福島県南会津郡の重要伝統的建造物群保存地区 ・・・<大内宿>へ

11日は祝日。

お天気が良ければ、6・30出発!!


ダディは、お友達が写した写真<大内宿>に魅せられ、機会があったら行きたいと言っていましたが、こんな雪の中の風景はなかなかいいと思うよっと前の晩はしっかり調べていました。

しかし、早朝はあまりお天気が良くないようで、ゆっくりしていましたが、それなら塩釜の方にでも行って美味しい魚でも食べてくるかぁ!!っということになり、11時出発しました。

車を走らせ、宮城県に入ったら、良いお天気!
この状態だったら、最初のもくろみどおり、大内宿へ行ってみよう~~
福島県会津地方ですから、遠い~~高速料金1000円だからこそこうして気軽に出かけられます。


福島県南会津郡下郷町の重要伝統的建造物群保存地区 ・・・<大内宿>

妻籠宿、奈良井宿に次いで全国3番目に重要伝統的建造物群保存地区に選定され、大内宿を含む前後10キロには旧会津西街道の石畳や、三郡境の塚、茶屋跡、一里塚、馬頭観世音碑などの遺構が見られることから国指定史跡に指定されているそうです。

会津藩や米沢藩も参勤交代の時は使った宿場町と言うことなので、なにか親しみもありますね~


               大内宿についてはこちら 



画像

高速も雪がなく、快適!!
と思っているうちに、段々雪が積もっていて、山形どころではない。
磐越道に入り、更に支線118号線に入り、やっとこぶしライン大内宿・・看板が見えてきました。
やったぁ~~

こっちだねぇ~ええっつここから17キロかい?




画像


さ~行けども行けども山また山
きれいに除雪されているので助かるが、なんぼ山を越せば着くの?
昔のお方はここを荷物を背負って登ったのであんすか?
画像



すこし下りになって来ました、やっと着きました。
車もほとんど往来しなかった山の中!お~りゃあ、観光バスだね~~
老若男女、いますよ!

画像


軽く雪が降っています。
しっかり身支度してカメラをぶら下げて・・・
約50軒くらいあるようですが・・・これは、見終わってから数えました。

画像



むがし昔あるところに、おじいさんとおばあさんが~~住んでいました~~
そのような感じの、宿ですが・・・

現在はお蕎麦屋さんのようです。
画像




画像


大根干しが新旧色違いで見事に並んでいます。みごとだねぇ~
これを、売っていますね~。

あらあ~、この家の雪がこいは昔のママンちの実家見たいだねぇ~
こんな風にしなければいけないほど、雪が降ったものよねぇ~
画像


この建物は一番大きいみたいねぇ~その前に雪で作った家が2個もあるねぇ~~
大きいね、入ってみよう~~
神棚がある。かまくらみたいだけれどその大きさは普通の小屋くらいはあるねぇ。

画像


あら!ちょっと遊郭みたいな雰囲気ねぇ~~
宿だから、そういうところもあったのかしらね。とっても自由な想像です。
          ↓
画像画像画像


画像画像画像


                                                            ↑
                                             ここで栃餅大福を買いすぐ食べました。

観光バスの淑女らと共にママンはお話が弾み、ダディはどこへやら行ってしまいました。

えごまってなに?えごましらねの?これの油、TVで有名なったべ!売れる売れる!!

どっから来たの?何買ったの?
まあ賑やかです。同じ目的で来ているのですから、気持ちも同じなんですねぇ~~



画像画像画像



         土壁の蔵があります。山には雲なのか霧なのか、降り始めています。
画像


建物も山の端まであります。
どうやらダディはこの山を登っていって写真を撮っているようです。


画像




土日、雪灯篭祭りがあり、大変な賑わいらしい。
夜は通りをたいまつを持った男達が走り抜けていくらしい、そのために、通路には板で囲われた雪灯篭が、出番をまっているのです。
なんとも目障りな板の柱が延々と続いて、美的な写真が全然撮れません~~ ^_^; ^_^;
それに、ダディは雪が多くて山にも思うように高く登れなかったようですし、電線も入ってしまいました・・・・ねぇ・・・残念!!また秋にでもこなくっちゃあなぁ~~だって。


画像



画像



画像



りっぱな宿ですねぇ。
画像



画像



画像


古民家が並ぶ中で、ぴっかぴっかの耕運機(運搬機)がミスマッチ。
縁側に並べた地産物が懐かしくもあり~~
画像


画像


寒さの中、4000歩ほど歩きました。
さ~もう5時近い。薄暗くなってきました。
帰りましょう~~
喜多方方面をめざし、山越えをするか、もと来た道を帰るか。迷うところですが、この雪では高速で帰りましょう。
山くだりはこぶしラインと反対の方向から、118号線と合流してから、もと来た道へと帰ります。

あたりはミルク色の雪景色。灯りも美しく、悪天候のなか目的を達成して、二人ともよかったねぇなどと言いながら、帰路に着きました。

めでたしめでたし  ~(^^)V

画像



・・・・・のはずだったのですが・・・
帰りは高速磐越道から東北道へ・・・ <本宮~~福島西>間交通止め
一旦一般道に降り、また福島西から高速道に戻ったら今度は除雪車のあとを低速で走り~~山形自動車道を経て自宅へ~~。山形自動車道でも事故がありましたが、通行止めにはならず、ほっとしました。

途中、ガソリン、水、食べ物をしっかりゲットして・・・備えあれば~~憂い無しです。


自宅に着いたのが20時30分、往復460キロのドライブでした。



東京方面への大型の輸送車が列を成して一般道を迂回して高速道へ向かう様はまるで戦争のようでした、こわ~い。


画像




             皆様にお返事もせずに、アップしております、お許しください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年02月13日 12:00
おぉ~凄い雪!雪の山越えは大変でしたね。でもダディさんのおっしゃるとおり雪の中の古い町並みの景色、素敵ですねぇ。雪の白川郷に行ってみたいと思ってましたけど、此処も良いなぁ。って行きたいと思うだけで・・・。ママンさんの語り口も楽しく読ませて頂きました。
花いちもんめ
2010年02月13日 21:42
大内宿、確か8年位前の秋に行きました。
昔の旅人は、こんな寂しい所の峠越え~大変でしたね!
ダンナが葱1本を箸にして、此処でお蕎麦を食べてました。
沢の水が?~真冬だから..流れてないんですね!?
それにしても、雪にお出かけなんて凄~い!
雪に不慣れな私は、チョットの雪でも滑りそうで歩けません^^
2010年02月14日 20:15
べべコママさん
ありがとうございます。
行ってみてこのようなところも、趣があり、それをよしとする方が沢山いることを実感しました。
ドライブインの方が、高速道路1000円の効果で、大変多くの方がきてくださると言っておりました。
土日は雪祭りで車は大渋滞で動かないから、かえって今日来られてよかったですよっと言っていました…でも雪灯篭のベニヤ板囲いには、ほんとにがっかりしました、秋にでももう一回行って見たいです。
白川郷、ダディが去年行って来ました、良かったらしいです、ママンもぜひ行って見たいです。
2010年02月14日 20:22
花いちもんめさん
ありがとうございます。ま~行ったことがありますか?
秋はさぞかし素敵だったことでしょうね。
屋根の美しさが見えず、雪景色もうまく撮る場所に登れず、だめでした。
もう一度トライしてみたいですね。
沢水、どんどん流れていました。生活水だったんでしょうね。
葱一本で食べるお蕎麦、ありました、食事後だったので食べませんでしたが…
雪はやはりなれていますのであまり恐くはありませんが、やはり事故や通行止めがあり、大変でした。
急がぬ旅ですので、その点は気長にかまえて準備をしていました・。
2010年02月14日 21:41
凄いタフなご夫婦です事ぉーーーヘ(^o^)/
こんな雪みたらば、我が家は尻込みします。
妻籠宿、奈良井宿へは何度か参りました。そのような感じなのですね~
まんず、はぁー山形ママンも他の団体さんとお話しが弾んだのね~
ダディもソレをみて巻かれたのでしょうね。ヘ(^o^)/
福島出身のナースに「えごま」をおみやげに戴いた事が・・
なかなか高級ですよね~
ダディの高台からの写真。私も白川郷を思い出しました。
家族で行ったんですよ~電線は埋設してあったような?
とやかく云われてる1000円高速ですが、恩恵に与れてますね~♪
2010年02月15日 09:11
おはようございます。
冬ですと、いつどんな道路状況になるか、雪国ではわかりませんね。でも、無事に帰宅。ほっとしました^^♪
2010年02月15日 12:05
ほほー、なかなかいい雰囲気ですねえ。これなら寒くても行く値打ちがありそうです。雪のない時期にじっくり見るのもいいかも知れませんね。ヒゲおやじはそっちの方にしましょう。って、行く予定はありませんけどね(笑)。
無事ご帰還、何よりでした。
2010年02月17日 07:29
nobaraさん
お返事遅くなりました~
午前中遅く出過ぎましたが<行きはよいよい帰りは恐い>でした。
しっとりとした宿の写真を撮りたかったらしいのですが・・・箱だらけでした。
えごまも知らないの?あんたどこの生まれだよ!!と店主さんに言われてしまいました。すごく高い値段でした~~。
電線は通路にはないのですが、山の付け根の横道にあるんですね~だからその山にある程度登って写さなければならないんですね~
長靴はいていったのですが・・・。
1000円効果は、現地ではものすごいそうです。
ママン達も気軽に関東まで行こうっと言う気になりますね。
2010年02月17日 07:31
湖のほとりから・・・さん
そうなんですよね。
ある意味福島は山形より南と言う感覚であたたかい・雪が少ないっと思ってしまいがちですね。
準備は雪国育ちですから、しておりましたが・・・。
2010年02月17日 07:36
ヒゲおやじさん
建物の件数も50ほどあるというし~~なかなかいいと思います。
雪景色を撮れると思っていましたが、お祭り準備でかなりがっかりしました
^_^;でも行ってとてもよかったです。
はい、無事帰還しましたぁ。
2010年02月17日 08:48
山形ママンさん おはようございます

大内宿にいらっしゃったのですね?
写真撮るには祭り準備のためにタイミングが微妙にずれちゃった?
ダンナ様、残念でした。でもいい雰囲気伝わってます。
私は去年の夏行きましたが、やはり日曜日はすごい人出でした。
また雪の古民家群を見たいと思うけど、この雪では遠くに出かける元気がプシューです。
でも、今日はお休みなので県内の田舎の古民家でも訪ねてみようか・・。
2010年02月17日 16:46
けっこちゃーん
ありがとうございます。
お祭りは大変な人で、車もほとんど動かないほどだと言うことなので、よしとしました、雪がありすぎまして、風情をとはいきませんでした。
やはり夏、雨の日などもいいかもしれませんね。
雪に慣れているママン達は高速でもこんな雪でっと思うような雪で、交通止めでした。
こんな風なのも山形にも楢下宿があります~^^
2010年02月19日 07:47
おはようございます♪
雪の大内宿も趣がありますね~
私まだ行った事がないのです
この時期でも観光バスが来ているんですね!皆さん楽しんで帰られたかしら。
雪、多過ぎて良い写真が撮れませんでしたか?
もう少し高く登れたら電線も写らなかったのでしょうね。
お店の人との会話も楽しそうでした♪
私も行ってみたくなりました(^^)
2010年02月20日 15:54
こんにちは♪
スクルローしてたらどんどん深い雪になって慌ててしまいました(笑)
ほんとに雪が深いところなんですね
大内宿とは名前を良く聞くけれどどんな所。。
今日は案内板でしっかりと読み取ることが出来ました
ここを通ったであろう人たちは一体どんな旅になったのでしょうね
雪の中、お疲れ様でした
とても貴重な写真ありがとうございました
2010年02月26日 07:38
せんこさん
コケ魔女さん
お返事遅くなってしまいました。
初めて行きましたが、山間の寂しいところですが、昔は旅の人で賑わったのでしょうね~~
こういうところを見るのは、今からの楽しみになりそうです。

この記事へのトラックバック