古布のパッチワーク・・・ママン達の2月例会(第17回)   

さ~今月も皆さん頑張って作ってきました。
ラティス・ボーダーも付きました。
まだ練習作品とは思えないすばらしい出来栄えです。
縫製も皆さんきれいです。
画像画像
ラティス・ボーダーの色で雰囲気が違いますね。


画像画像
こちらはラティスに小さなピースを組み合わせたり、線をいれています。

画像画像
こちらはボーダーに細かいピースを並べて線にしています。



しっかりトップのサンプラーキルト・キルト綿・裏地布が一枚のタペストリーとして、姿を現してきました。
同じような形からその人の個性あふれる<色あい>がうまれ、ラティス・ボーダーをどんな風にするかでも感じがなかなか違います。
画像画像

一枚づつ貼って今度はこれにどんなキルト模様にするかを作者本人の案をだしてもらいます。
それを元に、足りない部分や多い部分のキルト線を皆で考えながらお勉強します。
それが即みんなの参考になりますので、時間もたっぷりとって一日ががりでやりました。
キルトは本来の意味合いである丈夫さの補強やつぎあてとは別に、今では装飾や形や色を引き立てる意味合いが強くなっています。


新しい方2名は、基本縫いの正方形12枚つづりを作っています。
布目や柄の上下などを考えたり、色合いの流れを考えたり、小さな12枚に色々な思いを載せて縫います。
画像



一人の方が手バサミにこんな細工をしていますので、皆で見てみました。
娘さんが学校で先生に教わって家庭科の時間にしたものだそうで、非常ににぎりやすく、使い心地がよいので、早速やってみたくなりました。
綿のロープで交互に巻き込み、上と下からロープの端を合わせてかがってあります。
これを教えてくれた家庭科の先生・・・すてきですね。

画像

画像




今日は疲れたという感じと、少し余裕が出来たような雰囲気で、3時にはもう一度お茶を飲んだりしながらも時間一杯を楽しく過ごしました。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年02月15日 22:23
こんばんはm(__)m
素敵なサンプラーがどんどん出来上がっていきますね。ラティスやボーダーにひと手間掛けるとやはり入れただけのことは有りますね。ラティスに細い線が入ったものはシンプルなのに締まって素敵です。白地のサンプラーもとってもすっきりくっきりで素敵!
はさみの細工はいいアイディアですね。綿ロープでなるほどぉ~って思いますが、初めて見ました。握りやすそう。
キルティングが入るのが楽しみで~す(●^o^●)
2011年02月16日 13:42
ボーダーが入って一段と素敵になりましたね。これに綿の芯を入れて裏を付けてキルティングするのですか?仕上がりが楽しみです。
2011年02月16日 21:44
こうやって見ていますと例会はあっという間に来てるような…
ママンもその間、ご自分の作業をやってらっしゃる訳ですね~
凄いと思います。こうやって作品ができあがってるのを見ると。
私は服の直しや補修しか今はしませんが
先日、umiのさげもん作っただけで大変でしたもの・・
できあがった作品にキルティングが入っていくのですね~
無限って言葉が浮かんできました。
2011年02月17日 16:54
みなさま、それぞれが素晴らしいアーチストですね。パッチワークの達人さんです。はさみにも細工をして使いやすくするなど、きめ細かな作業を垣間見た気がします。
2011年02月18日 16:46
こちらにも、失礼します。
みなさん、丁寧で手が込んでますね・・
特に白い作品がピースが細かく見えるのは、色のせいでしょうか。
出来上がりが楽しみと同時に、私もこんな風に古布の作りたくなりました。
でも、この前こうした布の端切れが売っているのを見て、ママンさんと同じ!と思いましたが、高かったです。
ママンさんたちは反物で買われて、分けてらっしゃるのでしょうか。
2011年02月18日 20:15
いつ見てもため息しか出ない素晴らしい作品達! 羨ましいし、こんなステキな作品が作れる人、尊敬しちゃいます。 ディアゴスティーニ社で3月からパッチのシリーズが出るようなので今とても興味があるんです。 マクラメとリボンレイのやりかけを仕上げたらいよいよハワイアンキルトのキットを!そしてD社のも買ってみようかな?と思っています。 握りバサミの、いいですね。 祖母が使っていた年代物を2つ使っていますが、やっぱり手のところに布を巻きつけてあったのですが、もうずいぶんとぼろぼろになってしまったので、先日ほどいてしまったばかりです。 こんな風にしてみたいですね。
2011年02月19日 21:30
patyokoさん、こんばんわ!
皆さん一生懸命で楽しくはかどっております。
そうですね、早く進んでいる方はラティスやボーダーも色々手をかけて頑張っています。
白と藍の絣だけのは本当に素敵です、さすがベテランさんです。
写真がうまく撮れていないので小さく見えますが、結構大きいのです。
このはさみのロープすごく使い勝手がよろしいので、ママンもまねしましたので、今度またアップしますね。
キルティング、しっかり練習を繰り返しております。
2011年02月22日 20:15
べべコママさん
お返事大変遅くなりました。
もうキルト綿を入れて3枚つづりになっている方もおります。
今からの方もおります。キルトを入れると一段と陰影が出来て素敵になりますね。
楽しみです。
2011年02月22日 20:19
nobaraさん
遅くなりました~~
そうなんですぅ、2週間てあっという間にやってきますね。
こうしてどんどん月日がたっていくのかと思うと、もっとゆっくり過ぎて欲しいと思います。
さげもん楽しく作ったのではないでしょうか~~
無限…そうですねぇ、
際限がないって言う感じもします。
2011年02月22日 20:21
庭花さん
その気です>>>(~_~;)
細かいところまで皆さん心砕きながらやりますね、ほかの方から見たらそこまでと思うような…。
2011年02月22日 20:30
つれづれさん
そうです、絣の白黒のものは、皆さんよりひとまわり大きな四角の中に2倍の細かさで出来ています。
実物はもっと迫力がありすばらしいですよ。
古布はほとんどが解体された布団地や綿の着物などですので、反物で買うことはまずありません。
身頃一枚とか袖一枚ですね。
更紗などは1メートルくらいで何万もするときもありますので、個人で買うのがほとんどです。
藍染でも、時代物ですので、めったに反物というのはありませんので、古い着物を買って分ける時もあります。
2011年02月22日 20:33
mintさん
ありがとうございます。
mintさんこそ、作る楽しさをいっぱい実行しておりますね。
ほんとにこうして楽しめる趣味があってよかったなぁっと思います。
手バサミにやはり・・・ママンも赤いロープでしました。
置く時も柔らかい音でいいものですね。

この記事へのトラックバック