娘はいむの誕生日・・・  & 庭の春支度  &市民農園にも春

     
       今日 3月31日は 娘・・・はいむの誕生日。


画像


東京に離れて住んでいるし、4月8日は孫娘ぷくたんの5回目の誕生日でもあるので、二人に小包みを送りました。
夜電話で、<40年前に産んで貰って有難う~~>と言われ、在りし日の思い出が走馬灯のように頭に浮かびました。

昭和43年結婚のため秋田よりM市へ転勤して、間もなく妊娠。しかし、2度の流産をし、習慣性の流産であるため、今度流産したら、子どもは難しいと医者に言われました。

その当時暮らしていた町の公立病院の<桑島先生>(もう随分前になくなってしまいました、当時で55歳くらい)
に、もし妊娠とわかったら、その日に来なさいと言われ、まだ10日くらいしか生理が遅れていない時期に、病院を訪ねました。
先生は、機器での診断を控え、そのまま入院をするように言われました。ママン26歳でした。
それからはず~~っと入院生活。
山形からは車でも40~50分はかかる所にある病院です。

小も大もすべて看護婦さんのお世話になり、妊娠5ヶ月を超えるまで、ほとんど寝たきりでした。
その後、安定期に入り、<子宮経管縫縮術>と言う手術をして、要するに赤ちゃんが落ちないように縛ったわけです。
7ヶ月で、一旦退院しました。しかし、すぐにおなかが張ってきて又入院。
結局9ヶ月くらいまでほとんど寝たり起きたりの生活をして、やっといつ出産してもいい時期になって、普通の生活になりました。

そして、予定日を13日も過ぎて、45年 3月31日、はいむはやっと産声を上げたのです。
子宮口を縫っていましたから、大変難産で、産後も3日間も高熱で、胎盤が完全に落ちなくて、貧血とめまいで
起きることもできませんでした。

それでも産後は半月ほどで退院しました。

生まれてから、先生にお手紙を書いて、こうして無事生まれたのも先生との巡り会わせがあり、ご指導があったからこそと御礼申しあげました。
産後はまた引き続き勤めました。

もし、はいむがうまれていなかったらどうだったろう~~と思うと、いまだに先生への感謝の気持ちでいっぱいになります。
         そのはいむが結婚し、ぷくたんの親となりました。

       いいえ、生まれてきてくれてありがとう~~。



さて、今日は朝から良いお天気。気温も大分高く、ダディは外で雪がこいを全部撤去しました。

画像


八重椿も赤い花弁をのぞかせています。

画像


クリスマスローズもやっと一つ咲きました。
画像


午後からダディは市民農園へ出かけ、夕方まで戻ってきませんでした。

午前中の春支度中に、ダディは車のドアに頭をぶつけて、出血し、大きなコブを作ってしまったので、もしかして、脳硬膜下血腫で、畑で倒れているのではないかと思い、携帯を鳴らしたら出て来ました~~
あっははは、やりだしたら止まらなくてだって。玉ねぎへ肥料をやり、植えていないところへ石灰などを入れて土作りをしたり、草取りをしたそうです。
ああよかった!!



その後、5時頃ママンも畑を見に行って来ました。
玉ねぎも順調に育ち、畑の草もほとんどきれいに取られていて感心しました!!

今年もやっと市民農園の作業が始まり、今日は何軒かの方々が畑に来たそうです。


つぼみ菜と五月菜を沢山採って来てくれました。
茹でて、早速食べました。甘味があって美味しい~~。

画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年03月31日 22:59
何と3月31日ですか。これまた微妙な日に生まれましたねえ。4月2日に生まれた子と同じ学年になるでしょう。丁度1年違うのですよね。小さい間はこの差が大きくてねえ。はいむさんもしばらくは辛い思いをしたでしょうに。
そうですか、そんなことがあったのですねえ。でも本当に生まれてきてくれてありがとうですよね。だからこそ今の幸せがあります。よかったですね。
2010年04月01日 00:29
あら!あらら!・・・なにさあ、泣かせるじゃないの・・・。
ほんとに、感謝の気持ちでいっぱいです。ほんとよくぞ産んでくれました。
40年たってこの成果ですから(笑)まあほどほどですが、幸せにやっているのも、両親・祖父母・今の家族のおかげです。
9ヶ月間寝たきりだった話はときどき聞きましたが、実際どう?と考えると、想像がつきません。ありがとう。

>>ヒゲおやじさん、そうなんです!それもオラ、3月31日生まれなのにクラスで一番背が高かったので、周囲の期待値の高さと本人のデキのギャップが大きくて(笑)今では笑い話です。
2010年04月01日 11:01
ヒゲおやじさん
微妙な時期に生まれて先生に頼んだのですが4月2日に生まれた事にしてくださいっと言ったのですが、却下されてしまいました~~
生まれたときから、5センチも大きくて、しかも大家族の皆にお姫様状態でかわいがられすぎて、おっとりと育ち、それなのに、お口のほうが超発達しすぎて見かけと実態の3重苦の生活を強いられました~~^_^;
かわいそうでした!!はい!反省しています。
2010年04月01日 11:20
はいむ
泣いてくれる?
ほんとに大変な出産だったけれど、周りのみんなにささえられて、今日があります、はい!ママンも感謝の気持ちで一杯です。
最初の6ヶ月はトイレにも起きて悪いんだよ~~ほんとに足の力がよくなくならなかったと思うねぇ~~

ヒゲおやじさんのコメントのお返事にも書いたけれど・・・我が家は当時は大家族だったからね~~その中であなたは蝶よ花よと育ち( '~`;)!!過ぎ!!だったねぇ~~
幼稚園になって、小学校に入って、3重苦で苦労が絶えなかったねぇ~~^_^;
よくぞ、育ってくれました・・・ってか。
しかもママンもはいむのお陰でブログ生活・・・楽しんでおります、ありがたいことです。

2010年04月01日 15:29
お嬢様おめでとうございます。
読み始めて涙です。
我慢強くがんばられたかいがありました。母はつよしですね。
私の母もさかごだったので、当時は危険があるので諦めるように言われたそうです。女医の親友がずっと付き添ってくれたそうです。
http://blog.livedoor.jp/kakuregacafe-bluetractor/
2010年04月01日 16:45
はいむさんのお誕生日おめでとうございます。
♫*:..。♡*゚¨゚゚・ ♫*:..。♡*゚¨゚゚・ ♫*:..。♡*゚¨゚゚・ ♫*:..。♡
大変な思いをされての出産だったのですね。
ご家族の愛情をいっぱい受けて、さらに愛情深い女性に成長されたのではないでしょうか?はいむさんの新しい年が素敵な一年になりますように・・・。
2010年04月01日 20:05
ママン、大変だったのですね~~~
「産んでくれてありがとう」「産まれてくれてありがとう」
はいむさんは産まれてからは健やかに大きく成られて・・
今の朝の連ドラ→ゲゲゲの女房を見ていると
きっと幼い日々がコンナだったのかなと思ったりして・・
はいむさんが産まれたから次のカンチさんも大丈夫だったのね。
私は悪阻も何もなく臨月まで仕事してて(結果的に1週間前)
そのかわりお産は(昔ならダメだった?)帝王切開でした。
皆、いろいろありますよね~
涙しながら読んでいました。大変な妊婦生活でしたね~
でもそのはいむさんも立派に成長されてカワイイ、ぷくたんも。
何よりの恩返しになっていますね。
ほんとに「生まれてくれて有り難う」ですね~~
ももたん
2010年04月01日 21:19
はいむさんが高校生の時にお会いしましたよ。私のまわりに背の高い女性がいなかったので、はいむさんにお目にかかった時はほんとにびっくりしました。お顔は思い出せませんが、痩せてて、背が高くてゆるゆるのジーンズをはいてたことを覚えています。はいむさんのご両親が背が高いものね。さらに美男美女ときてますから、若かりし頃は私はとてもとても羨ましく思ったものです。
 あれから?十年たって、ぷくたんの自慢のママになったのね。
 この年になってこぶなんぞ作るなんてまだまだお若いご主人様。家で心配する
ママン。つい、笑ってしまいました。いいご夫婦ですね。
 
さっちゃん
2010年04月02日 00:25
いつも寝る前に携帯からブログを楽しく読んでいます♪

お姉ちゃんの出生秘話?を初めて知り、自分も出産を経験でき、今ブログをよんで改めて産まれてくる命はすごいなぁと思います。

うちのオチビは8ヶ月を過ぎつかまり立ちやネンネ…?マンマ…?としゃべりだしましたょ♪

5月頃山形行けたらと思ってます~。

(携帯からコメント出来たかなぁ―…)
2010年04月02日 08:53
9ヶ月も寝たきり状態で入院されて、大変な出産を経験されたのですね。お互いの感謝の言葉に感動しています。ただでさえお産は大事業ですものね。よい先生に巡り会えて良かったですね。4月2日生まれに・・を却下・・笑ってしまいました。
2010年04月02日 12:14
blue tractor さん
ありがとうございます。
ママン達の時代はよっぽど婦人科の技術も進んできたのでしょうね~~
ほんとうにラッキーだったと思います。
お母様も無事出産できてよかったですね。
思い出してもいまだに感無量になります^_^;
2010年04月02日 12:18
湖のほとりから・・・さん
はい!!愛情を受けすぎて(過保護ともいいますが・・・^_^;)・・・
いまだにおっとり刀です。
ありがとうございます。

2010年04月02日 12:26
nobaraさん
正解ですね~~
かんちは、生まれるその日までママンは異常なく、働いて、家事労働をこなしていました。
不思議なものですね~~
聞くところによれば、皆さん、自分のお産ほど大変なのはなかったと思うそうです。
それだけ、産むということは大変なことなのでしょうね。
そして、生まれてきてくれて~~元気に暮らしてくれていることが、幸せですね。
2010年04月02日 12:38
ももた~ん
あっつははは~~ももた~ん、そのころ痩せていましたか?
やはり、娘と言うものは、20歳を過ぎると、変わりますね~~
性格も、顔や体も・・・
その前は、親も嘆くような実態でしたね~~(はいむに怒られそう~~)
いまでも大きいのに変わりはありませんが、それなりに母親らしく、妻らしく?なって来ています。

いやあ~ほんと、畑で倒れているのではないかと思ったのよ!!
打ったところが頭~~でしょう!
2010年04月02日 12:47
ま~ま~<さっちゃん>じゃあありませんか!!
ええっつ!!おちびちゃんもうそんなに成長したのね~~!!
1月に、都下の弟さん(あなたのパパ)たちに携帯のメールで<たっち>を見せて貰って以来ですから、おしゃべりも出来るようになったのね~~
今度そちらにいったら絶対逢いたいなぁ~~
<生まれてきた命を育てる>と言うことも本当に大変なことですね。
さっちゃんも子育てを楽しみながら、自分らしさも一緒に育てて行ってくださいね。
こちらにも是非来て、いっぱいママンちにも泊まって行ってくださいね。

2010年04月02日 12:52
べべコママさん
その先生にお逢いできたことが、運命のような気がします~~
実際にお産したのは、山形の市立病院でしたので、そういうところは厳しいですねぇって、あたりまえでしょうけれど。
幼稚園に入ってからは、なまじ娘が大きい身長なのが、可愛そうでした、普通は小さくてかわいそうなのですが・・・。
ほんとにお願いしました。
2010年04月03日 23:01
こんばんは♪
はいむさん、お誕生日おめでとうございます
コメントのやりとりにハッピーになってしまいました
大変思いをされたぶん、嬉しさと感激が一入ですね
素適に育った子供をみる親の気持ち。。まだ未体験です(笑)
娘はいるのですが。。口から先に生まれてしまったようです(笑)
素適なご家族の様子がビンビン伝わってきます

2010年04月05日 16:13
コケ魔女さん
お返事遅くなりました。
そうですね~^^ママンだけでなく、家中で楽しみにしていたものですから、みんなが可愛くて、つい過保護に育ててしまいました。
はいむも大人に囲まれてお口だけは大変達者でした(笑)
今からお楽しみが待っていますね。
2010年04月10日 18:13
流産を2度経験している私には
お気持ちがわかりすぎて。。。。。
感動してしまいました。
私は流産-出産-流産-出産で2人の子供にめげまれましたが、
必死だったあの当時を思い浮かべています。
はいむさん、お誕生日おめでとうございます!
2010年04月11日 22:23
こんばんは。
我が家も先週に息子も誘って夫が雪囲いを片付けました。
山の家は梅の花が散って桜が咲き始めてました。
人生、それぞれいろいろなことがありますね・・
それも、全て今のママンさんの幸せに繋がっているのですね。
2010年04月16日 11:03
ろこさん
お返事をするのを見落としてしまいました、遅くなってごめんなさいね。
ろこさんもその経験者でしたか。
精神的な重みが大変でしたでしょう~~
周りの人にも理解してもらうことが中々できずに悩んだことを思いだします。
お二人恵まれてよかったですね。
苦労は喜びを増やしてくれますね。
2010年04月16日 11:08
つれづれさん
ありがとうございます。
息子さんもちからになってくれますね。
ほんとにいろいろあるものですね~~
それら全てを一つの川にして流れながら生きていくのでしょうね~~
上手に浮かびながら生きたいものですね。

この記事へのトラックバック