09’9月連休二人旅…イン北陸路 その3…雨晴海岸から能登半島一周  (9/21)

さ~今日も快晴!!なんてついているのでしょうねぇ~~

今日は車で移動しながら能登半島を一周し、次の宿泊地 金沢香林坊 へと行くのです。

8・30富山を出ました、まずは、昨日堪能しました立山連峰が海の上に見えるという
    高岡市雨晴海岸(あまはらし)へ~~~
こんなにお天気がいいのに、はるか向こうの立山方面は、たなびくかすみのようなもので、山並みは全く見えません。本当に残念です。
海にはサーフインに興じる若者や親子連れが何組かおります。
腹ばいになったり、立ち上がったりして楽しそうな様子・・・しばらく見ていました。
気持ちいいですねぇ~~
画像

画像


海岸沿いを氷見市に向かって走りながら景色の良いところに何回か止まりながら進みました。



さて、どちら回りにしましょう~~と迷いましたが、水族館好きのママンとしては、能登島へ行きたい!!
大橋も渡ってみたい。
画像


この選択がまずかったです、はい!!
能登島の先端にある水族館までは長~~い渋滞で全然進みません。
諦めが肝心!ターンして島の景色を眺め、釣りを楽しんでいるところでしばし休憩。

くらげが沢山います、小さくて可愛いぃ~~
画像


画像



これが水産業の敵なのねっと思いながらもこうして身近に見るのは素敵!・・・。

輪島へ出ました。

輪島文化会館の漆絵。大きさは90センチパネル10枚くらいでしたでしょうか。

16人の工人の匠の技を持ってして完成したというすばらしい海鳥の群舞。
30分位その前で感動しながら拝見し・・・・・・・
そのままそこのソファーで眠ってしまいました ^_^;  人が全然いなかったのです。

写真はガラスが前に入っていて写せませんでした・・・。

そのあと白米の千枚田に行きました。
写真を撮るための・・・?<ポケットパーク>と言うそうです。すごい人です。
稲が風に倒されて少し残念ですが・・・

画像

画像



さぁ~~
今回のメインエベント~~と言うわけではありませんが・・・。

ママン達は42年前、新婚旅行に北陸路を選び、二人で6泊7日の旅をしました。

お金もないのに、当時6泊7日というと、大変贅沢な旅行です。ほとんどの方は多くて3泊4日くらいでしたね。
もちろん貯金があるわけでもなく、お金持ちでもありませんから、だからお金を掛けず、ほとんどを保養所や郵政の宿を利用し、自分達で計画しました。

ただ一泊だけ、曽々木海岸の宿はちょっといい観光ホテルに泊まり、新婚旅行気分を味わおうということで奮発しました!!
今回そのホテルに行って見てみたいと思ったのです。

画像

画像



海岸には営業しているホテルは見当たらず、一人のおばあちゃんがおりました。
もうそのホテルの名前も覚えていないのです・・・^_^;が、新婚旅行で昔来たのだけれど・・・と聞いてみました。


今は大きなホテルが輪島の方に出来て、ここにはないんだねぇ~~
私も働いていたのだけれど、不景気で今は民宿があるだけでねぇ~~と言いました。

画像


今日は何しているのと聞いたら、仕掛けをして、タコや魚がこの篭に入るように前の日に海へ放り投げて、次の日来て見るんだけど。今日は入っていないねぇ、もう一回放り投げておかなくっちゃあ~~
と元気良く篭を投げます。とった魚は御近所にあげたりねぇ~~



画像


82歳だそうです。ま~おばあちゃんに逢ってお話が聞けてよかったわ!!

画像



年月の経過の中で、観光地も変わっているのですねえ。
交通の便がよくなると、お客様が素通りする観光地も沢山出て来ます。
新しい道路が出来れば、今まで栄えていたところが廃れ、大きな観光ものがあるところに集中してしまう。

42年の歳月は大きいのですねぇ~~感傷に浸ってしまいました。懐かしく訪れて見たけれど・・・


さあさぁ~~元気出して行きましょう~~
大分日も傾いてきました。

予定をかなり遅れておりますが、急ぐ旅でもありませんので、この後時国家を見学。

画像


画像




総持寺はもう閉館していましたが、勝手に入って皆さんが見ていますので、一緒に見ました。


画像


画像


新婚旅行は能登半島だけでも 和倉・曽々木と2泊しておりますから、かなりしっかり廻ったはずですが記憶にほとんど残っていないのは残念です。


さ~そうこうしている内にあたりは真っ暗です。美しい海岸線も全く見えなくなってしまいました。
一路金沢市香林坊東横インへ・・・。

着いたのは20・00
それからいつものように居酒屋へ。   <居酒屋ふたつ>
そこでは、加賀野菜のキンジソウの和え物・めった汁・地魚、ささがれいのから揚げ・お刺身などで一日の疲れも吹っ飛んでしまいました。夜は毎回行き当たりばったりで食べるところを決めますが、今日も当たりぃ!!でした。


    走行距離310キロ   5368歩でした。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年09月27日 12:02
んまぁ~~懐かしいごとぉ~~~
私も二十歳の頃、能登半島を先日福岡にきてくれた友人達と回ったのを思い出しています。写真を見ると可愛いのよ~<ぁはは、若かったワーーー
氷見にも七尾城址にもいったの。金沢も素晴らしかったです。
柴船(生姜味の菓子)が好きです。
ママンの懐かしいお宿がなくなっていてでしたね。
ほんとにィー 過ぎ去るだけの忘れられたような所がいっぱいありますよね。
でもこうやってママン達に思い出して貰えてよかったですね。
おばあちゃん。お若い事ォーー元気を貰えますね。
2009年09月27日 13:53
懐かしい思い出の土地も変わってしまったのですね。残念。
82歳のおばあちゃんの姿が元気ですね。こうして生活している人の姿には感動します。
2009年09月28日 21:40
nobaraさん
こちらにもありがとうございます。
あははぁ~~ アルバムを見るとママン達も若かった~~ですが、ほとんど記憶にないのが、残念と言うか、老齢化しているのか不安になります。
昔の場合写真も一箇所で一枚か2枚ですから、ますます、どこか分からなかったりして~~
このおばあちゃんが、ちょうど浜に来てくれたので色々聞けてよかったんですぅ。
人がいるところは、すごい沢山でにっちもさっちも行かないほどで、いないところは、廃墟のようになっています。
そんな曽々木の海岸で、静香に暮らしているこのおばあちゃんには、元気を戴きました。
2009年09月28日 21:42
森の生活さん
そうですね、変わらない日常をしずかに生きている…。自分の出来る事をこうして毎日続けていきているのですね~
今から畑に行くって言っていました。
2009年09月28日 23:16
空も海も真っ青で綺麗ですね。思い出の宿、残念でしたね。82歳のおばあちゃん、お元気そうですね。姉と同じ年です。
2009年09月29日 21:58
懐かしの○○年前の思い出の地への旅、懐かしさと感慨深さとの狭間に揺れたようでしたね
日本海と太平洋の違いはどんなものなのかな。。
海で仕事をする人は大自然が相手なだけに逞しいですね
それが素適ですね
千枚田も行って見たい、見てみたいですがママンのおかげでしっかり見ることが出来ました
2009年10月01日 09:57
コケ魔女さん
お返事おそくなりました。
時の流れの中での栄枯盛衰が感じられ、すべてがよくなるわけはありませんが、良い風景が残ることを祈るばかりです。
切った生魚を篭の中に入れて遠くへ投げないと波が運んでくれないからと、行っていました、実家の母を思い出しました、この年代のたくましさでしょうね~~
千枚田・・・大変な人で、もっとゆっくり味わいたかったです。
2009年10月01日 10:01
べべコママさん
コメントのお返事が遅くなってしまいました。
お天気がいいので、特別なものがなくても、海岸は本当に美しかったです。
年の離れたお姉さまですね~~この時代を生きてきた女性はたくましいですね。

この記事へのトラックバック