秋田名物きりたんぽのママン流おいしい煮かた &  簡単あさりのあっさりスープパスタ 

秋田のママンの実家からきりたんぽが送られてきました。毎年新米の季節には送ってくれます。


例年、きりたんぽの前後にはイチジクを大量に送ってくれるのですが、今年は実が熟さない前にほとんど落ちてしまい、送られないということでした。原因は猛暑らしい。
生柿もいつもなら200個くらい送られて来て、干し柿にするのですが、今年はこれもほとんどならず、送れないとのこと。
異常気象はいろんなところに出るものなのですね~~



新米のもち米も入っています。せりやごぼうも。
フンタンやトッティにもお菓子も入っています。
ありがたいことです。

画像


さて、晩御飯は早速きりたんぽ鍋にしましょう~~
っと言っても、我が家ではお鍋風につついて食べず、どんぶりに盛り付けて食べます。
なぜかというと、煮こんでいるうちに、どんどん柔らかくなって、汁にきりたんぽがとけて、どろっとしてしまいます。

6人前
鶏肉300g・糸こん1・油揚げ2枚(5ミリくらいの短冊切り)
せり2把・ねぎ3本・ごぼうのささがき1本分・きのこ(なんでもいい、今日は栽培シメジ)
醤油・砂糖大匙2

たっぷりの水で肉・糸こん・油揚げ・ごぼうのささがき・きのこを煮たて、醤油砂糖で味を調えます。
画像



煮立ってきたら、ねぎとせりをおつゆがまったく見えないくらい沢山上にのせ、ひと煮立ちさせます。
画像



その上にきりたんぽを3等分に切ったものを並べます。
画像



ふたをして、さらに煮立ったら、煮過ぎないように、手早く盛り付けます。
画像


ほとんどの方が煮すぎてしまい、きりたんぽはおいしくないと言いますが、このタイミングが大事ですね~
味が浸みるまで煮たらぜったいどろどろになってしまいます。
汁にきりたんぽをつけながら食べるような感じだと歯ごたえも残っておいしいのですよ。

フンタンがもちもちっとしておいしいねぇ~ って言いましたよぅ。




もうひとつ、生協で、とってもおいしそうなあさりが見つかりましたので、簡単あさりのスープパスタを自己流で作ってみました。

二人分

あさり一パック   たまねぎのスライス4分の一 たまねぎの塊をスープに入れて煮る
酒50CC
コンソメ1     塩胡椒 少々
水500       一緒に鍋で煮ます。
煮えあがったら、バターを小指の先ほど少し入れます。
          冷凍保存の大根葉少々(ほうれんそうでもなんでもいい)

画像


その間にパスタを茹でます。
茹で上がったパスタをお皿に盛り、その上からスープごとあさりをそそぎ、バジルを振って出来上がり。

画像







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年10月14日 23:45
へー、どちらも美味しそう。
きりたんぽなるもの、聞いてはいますけど食べた事はありません。
テレビなんかでは、囲炉裏の端に串に刺して焼いているのを見るくらいです。なるほど、こうやって食べると美味しいのですね。
アサリのスープパスタは、何ともまあ美味しそう。こんな夜中なのにお腹が鳴っています。マジで、本当ですよ(笑)。
2010年10月15日 04:46
この夏の猛暑の影響で、野菜や果物に影響が出ているようですね。味覚の秋・食欲の秋を楽しみにしている人には、少しもの足りなさを感じるかもしれません。
これから徐々に気温が下がると、温かい鍋料理などが恋しくなりますね。
2010年10月15日 10:07
私もきりたんぽは聞いたことがありますが、まだ、食べたことがありません。とっても美味しそうです^^これからの季節、温かくて、おなかも一杯になりそう。
2010年10月15日 20:15
きりたんぽ美味しそうです。
ねぎやせりの風味は最高ですね~。♪
家でもつくってみたいです。
2010年10月15日 20:50
ほんと、どちらも美味しそう♪きりたんぽ、今年もこの間食べましたよ。季節ですものね、スーパーにお目見えしました。大好きです。鍋にするのですが、そう油断するととろけてしまいます。こんな風に食べるんですね。セリや牛蒡の風味がいいですね。
2010年10月16日 18:30
なるほどです。毎度料理をするたびにレシピなしのオールアバウトですからタイミングには悩まされます。生野菜も強火でさっといためるようにするとか10歳ころから
やってますけど反省がない分進歩も乏しいです。家内が風邪で具合が悪いので一週間3食作っていますがやはり専業主婦には及びませんね。お雑煮だけは餅が溶ける寸前を好みます(これ私だけですが)食べた事のないきりたんぽ鍋を作ったら多分ご指導に反したものを作っていたでしょうね。いいお話ありがとうございました。
2010年10月17日 11:49
ヒゲおやじさん
やっぱりきりたんぽは寒いところで食べる食なんでしょうね~~
ママンちでも年に一回か2回です。
アサリのパスタ、お年より向きで、あっさり簡単がいいですね。
スープがおいしかったです。
2010年10月17日 11:51
庭花さん
微妙な気温の変化が、様々な作物に影響しますね。
ほんと、こちらはすっかり鍋物の季節です。
2010年10月17日 11:51
湖のほとりから・・・さん
最近はスーパーでも売っていますので、ぜひお試しを・・・。
2010年10月17日 11:54
あ~~ほたるさんちのネギの畑!一番うらやましいです。
今年はネギを植えなかったのですぅ。
実家の母は、山形にはせりが無いと思っているらしくて、いつも入れてくれます、あるっと言っているのですが、その時期になると忘れるらしいのです。
2010年10月17日 11:55
ま~べべコママさん
食べましたか。うれしいですね。
野菜が沢山入りますので香りもいいですね。
2010年10月17日 11:59
目黒のおじいちゃ~ん
ま~まめになさって差し上げているのですね~すごいなぁ。
ママンもほとんどオールアバウトですぅ。
やっぱり、目黒のおじいちゃんのようなお好みの方もいらっしゃいますよね~~きりたんぽも、次の日まで残ったら、ママンもそんな風なのをおいしく食べます。
2010年10月20日 16:29
私もきりたんぽは食べたことがありません。
お米で作られているんですよね・・
きっと目にしても食べ方が判らないので、買うことも無いのでしょうが、こうして見ると美味しそうで、食べてみたくなります。
それにしても、心配りの贈り物ですね・・今はどこでも同じものが買える時代ではありますが、お孫さんたちにまでの心配り・・見習わなくては・・
有難いことですね。(^^)
2010年10月21日 07:44
つれづれさん
昔の保存食らしいのですが、今は名物ですね。
実家では、離れて暮らしているということで、嫁いでこのかたほんとにまめに送ってくれます。
ママンは案外娘にもあまり送りません。
送ろうかなっと思っても、忙しくて直ぐ食べられなかったりするとかえって困るかななんて思ったり、薄情な親なんです。

ほんとに実家の兄嫁さんは同じ年なのに、いつもお姉さん以上にありがたい存在です、見習わなくてはっといつも思っています。
なにより、母の世話を娘以上にしてくれます。

この記事へのトラックバック