さ~パッチワークな毎日の始まりです…  & ママンのサンプラー & ママンの母が・・・

あっという間に一月も10日過ぎました。

皆が出かけた後は、その日の家事を片付けて机に向かいます。
今年に入ってからはパッチワークはほとんど出来ませんでした・・・が。
前回12月28日にアップしてから5枚出来ましたので、合計41枚になりました。(一枚が12センチ四方)
画像画像画像
       海上の嵐             折り紙              さまよえるオランダ人


画像画像
    
        おばあちゃんの花園       うるさいはえ



だんだん行き詰ってきます。
全体の構成を考える時期になってきました。
これから作るものは、<全体のバランス>を色や形で考えながら作らないと、ただまんべんなく作ったというふうになってしまいがち。

出来たものを並べて一枚のタペストリーとしてまとめるにはどんな構成が必要か、サンプラーをつなぐもの(ラティス)をどんな形にするのか、ボーダーはどうするのかを具体的に考えなければなりません。


今月のパッチワーク例会が17日(月)行われますが、<東京国際キルトフェスティバル>のことがありますので、まずはそちらを優先して、その後考えることにしましょう。



さて、ママンは月に2回くらいは実家に電話します。
89歳の母に余計な心配をかけないように、ただひとつできる親孝行かと勝手に決めているのですが・・・
最近は午前中は寝ていることが多い。
お正月も落ち着いたので電話をしたら、やはり午前中は寝ていました。
午後4時くらいに掛けたら、出てきました。
お昼からお医者さんへ行ってきたそうで、顔が浮腫んでだるいとのこと。
診断では肺に水がたまって浮腫んでいるのだそうです。

ひいじいも何度かそんなことで入退院をしました。

やはり、あんなに元気だった母も、寄る年波には勝てないのでしょうか。
まだ入院していないので、そんなにはひどくないのでしょうが、心配ではあります。
兄やお義姉さん、孫もみんないますので、心配はないのですが…、
初めて心細く思いました。母もとても弱気のようです。
お義姉さんが勤めていた2年前くらいまでは、孫ならず、ひ孫まで育ててきたばりばりのおばあちゃんだったのですが、最近は安心したのと、年なので弱くなりました。
ディサービスにも週一行っていますが、こんな状況ではしばらくいけないでしょうね。
離れていると何にもできないので、お義姉さんによろしくお願いするしかありません。

なるべく春には行って見たいと思います。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ももたん
2011年01月12日 11:13
 遅ればせながらのおめでとうございます。腰痛術後の経過も良好です。一ヶ月、家を空けて帰宅したら辺りは雪で、道路は凍っていて怖くて一歩も外に行けません。だから冬篭りに徹することにしました。
 とてもお元気だったお母さんが弱気になられたとは心配ですね。家族がご一緒ですから、できれば入院せずに通院で回復されるのが一番かと思います。昨年、お会いした時には、70歳の後半の雰囲気でしたから、大丈夫と思いますよ。離れて暮らしているあなたにしてみれば、気になりますよね。
2011年01月13日 15:52
ももた~んお帰りなさい。
順調に経過!うれしいです。
そうね、家の中で静かに歩いてちょうどかもしれませんね。
実家の母、やはり一年とも言えませんね。
元気な人なだけに、情けなくているようです。
家族が面倒見がよいので、助かります。
春にでも行くようにしたいと思いますので、その時にはももた~んのお顔だけでも見たいとお思っています。
ありがとうね。
2011年01月13日 20:03
ママンは凄いですね~~
サンプラもひとつひとつが素敵です。
それをまた纏めるのが悩むとこなんでしょうね~

お母様、ママンのお電話が楽しみなんでしょうね~
肺に水が・・ですか。
皆さん(ご家族)がやさしくなさっているようで救いですね。
いままでしゃきしゃきなさってた方は
どうして~と、情けない思いをなさったりするのでしょう・・
暖かくなればまた気持ちも上向いていらっしゃるのではなでしょうか
2011年01月15日 09:30
サンプラー次々出来上がってますね。それぞれの名前が楽しい♪一枚のタペストリーになったら見事でしょうね。
お母様、離れていると様子が見えないだけに心配ですね。春になったら、ママンさんのお顔を見たら元気が出るでしょうきっと。暖かい春が待たれますね。
2011年01月16日 08:36
nobaraさん
ありがとうございます。
サンプラーを作ることが一日の中のワンポイントのような感じでしょうか^_^;

そうですね、母も春になれば畑も見られるし、気分も前向きになれると思うのですが・・・。
健康も思うに任せないときは、心まですぼんでしまいますね。
2011年01月16日 08:40
べべコママさん
サンプラーの名前ってほんとに面白いですね。
名前も同じものなのに、色々あるときもありますし、分割の仕方によって、色の濃淡で、まったくちがったものが見えてきますので、無限大の可能性が感じられて奥が深いですねぇ。
母のところには春にでもと思っております。
年をとるということは何につけても不安なものですね。
2011年01月17日 12:29
こんにちは~
私など、そのサンプラーひとつ作るにも、迷って迷って結局は自分の好きな布を使ってしまうので、変わり映えのしない同じ感じになってしまいます(^_^.)
それをまた纏めるなんて、迷ってしまってそのまま・・な~んてことも。(笑)
お母様・・離れてらっしゃるから、余計に心配になりますね。
私の父も6日から入院しまして、その付添や退院してからの介護保険の手続きなど、姉弟手分けしてして大変な年初めでした。
その父も昨日辺りではずいぶん元気になってきて、ホッとしてますが、入院中はどんどん体力や記憶が無くなってきて、どうなるか・・もうダメかもと下の弟に電話をしてしまいました。
今まで居て当たり前の人の元気がなくなるのは寂しいものですね・・
2011年01月19日 08:07
つれづれさん
おはようございます。
パッチワークの楽しみはやっぱりそうした迷いですよね~
縫うことはある意味苦ですけれど、布あわせを楽しんでいるときが一番楽しいですね。
自分らしさがいいのではないでしょうか。
ママンもあまり奇抜な?はっきりしたものは作るのが苦手です。
ま~やはりお父様が…気持ちのほうが先に萎えてしまうのでしょうね。
母も一昨年くらいからかなり元気がなくなってきています。
気持ち元気な人でしたから、それでママンも元気をもらっていたのですが、今度はこちらから元気を送りたいと思っています。

この記事へのトラックバック