山形市の悪戸芋(あくどいも)・・・一番おいしい里芋 & 新米を買いました、一年分

山形では家庭料理として、今頃の時期には<里芋>を使って何度も芋煮をします。

さ~今晩はその中でも特においしいとされる<悪戸地区の悪戸芋>が手に入りましたので、早速煮てみました。
見ただけではわかりませんが、強い粘り・もっちり・ふっくら・なめらかな食べ心地は言葉で表現できないものです。

最近はTVでもご当地グルメとして紹介されておりますが、なかなか手に入りません。

画像

画像


~~~~~~~~~~~~~
山形市悪戸地区に古くから伝わってきたとされる「悪戸いも」は、さといもの一種。一般的に出回っている「土垂」(どだれ)と比べるとイモ肌は白く、もちもちの食感と強い粘りが特長。煮くずれしにくという良さもある。しかし、需要が伸びるいも煮会の時期に収穫が間に合わないということで、一時期はほとんと栽培されなかった時期も。そんな中、その味の良さをPRし続けた生産者の努力により、山形市の特産品として、堂々と復活。消費も増加傾向にある
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この地名がインパクトありますね。


ダディのお友達が毎年新米を譲っていただいていると言う方とご縁が出来、あきたこまち30キロ袋×10俵購入させて戴くことが出来ました。我が家のほぼ一年分です。必要な分はその都度精米して食べます。

先日のつや姫はおいしいのですが、ママンちのように大家族ではとても経済的に無理です。
お値段のほうも例年の購入価格よりもお安く、お味のほうもよろしいそうですので、安心ですね。

そのお米の生産者の方からおまけとして戴きましたのが 悪戸芋です。

ほんとにおいしかったです。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

花いちもんめ
2010年10月08日 21:24
悪戸芋、値段がホントに高いですね!
調べて..吃驚しました。
此方の里芋もそろそろ収穫の時期が来たようで..
葉が少し枯れ始めました。
この辺り(武蔵野)里芋、とても美味しいんですが
悪戸芋には、ぜったいに負けますね^^;

今月半ば過ぎ角館・横手・山寺他を旅しますが
悪戸芋つや姫がどこかで食べられたら~いいな^^
2010年10月08日 22:37
ワンランク上のカメラの使い心地はいかがですか?
「悪戸芋」知りませんでした。
初めて見聞きしました。
美味しいと聞いたら、一度は食べて見たいですね。
2010年10月08日 23:09
いやー、見た目にももちもち感はわかりますよ。これは美味しそうですねえ。
土垂は有名ですけど、そうですか、そんなサトイモがあるのですか。初めて知りました。芋煮には最高ですね。他の地域では作らないのですか?
何か、勿体ないような。
砂の舟
2010年10月09日 15:44
悪戸芋、土垂、どちらも江戸時代の食材のような呼び名ですね。
徳利の手酌で芋煮を食べれば、秋の宵に似合うでしょう。
もっちり感が、羨ましいです。     (関西の老人より)
2010年10月10日 09:14
悪戸芋とはネーミングもインパクトがありますよね。アクが強い?秋の味覚を存分に味わいたい旬の芋、さぞ美味しかったでしょうね。
2010年10月10日 11:06
花いちもんめさん
こんにちわ、いつもありがとうございます。
悪戸芋は地元の方もあまり食べられません、ほとんど売っていないのです。
口コミや知り合いで取引しているようです。
ほんとにおいしいです、自家製のでも負けますね。
つや姫はきっと会えると思います。
2010年10月10日 11:13
ろこさん
ワンランク上のカメラは、実はお値段だけでママンにはワンランク下でもおんなじことだったのですが~~気分だけ(^o^)丿
同じ芋でもこんなに違うのねっとわかるほどです。
2010年10月10日 11:16
ヒゲおやじさん
この里芋は、ママンも良くわかりませんが、種芋の違いと言うより悪戸の土が里芋にいいらしいんですよ。
だからほかで作っても悪戸芋にはならないらしいんですね。
そんな作物って結構地域にあるようですね。
2010年10月10日 11:20
砂の舟さん
初めまして。
そうですよね、藤沢周平の海坂藩に出てきそうな~~(~_~;)
日本酒に悪戸芋・・・あいますねぇ。

2010年10月10日 11:25
目黒のおじいちゃ~ん
あくが強い!・・・はありません(^^ゞが皮を抜くときは生のままではものすごく手がかゆくなりますので、いったん5~6分皮のまま煮てから包丁でなでませんと大変です。
おいしさが違いますので、子供たちでも完食します。
2010年10月10日 13:47
秋です。里芋の季節ですねえ。
『悪戸』という地名は強烈ね。なにか言い伝えがありそうな名前だわ。
東北といえば芋煮、芋にといえば里芋ですから山形の方々は里芋の味には“通”なのでしょうね。その人たちを唸らせる味を是非食してみたいものです。
ママンさん、カメラ買われたのですね? わあ、羨ましいよおー。
2010年10月10日 17:56
こんにちは♪
悪戸芋インパクトありますね~
写真から粘り・もっちり・・伝わって来ます。
美味しそう口の中でとろけそうですね~
新米とこのお芋があれば他に何もいりませんね
2010年10月10日 21:44
「悪戸芋」名前からは想像ができない美味しさなのでしょうね~! ねっとり感がこちらまでしっかり伝わりました。 サトイモの美味しい季節ですね。明日は我が家もサトイモ料理でも作りましょう。 
2010年10月11日 10:35
芋類が美味しい季節ですね。悪戸芋のもっちり感写真からも伝わってきますよ。とろりと美味しそうです。お米も凄い量ですね。そのお米のおまけが悪戸芋で貴重なおまけだった訳ですね。食べてみたいですねぇ。
2010年10月11日 19:42
けっこちゃーん
こんばんわ!そうですねぇ~この地名は。
結構各地にあるらしく、湿地帯のような意味があるらしいのですが、土地が非常に里芋に向いているのと、お米もおいしいとされています。
食べる回数が半端ではありませんので、他県産のものは淡白だと言うことがはっきり分かってしまいがちですね。
そうなの!カメラ買いましたぁ~修理代があまりにも高くて。
2010年10月11日 19:43
せんこさん
ありがとうございます。
この芋は一年に一回食べられればいいほうですね~~おいしいです。
2010年10月11日 19:44
mintさん
季節のものはおいしいですね。
沢山出回っているうち沢山食べましょうね。
2010年10月11日 19:47
べべコママさん
そうなんです。
30×10=ですから昔風に言えば60キロ俵5俵ですね~~
よく食べるものです。
お米の生産者が悪戸の方なので、おまけでした。
2010年10月20日 16:26
こんにちは~
ママンさんのお宅は、1年で10俵かと思ったら、10袋でしたか。(^_-)
我が家は大人6人居ますから、1年で7俵ほど残して、後はお友達のお友達と一緒で友達や親戚、知り合いに買っていただきました。
その時に、今年は里芋は間に合いませんでしたが、かぼちゃやサツマイモなどその時にある野菜を一緒に差し上げます。
それにしても、里芋でもいろいろな種類があるのですね~
写真はお肉と一緒に煮てあるのでしょうか・・美味しそうですね~
私は、赤いもと白いもの違いしか知りませんでした(^^ゞ
2010年10月21日 07:28
つれづれさん
おはようございます。
わお~~7俵ですか!そうですよね。
おいしいお米は食もすすみますね~
そんな時にいただくお野菜は楽しみですよ~~
お近くだったら、譲っていただきたいのですが!残念ですぅ。
里芋は牛肉と煮ています。
種類、ママンもあまり知りませんけど、ヒゲおやじさんとこでもおいしそうなのが何種類かありますよね。

この記事へのトラックバック