諏訪神社の古布・きもの展 &  ママン達の<パッチワーク○○>の2回目の例会は・・・

金曜日、パッチワークの仲間4人で古布きもの展へ行って来ました。

この諏訪神社の境内では毎月第一日曜日には骨董市が開かれ、全国紙にも必ず載っています。
各地からお客様が来て賑わいます。
ママン達も昔は随分と通ったものです。

金曜日のきもの展は、季節の変わり目に毎年数回開かれるもので、<円あみ>さんと言う骨董屋さんがご夫婦で社務所に市を単独で開きます。
旦那様が古布・一般骨董、奥様が着物専門の古着・新古品などの大変質のよいものを扱っております。
勿論ママンのお目当ては古布のみですが・・・。

入り口に素晴らしい筒書きの着物が展示されております。
これは紬で江戸時代のもの、値段はつけようがないようなものだそうです。
しばらく見とれておりました。

画像


中は写真禁ですので、これしかありませんが・・・
ママンは黄色や肌色の布と麻の布8Mくらいの蚊帳の新古品を買いました。
お友達に頼まれた藍染めの布はあまりいいものがなく、藍染の半纏を一枚買いました。
こういった古い製品の方が割安になりますし、色も布質もよいものです。

いっちゃんもMちゃんも、Kちゃんもそれぞれに気に入った布を2~3点買い求め、一段落してランチに行きました。


さて、5月31日(月)は、ママン達の<パッチワーク○○>の会の5月2回目の例会がありました。

結果的に15人でのスタートとなりました。最高齢は77歳です。
一番若い方で55歳です。体調が思わしくなく辞退された方が2名おりました。
2回目は一回目以上に熱が入り、5センチ四方の布を4枚はぎ、バイヤステープで縁取りするものが、完成しました。
画像


画像

このように小さい10センチ四方のものを作るとしても、基本的な布、針、道具の使い方の全てがかかわってきますので、なるべく丁寧にきっちりと時間をかけて、やってみました。
皆さんからはきびし~~~い、そこまで教えるかぁ~とも言われましたが、半面そこまでしっかり教えてくれて嬉しいっと言う声も出ました。
布と布の縫い始めと縫い終わりは特に表に糸目が出やすく、それをしっかりマスターして欲しいと思いました。


布目・針目の大きさ・しるしつけの仕方・縫い始め・縫い終わりのキッチリ行く方法・縫い代は決められた幅にしっかり取るなどの基本的な決め事をきちんと覚えれば、10年選手も一年生も同じです!!と言って、いちいいち皆で確認しながら10・00~4時までやりました。


笑いと熱気がむんむんで、熟女たちの意欲はなかなかなものですよ!!
お昼時間ももったいないからと早々にさ~始めて下さいとはっぱをかけられました。




画像


沢山の季節の花をいっちゃんやママの実家から戴きました。玄関に挿してみました。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2010年06月01日 16:22
こんにちは。
諏訪神社とは、この前行ったばかりの諏訪の諏訪神社?と思いましたが、山形にもあるんですね。
いいですね~
こうして基礎をきっちり教えていただける教室だったら、私も授業料を払って習いに行きたいです。
一緒にされる方が羨ましい~
2010年06月01日 20:53
つれづれさん
ありがとうございます。
そうなんですねぇ、諏訪神社と言うのは全国的にあるようです。
ま~ぜひおいでいただきたいのですが、授業料を戴いてお教えするような資格はないんですので、皆が先生のようなものなんです^_^;
なるべくお楽しみだけでなく、みなさん熱心な方ばかりですから、知っている範囲できっちり最初だけでもやりたいと思っていますけれど・・・。
皆さんがこんなに楽しくできるなんて思わなかったっといいながらやっております。
bluerose
2010年06月02日 10:32
はじめまして。時折お邪魔しております。
私も山形在住、PWを趣味としています。山形ママンさん達のサークル展も何度か見せて頂きました。昨年の作品展も見せて頂きましたがすばらしい作品ばかりで目を見張ってしまいました。
古布や和布は集めるのが大変なのですね。私は現代布の花柄を中心に作っているのですが、それでも大変なのに、頭が下がる思いです。
いい布が買えて良かったですね。
お教室も楽しそうですね~仲間とワイワイできるのはいいですね。

これからも楽しみに読ませていただきますね。
2010年06月02日 22:29
いろいろ精力的に頑張っておられますね~
くれぐれもお体をお労くださいね~~~
基本的な作品にも何カ所か注意する所があるのでしょうね。
ひとつひとつの原点だからちゃんとする必要がありますね。
私はママンみたいに作品にするまではしないのですが
細かい手仕事は好きです。とりわけ、額縁仕立ては基本ですね~
しっかりした大柄なお花は焼き物の花瓶が似合いますね~
2010年06月02日 23:14
何事も基本が大事ですね。そこは我慢のしどころなんですけど、それがなかなかできなくて結果を求めてしまいます。教える方もなかなか難しいところですね。
2010年06月03日 12:12
パッチワークの会の皆さん、やる気満々ですね。基本からしっかり、道具の使い方から縫い方まで、とてもきめ細やかな指導で良いですね。こんなふうに教えて貰えたら私もやってみたいです。長時間ですよね、ママンさんお疲れなきようにご自愛くださいね。
2010年06月03日 20:05
blueroseさん
初めまして。
ま~作品展も見ていただいているのですね、有難うございます。
そうですね、古布はなかなか手に入れるのが大変ですが、それも楽しみの一つですので、骨董市や東京国際キルトフェスティバルのドームの古布通りや旅行などで買い求めてきます。
現代布でもパッチワーク用の布は結構なお値段ですものね。
作品もぜひ拝見したいと思いますので、作品展がおありの時は、メッセージにお入れくださいね。
ブログはありますでしょうか?これもぜひあったらお知らせくださいね。
おはずかしいブログですが、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

2010年06月03日 20:10
nobaraさん
いつもありがとうございます。
なにしろ慣れないことをしておりますので、やっぱり気がかりですね。
参加している方は皆さんほとんどが好きな方ばかりですので、興味の持ち方から違いますので、出来るだけ基本的なことは知っている限りを伝えたいと思っております。
そうですよね、nobaraさんもお手玉や洋服などもするのですものね。
今ごろの季節は、花が大変多く、うれしいですね。
2010年06月03日 20:12
ヒゲおやじさん
なにしろこちらはまったくの素人ですから、それなりのことしか出来ませんが、きれいに仕上がるコツはやはり基本を守ることのようですので、その点、出来る範囲できっちりしたいなぁと思っております。
2010年06月03日 20:14
べべコママさん
そうなんです、一日ですから、終わると結構疲れますね~~
でも、楽しいです。
皆がほんとに好きな人ばっかりなんだなぁ~~っと思います。
2010年06月05日 14:24
友達のKさんから和布の細工物を教えてもらうようになって3年目。最初は母がまだいましたから行ける時に、体験のみ・・でしたが今は月1で行けてますます和布の魅力にはまっています。先週もOL時代の先輩と伊豆稲取に旅行に出かけて、そこで「端午の吊るし飾り」を見てきました。圧倒されました。 キットを・・と思ったのですが高くて(^0^; またいつものKさんに教えてもらおうと張り切って帰って来ました。 何事も基本が大切ですものね。それがきちんと身についてきたらある程度の手抜きもできると思うのです。
2010年06月11日 21:31
mintさん
お返事が遅くなりました申し訳ありません。
和布での細工物は手がかかりますね。
でも、出来ると楽しいですし、いつまでも楽しめますね。
お忙しいのによく作っていますね。
つるし飾り、ママンも作りたいです。
基本をしっかり覚えてほしくて、今何回も繰返しております。
7月一杯くらいは今の調子でやって行きたいと思っています。
あとは、楽に作れるようになるでしょう。
これからも楽しみですね。
mintさんも楽しそうに作っておりますね~~

この記事へのトラックバック