉さんは市場から送ってくれるんですが、それがおおきいんですよぅ。
でもこうして小分けして冷凍して置きますと、凍ったままで焼いて新しいのと同じにおいしく食べられますので、大変うれしいです。
はたはたはやはり秋田県人独特の嗜好でしょうね。
一年に一回は一匹800円くらいのを食べます。これぞっというくらい大きくて味がいいですね。ささやかな贅沢です。
パッチワーク・・・そうでしょうか、一生懸命なところは多分みんなを褒めてくれると思いますが…。
よかったら来年、最終日にいらしてお泊りしてください。
ああ、そんなことが出来たらうれしいな~
皆のためにも風邪には気をつけて頑張りましょうね…年末・お正月!!
2008年12月16日 20:51
ほたるさん
おいしそうな鮭の食べ方ですね~
寒い地域の料理のようで温まりそうですね。

パッチワークはまだまだ悩みながら変更ばかりです。
しかし、だんだんと出来てくると本当にうれしく、先生の力というものを感じます。
2008年12月16日 20:57
みこったさ~ん
ほんとうにそのとおりです。
昔は一箱300円くらいで、トラックで売りに来たものを何箱も買って、糠付けや、麹漬けにして食べたものです。
香ばしい味は今でも忘れられません。
今は大きいぶりっ子の入ったものは600~800円もします。
ここ数年は解禁になり、若干安くなっています。
そうなの、とんぶり、金満…(お菓子)は今でも大好きなものです。
2008年12月16日 21:01
nobaraさん
そうなの、半端な量ではありません。
だから、半解凍の内にしっかりさばいて保存します。
二人暮らしの次男さんは、一回で要らないと言ったそうです。
パッチワークの方も皆が協力してここまで来ましたから、良い結果が出そうです。
東京国際キルトフェスティバル、楽しみにまた行きます。
2008年12月16日 21:06
mintさん
いつもありがとうございます。
東京国際キルトフェスティバルは、多分開期中の火曜日あたりになると思います。
しっかり決まったらアップしますのでご覧下さいね。
もしかしてチャンスがあれば、会場でお逢いできるかも知れませんね。
今回は皆さん一日中見たいと言っておりますので…。

この記事へのトラックバック