秋はパッチワーク作品展の季節、2箇所行ってきました & 10月のパッチワーク例会

   
  秋はパッチワークの作品展にはぴったりの季節。

土曜日2日午後、新聞に載っていたグループの作品展(まったく知らないグループ)を、天童市まで、古株さんたち(もとい!ベテランさん達)だけで行ってきました。
新聞の有料イベント欄に載っていますから、きっと規模は大きいでしょう~~
車で30分くらいはかかりますので、2台で行きました。

家一軒をすべてパッチワークで埋め尽くした、大変大きな見ごたえのある作品が多かったです。
写真は禁止ですから、皆さんにご紹介できないのが残念です。
花柄のコットンが大変華やかな雰囲気です。
ママン達の古布とはまったく違う色調ですが、パターンの使い方が大変勉強になりました。


もうひとつ、東村山郡山辺町(やまのべ)へも行ってきました。車で20分くらいです。
こちらは作品の数は少な少なかったのですが、ミシンを使ったもので、カラフルな自由奔放な作柄でした。

さ~半日たっぷり見ました後は、山形市内に戻り、ファミレスで<スィーツ>を食べながらのパッチワーク談義。

こんな風にしてほかの作品展を見ると刺激になります。お話もまわりを忘れて声も大きくなってしまいました。


さて、わがグループをかんがみまするに~~新人さんたちのこれからの<生地=古布>の入手ですねぇ。 
明日は諏訪神社の骨董市なので、このメンバーで買出しをして、みんなに必要な布を買ってもらったほうが良いのではっということになり、明日11,00諏訪神社集合と言うことになりました。
~~~~~~~・・・・・・・~~~~~~

毎月、<第一日曜日は諏訪神社骨董市>
最近は全国的な雑誌にもその開催日が載っています。
15軒くらいは毎月お店を出します。
そのほとんどは骨董品の瀬戸物や古民具などで、布を扱っているのは、5~6軒くらいです


さてさて、日曜日、11・00~
昨日行けなかったSちゃんもさそって、骨董市に出掛けました。
また声をかけなかったのに、新人さんたちも何人か来て、布のお勉強会のようになりました。

<円あみ>骨董屋さんはもう20年ものお付き合いですから、いろいろわがままも聞いてくれますし、皆言いたい放題でこれどう?これだめ?っと実地勉強です。
古布と言っても、昭和に入りますとかなり布としては薄かったり、科学染めになりますので、見極めがなかなか難しいのです。
自分で買うものをおまけしてもらったり、こられない方のためには、藍や緑の古着や、更紗などのきれいな布になったものなどを買い求めました。
2日間続けてこうして集まって、さらに明日はパッチワークの例会ですから、3日間連ちゃんです。
なのに、このあとはお昼も一緒に食べました。

食事中もあと何年できるかしらねぇ~~、また布買ったから頑張らなくてわねぇ~~っと楽しいおしゃべりに花が咲きました。

せめて、80歳までは頑張りたいねっ!!

ええっつ!!あと13年だじゃあ~~(ママン)
私なんか後5年しかないじゃあん~~(Sちゃん)

まあ~~ま~~出来なくなるまでしようねぇ~~あはは~~
良いお天気に誘われて楽しい2日間でした。

そして、さてさてさてな、月曜日は第9回のパッチワーク例会。
前回に続き、サンプラーキルト(パッチワークの布の組み合わせの型の種類)のお勉強です。
今回は、自分で使いたい型を9~12枚を決める日です。
各自書いてきたものを白板に貼って皆で全体的に図形が偏らないようにとか難し過ぎないか、簡単すぎないかなど、半日をかけて見ました。

画像

画像

画像

作例を見ながら、追加の図を探したり、色の参考にしたり模しました。

その後は、諏訪市で買ってきた布と、ママンの持っている布の中から手放すものなどを見てもらって、欲しい物をほしい人だけ買ってもらいました。(全部なくなりました)

午後からは型紙を作ったり、布を具体的に合わせてみたりで、本日もあっという間に過ぎてしまいました。

いやぁ~~大変な世界に首をつっこんだと思うと、SAちゃん・・・
なんでぇ~
だって、私に出来るかしらっと思う気持ちと、もう楽しくて楽しくて、両方の気持ちがこんがらかって~~

もっと気楽に行きましょう~~気楽に。
ほんと、みんな真剣で、まじめなんだからぁ・・・・!!

ママンも新しい製図に取り掛かりました(160×160)
サークルの皆さんの頑張りがとても力になっております。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年10月05日 12:20
ホントに秋は特に和を感じる季節、昨日もたまたま出かけたいつも行くホームセンターで古布細工の作品展があり1人でじ~っと見て来ました。いつも教えてくれているKさんとはまた違う味わいを感じしっとりした気持ちで帰ってきました。 事故休暇最後の今日、午後から手芸でもやりましょうか。
bluerose
2010年10月06日 16:30
こんにちわ♪
私も山辺のキルト展には行ってきました~それほど長くは見られなかったけど、個性的なキルト、凄く面白かったですね。
お隣の市でもあったんですね~それは残念ながら見逃しました(涙)
毎回例会は熱気であふれていますね~素晴らしい作品が出来ること楽しみにしていますね。
2010年10月06日 18:04
前途洋々の夢が・・とめどなく広がっていっていいですね~~
たくさんのお仲間と一緒にきっとガンバレますよ!
コチラの友人は一辺が2㍍以上との規定に今回は出品を見合わせました。
だから天神の彼女のサークルにはどうしましょうね~
ママンのこのお話を彼女にもしてまたやる気を出して貰わなくっちゃ!
マイパークのフリマで、良さそうな古布が出ていました。
小物でもいいのにね~と私は思いますが(いろいろあるのでしょうね)
2010年10月06日 18:06
最後の行が次の行と入れ替わってました。↑ゴメンンサイ m(_ _)m
2010年10月06日 22:54
いつまで~・・・そう出来なくなるまでですよね。お気に入りの布を見つける皆さん気合がはいってますもん。素晴らしいお仲間と一緒ならまだまだ頑張れます。いいですねぇ、羨ましいです。それにしてもママンさん忙しいですね。
2010年10月07日 19:57
mintさん
秋はパッチワーク作品展の非常に多い季節です。
やはり、綿が入っていますから、涼しい気候のほうが合うのでしょうね。
今日も盛岡の古布小物展のはがきが来ていました。
楽しいですよね。
いよいよ現場復帰ですか。
これからもお大事に、運転がんばってくださいね。
2010年10月07日 20:05
blueroseさん
ま~そうでしたか。
色もきれいで、自由な発想がうらやましいほどでしたね。
パッチワークもいろいろな手法がありますので、拝見するととっても刺激になりますね。
天童市のほうのは、数も大変多く、見ごたえがありました。
年齢的にも幅広く、まだまだやれそうとママンも元気を戴いてきました。
そうなんですぅ。皆さんほんとに一生懸命ですので、はやく進みすぎないように、と思いながらお勉強しております。
どんな作品が出来ますやら、これからもう少し時間をかけて製図を完成したいと思っております。

2010年10月07日 20:12
nobaraさん
そうなの、夢だけは大きく膨らんで~~~!
今回は20センチのサンプラーを、9~12枚と自己申告で大きさを決めます。
1メートル四方ぐらいを目標としています。
2メートル以上では大変ですね。ママンもこの次は160~180くらいでやりたいと思っています。
少し、時間をかけてね。
小物のほうがむずかしいですね~~(創作ですと)
2010年10月07日 20:15
べべコママさん
布の魅力はなかなかのもので、見るとほしくなるのですよ。
高いと言っても、見て買って、作って、残って、何度も楽しめますから、幸せですね。
一緒に作ることで、意欲も刺激も戴くように思います。

この記事へのトラックバック