<温泉ゆぴあ>へ・・・ぷくたんたちと  & ・・・お正月は… & 納豆汁  そして・・・

年末は東京の娘一家が里帰り・・・

天気予報では大雪・暴風と竜巻の予想で、どうなることかと思っていましたが、比較的穏やかな毎日でした。
29日9時頃出発、30日早朝に着きました。高速は混まなかったそうです。


日中は、楽しみにしていたフンタンと一緒にパソコンでお絵かきをするぷくたん。
トッティはさすがにもうおにいちゃん然としております。
画像




夜は家族全員揃いました。

御馳走は<芋煮>とはいむたちのお土産の<タラバガニ>です。
テーブルとおこたを出して9人で食べました。

画像



31日は午前11時から<天童もがみ温泉ゆぴあ>へ。
車で20分くらいでしょうか~~
田んぼには雪が少し積もっています。行く途中は沢山の果樹園です。
さくらんぼ、りんご、ラフランス、桃・・・果物の木が今は静かに春を待っています。
枝の若木がきれいに伸びています。もう少しすれば、これらの枝を切る剪定の時期になります。

画像


さ~着きました。 庭にはんなりと積もった雪。
画像

その向こうにも果樹園が・・・。
枝枝の間が心なしか桃色に見えます、春のつぼみが少し鼓動し始めているのでしょうね。
画像

部屋を借りて、温泉に浸かって、レストランでお食事をして、その後お昼ね。

一足早くダディと家に戻り、夕餉の支度。
大晦日はてんぷらを揚げてお蕎麦をいただきます。
いつもの年は、12時近くに年越しのおそばをいただくのですが、今回は夕食として8時くらいに食べました。

お蕎麦は例年のごとくダディのお友達の手作り・・・
写真を忘れましたが、本職顔負けの美味しい~~お蕎麦でした。

お酒を飲みながら紅白歌合戦を見て、新しい年になるまで起きていました。
新年の挨拶をしてからそれぞれ寝ました・・・。


さ~20011年の朝です。

   <明けましておめでとうございます>
    <今年もよろしくお願い致します>
     <はい、お年玉!!>
それぞれにご挨拶。
皆でお節料理を作り、全員がテーブルに着きました。
画像


      お刺身の盛り合わせ
      数の子豆(秘伝豆を戻して茹でたものに水をさ~っとかけて熱を取り、塩数の子の塩をぬいて生のまま、      その上から熱い醤油タレをかけたお正月料理)
      煮物   

画像画像画像


      かまぼこ類の盛り合わせと佃煮
      一本漬けの白菜
      ひょうの煮物(スベリヒユ・糸こん・油揚げのしょうゆ味)

画像画像画像

      山形のお雑煮(今年餅つき機を買ったので、お供えと本の餅をつきました。
               里芋・糸こん・ネギ・白菜・牛肉・干しぜんまいでしょうゆ味も作りました。)

画像


      食べ終わってからは、子どもたちでフラフープ遊びで盛り上がりました。
      フンタンが以外に上手で4本同時で15回くらい出来ました。
      いやぁ、その格好のおかしいこと、かわいらしいこと、皆で腹を抱えて笑いました。
      さすが、トッティは35回まで出来ました。
画像





       2日目、山形のもって菊のおひたし・・・季節はずれなのに売っていました。

画像


       はいむの希望で<納豆汁>を作りました。
       芋がら・・・今回は既製品を使いました。
画像



        材料は<こんにゃく・里芋・ニンジン・ごぼう・ぜんまい・白菜・油揚げ・豆腐>
              里芋は輪切り、ニンジン類はさいの目に切り、一緒に煮ます。
        納豆はすり鉢でほどよくすりつぶしておき、具が煮上がったら味噌と一緒に入れます。
        最後に豆腐を入れます。



画像画像画像

画像


         食べる直前に熱々のところを器に盛り付けてから<やくみ(ネギ・せりのみじん切り>を多めに入れ          て出来上がり。

         これは、秋田の<キャノコ汁>や青森の<けの汁>に非常に似ていますね。


         次はママンの希望で<ピザ>を娘はいむが2枚作りました。

         パン焼き器で、パン生地をこねて、トッピングを載せて、ガスレンジの中の
         両面魚焼き器で6分で出来ました。
         (魚焼き器でこんなに簡単に焼けるなんて!!)
         すごい、上手に美味しくできるんですねぇ~~!!さすが!!
         配達して食べるのよりおいしい!!



画像





さ~食べるお話ばかりで恐縮でしたが・・・・もうぷくたんたちの帰る時間が迫っています。

皆で記念写真を撮りましょう~~また逢う日まで。

トッティたちは、ママの実家のほうで会食ですので、おりませんが・・・

画像



こうして、あっという間に<お正月 >は過ぎてしまいました。
今年もみんなに幸多い年になりますように・・・・・!!







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2011年01月05日 11:11
ご家族がそろってのお正月。
皆さんの笑い声が届いてきます^^
今年も皆さんが健康で、楽しく過ごせますように・・・♪
2011年01月05日 14:48
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

とっても賑やかで楽しそうなお正月。
やっぱり家族が揃うのは嬉しいものですね。
でも沢山のご馳走作りと主婦は大忙し、ママンさんどうもお疲れ様~♪
我が家も娘や孫、孫の新しいワンコまで加わって大賑わいでした。
今は静かになってホッとしたようなちょっと寂しいような・・。
2011年01月05日 21:21
湖のほとりから・・・さん
ありがとうございます。
そうですね、健康第一、そして楽しいことが沢山できるように毎日を贈りたいと思います。
2011年01月05日 21:24
けっこちゃーん
ありがとうございます。
にぎやかでした。もっと日にちがあるといいのですが・・。
なるべく郷土の料理をと思ってしまうので、どうしても忙しくなってしまいますね。
けっこちゃーんのところも想像するとにぎやかそうですね~~
そうなの、静かになると、なんか気が抜けてしまいますね。
2011年01月07日 09:16
あけまして、おめでとうございます(^.^)
ママンさんのお料理を見せていただくと、つくづく所変われば・・って思います。珍しい食べ物ばかりです。
スベリビユって、懐かしい名前で、私が小学生の頃植物採集をした時に名前を覚えました。こんな時代に覚えた物は年を経ても覚えているものだと思うと共に、これが食べられるとは、初めて知りました。
賑やかで楽しそうなお正月を過ごされましたね。
ひとつ・・教えていただいたこと。
おせちは大晦日に作らなきゃ!と一人で奮闘してましたが、考えようでは当日作ったほうが美味しい物もありますもんね。
芋がらは納豆汁の中に入っているのでしょうか。
ぜんまいの煮物は昔は我が家のお正月の定番でしたが、今はもう採ってくる人が居ないので、口には入らなくなりました。
ママンさんの記事を読んでいると、「大変だ!大変だ!」と言っている私が恥ずかしくなります。もっと今を楽しまなくちゃいけないですね(^^ゞ
2011年01月07日 10:25
賑やかな食卓いいですねぇ。それに温泉も。納豆汁温まりそうですね。真似して作ってみます。
2011年01月10日 18:56
つれづれさん
おめでとうございます。
そうですね、ママンも山形にお嫁に来た当時は戸惑うことばかりでした。
畑中に生えているスベリヒユは秋田ではまったく食べませんのでびっくりでしたね。
でも干物としてのスベリヒユは、なかなかいけますよ。
おせち、何年か前までは、酢の物や昆布巻き黒豆きんとんなど沢山作ったものです。お雑煮などは3日分くらい何にもしなくてもいいほど作ったのですが…
時代とともに若い人たちの好みに合わせてきています。
ママンも年齢と共に、一人で台所に立つのは億劫になってきていますので、皆に協力してもらって、なおかつなつかしさも取り入れて簡略化しています。
そんなことはありません、つれづれさんの年齢頃が一番大変なのです。
あちらこちらに待っている方が沢山いますものねぇ。
もう少しそんな忙しさが続くのでしょうね。
2011年01月10日 18:58
べべコママさん
今年は家に居ることが多くてにぎやかなお正月でした。
雪も多く、外遊びも出来てよいお正月でした。

この記事へのトラックバック

  • あけまして・・・ぷくたん作 絵本つき(親バカ御免)

    Excerpt: 毎年「まめな更新を」と抱負を持つものの、ままならないままに6年半(^^; 「オラの日常」をごらんの皆様、いつもありがとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 Weblog:  オラの日常 racked: 2011-01-05 01:51