山形の旬 ジュンサイ & プラムジャムを作りましょう~~  & プラム焼酎も作りましょう~~

水曜日、ダディが大石田のゴルフ場に用事があり出掛けました。
今頃の季節、途中の村山市の道の駅では採れたてのジュンサイを売っているはずと寄って買って来てくれました。

ママンはジュンサイが大好き。それもジュンサイに、透きとおったゼリーのようなねばねばがくっついているこりっこりの採れたて生は最高においしいんです。
秋田の森岳のジュンサイも最高品ですよ。

写真ちょっとぼけておりますが、おいしそうでしょう?
酢醤油で、このままいただきます、しゃきしゃきこりこりとなんともいえない口ざわりは、この季節以外の詰め物とは一味もふた味もちがう高級品です。
画像





朝霞のお友達ちーちゃんから今度は大量のプラムを贈っていただきました。
なまでも甘く美味しいプラムですがなにしろ量が多い!!

画像


早速焼酎用とジャム用に選別して洗いました。
ジャム用が3・5キロ、焼酎用が1・5キロありましたぁ~~。

画像



プラムジャムの作り方を簡単に御紹介しますと…。
さくらんぼジャムと同じですが、プラムは汁が多く出ますので、ジャムといっても、ヨーグルトソース用ですね。

へたをとって、種はそのままに鍋に入れて、ママンは最初から砂糖を入れて煮ます。
レモン汁も一個分いれます。
砂糖はプラムの50パーセントと書いてありましたけれど、あまりに多いので、ママンは冷蔵しますので、40パーセントにしました。

①いったんそのまま10分ぐらい煮ます。
   ②火を止めてさまし、手を入れてぐじゃぐじゃとつぶして、種をとります。
     この時、別の容器に実を10個くらいづつ分けてやると、効率がいいです。
     ③皮はそのままです。

画像画像画像

④火にかけて、焦がさないように煮詰めます。
  ⑤大分色濃くなってきました。あまりに大量ですねぇ~~
    ⑥分けた種です。このまましゃぶってもおいしい~~

画像画像画像


砂糖レモンを先に入れるのは、作業中の変色を防ぎます。



画像



画像



画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年06月26日 14:35
夏に朝のじゅんさいのお味噌汁。おとぎの国のようなジャム。「ぶらむ」と仮名で書かれているのも味がありますね。
2009年06月26日 18:27
こんにちは。
ジュンサイを食べたのは職場で、成人してからでした~♪プルプルとして初めての食感。
2009年06月26日 22:30
ジュンサイはやまでとれるものですか?
ワラビとかコゴミとはまた違った山菜ですか?
初めて見るかもしれません。
プラムジャム美味しそうです。
ヨーグルトにジャムが入って美味しそうです。
2009年06月27日 19:23
クロゼット☆ライターさん
ありがとうございます。
こんなに沢山のプラム、戴いたからこそジャムになりましたので、ちょっと楽しみました。
最後まで食べられるように、冷蔵しています。
2009年06月27日 19:26
湖のほとりから・・・さん
秋田では結構ポリュラーなものですが、それでも、この季節の採れたては、中々食べられませんね。
おいしかったです。
ま~やはり、そちらでは、料理屋さんなどでしょうね。
2009年06月27日 19:31
ほたるさん
ま~御存じないのですね、これは、沼にまるで睡蓮の赤ちゃんのように、水中に延びています。
その延びた芽や葉が開かないのを手でちぎって採って来て食べるのです。
ほんの短いその季節だけのものです。

プラムジャムってこんなにおいしく食べやすいんですね~~
作ってみて初めてわかりました。
いちごよりヨーグルトにはあいますね。
2009年06月28日 21:32
ジュンサイ、時期になりましたね~!採り立ては一度だけ食べた事があり、あの味は忘れられません。でもこちらでは手に入らないのでパック詰めのものだけです。それでも美味しいですよね。 ジャム、美味しそうにできましたね。ヨーグルトととても合いますね。
2009年06月29日 21:19
mintさんありがとうございます。
この時期この味は、出来れば一年に一度は食べたいですね。
秋田でのほうが多く食べましたねぇ。そう、瓶詰めのはいいですよ。
ジャムの方はすごい量出来ましたので、ビン詰めにして冷蔵庫です。

この記事へのトラックバック