トッティの10歳の・・・・<ハーフ成人式> に思う

水曜日、トッティの学校で<ハーフ成人式>なる催しが行われ、ママは午後学校に出かけて行きました。

昨晩は、トッティが、お父さんお母さんどうぞ来てくださいっと下のような招待状をママに差し出していました。

ま~ハーフ成人式ってなあに?っとママンが聞きました。
ママが、最近は全国的に結構やっているみたいよ!!といいます。
二十歳の成人式までの半分、10歳だから、親や家族に感謝の意味を込めて、式や歌やコメント発表の寸劇をするらしい~~


画像


招待状には、これまで育ててくれて有難う~~のことばや合唱曲<生きてこそ>が載っていますね。


画像


画像


トッティたちは、これまで長い時間を掛けて<自分の10年史>を作っていたようです。
生まれてこのかた、10年の間の主な事柄を作文や詩にしたり、小さい時からの毎年の写真を探しては頑張って作っていたようですが、この日のためだったようです。
親も色々思い出しながら、話したり、写真を探してきたり、子どもと沢山話ができたようです。

昨今の荒れた<成人式>を思うにつけ、こういった取組みがなされていることは、とてもいいことだなぁ~~
自分がどういう風にして生まれ、どんな風に成長してきたか、親や家族はどんな思いだったのか。
すぐ忘れてしまうかもしれないけれど、記録が残ることだけでも素晴らしいなぁ。
このような学校の取り組みに感謝したい気持ちでしたねぇ。


ところで、ボケたからっと言うわけでもないけれど・・・。
自分の10歳までなんて、ほとんど覚えていません。
昭和18年うまれのママンは戦後の貧困の中で育ち、父も戦死し、写真もろくに残っていません。

ママン達ぐらいの年齢になるとどんな風にして生まれ、育ったか・・・聞きたくても親でさえももういないという方がほとんどでしょう・・・。
この際、ママンの<自分史序章>を、まもなく 88歳の母が元気な今の内に・・・たっぷりと聞いておかなければっと、思いました。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2010年02月11日 14:37
懐かしいですね~そちらもあるのですね~
私はもとより経験は無いですが・・
甲府の小学校では1/2成人式って名前でありましたよ。
10歳位の子供はまだまだ素直でいいですよね。
娘の時、“彼女が本当の成人の時は21世紀になっている”の
お話を保護者として発表した事がありました。過去・現在・未来・・
私は未来の項目でしたから・・ドキドキ感が今でもあります。
ママンはお母様がまだ健在ですから、しっかり聞いてあげて下さいね~私の母は23回忌になります。この頃、聞きたい事がいっぱいあっても千の風になってる母を捕まえる事はできません(-_-;)思い出はいっぱいあるようでも、きっかけになる糸口がないと紐解けませんね~
ほんとにいいアイデアでしたね。小学校に~です。 
2010年02月11日 15:42
本当にそうですねえ。子供の頃はカメラ(当時は写真機と言っていました)を持っている家庭なんて滅多になかったですからねえ。ヒゲおやじの写真も1枚もありません。両親もずっと前に亡くなっていますので、自分史と言われると断片的なことをかすかに思い出す位で何もありません。
ハーフ成人式ですか。面白いことをやりますねえ。今のうちに自分史を作っておくと、後できっと何かの役に立つでしょうね。
2010年02月11日 17:24
ハーフ成人式に自分の10年史を作る・・・良い試みですね。人生の節目で振り返ってまとめておくと、40、50、60歳になっても、きっと有意義な人生を送っているように思います。
2010年02月12日 06:47
おはようございます。
断片的に、子どものころのことを覚えています。一歳違いの姉と、覚えていることが全く違うので、そのことも面白いなぁ~と思います。ハーフ成人式。ということはあと十年で成人なんですね。子どもの成長は早いですが、それだけ周りの大人も歳を重ねているということなんですね^^♪
みこった
2010年02月12日 07:51
ハーフ成人式というのは全くの初耳でしたが…、「呼びかけ」! 
な、なつかし~! 私も小中学校の卒業式でやりましたよ~!
40年近くたった今でもやってるっていうことにビックリしました。
小中学校の記憶は断片的なものしかありませんが、この言葉で
いろいろな思い出がよみがえりました。ちょっと感激です
2010年02月13日 02:01
こんばんは♪
楽しみなハーフ成人式ですね
ギャングエイジの10歳ってどんなにやんちゃだろうと思うと、こんな招待状がきて親冥利につきますね。。大喜びですね。
親子簡を見つめられる貴重な時簡になることでしょうね。
我が家の子達も自分史を書くみたいな授業があったように記憶しています
コケ魔女も今頃になっては自分史を書こうにも全く手がかりがなくなっています。やはりこの時期に書くことは大きな意義があるようですね
2010年02月13日 08:08
おはようございます♪
ハーフ成人式!ステキですね~
全国的に行われているのですか!
「自分の10年史」可愛いのが出来たのでしょうね(^^)
作った子供たちが「成人式」にタイムカプセルのように読み返すのも良いかもしれませんね。親・周りの人達への感謝の気持ちが更に増す事でしょう。
2010年02月13日 11:21
10歳ハーフ成人式、なるほどですね。生まれて来た時の感激を新たに親の方も原点に戻れますね。10年毎の節目に自分史を辿るって良いかも知れないなぁって思いました。
2010年02月13日 21:16
ハーフ成人式ですか?現代の子供達は大切にされて居ると思いました。
私が10歳の頃は一丁前の大人の扱いでした。
戦争のど真ん中で東京に空襲が来始まった頃でした。
色々思い出して、断片的に覚えてた過去を辿って
私も自分史を綴ってみたくなりました。
ママンさん有難う<(_ _)>私にも子供の頃が有ったんです。
2010年02月14日 20:07
nobaraさん
ヒゲおやじさん
庭花さん
湖のほとりから・・・さん
みこったさ~ん
コケ魔女さん
せんこさん
べべコママさん
hiromuさん
コメントのお返事遅くなり申し訳ありません。

10歳までの時は大人になると非常に記憶も曖昧で思い出す手がかりも薄くなりますが、こうして記録して置くと忘れても糸口が見つかって、しかも写真もありますので、明快ですね。

しかし、こういう難しい時代、親の離婚や事故、災害などに遭われている方も沢山おり、深く考えると平凡な暮らしが出来ている方はいいとしても、大変な作業ですよね。辛い子もいるかもしれませんね。
中々難しいことですよね~~。
ママンが10歳の時に自分史を作るとしたら、きっと辛いことも書かなければならなかったかもしれません・・・。
トッティは幸せな方だと思います。

この記事へのトラックバック