こわかった・・・東北関東大震災!

11日、午後2:46三陸沖M8・8の巨大地震。
(13日、M9・0と変更になりました)
急にゆれだし、そのゆれ方が今までに無い強さ。
いつも居る居間はLDKになっていて、その上には総二階。
直ぐに停電となり、玄関の吹き抜けの照明がブランコのようにゆれました。
外に何時でも出られるように、玄関を開けたら、奥隣りの奥さんがコンクリート塀にしがみついて立っています。
危ないからこっちにきて~~っと叫んで、二人で家の前の道路の真ん中で手を取り合って地震がおさまるのを待ちました。

ややしばらくの揺れが収まらず、不安でした・・・。
落ち着いてから家の中に入ってカウンターを見ると、金魚の水槽の水があたり一面にこぼれています。
拭こうとするとまたぐらぐらとゆれるので、玄関に走って行き、そんな繰り返しのなかで、まもなく学校の帰りの時間になる。
家の奥の姫ちゃんのママが走って迎えに行ってくるね!!っと言うので、お願いね。
無事二人とも帰ってきました。
そうこうしている内に、家族が夕方を待たずに帰ってきてくれました。
車の渋滞がすごかったらしい。
ダディは車を置いて歩いてきました。

電気が消えて、TVがないということは、情報がぜんぜん入らない。
携帯ラジオからは、わずかな情報しか入らず、携帯からの画面の情報は大変な惨状のよう。

徐々に暗くなるので、といりあえず、冷蔵庫にあるもの、インスタントもので皆で食事を取りました。
幸い我が家は都市ガスが使えました。
水道も止まっていませんので、電気がなくてもどうにか調理も出来ました。

そうこうしているともう真っ暗。
キャンプ用のカンテラを灯し、玄関に一番近い日本間へ全員が布団を敷いて、寝ながらラジオを聴きながら休みました。
このカンテラがなかなかすぐれもので、助かりました。
その間にも何度かぐらぐらと余震が来て、今度は新潟甲信地方にも地震だし・・・
不安のままそれでも仮眠が出来ました。

朝は8・30分ぐらいに電気がつき、いっぺんにTVの情報が見られ、こんな時に新聞もいつもどおりに配達になり、
いやあ~~すごいことになっているのだと、目を見張っています。

地震の揺れはいままで経験した中では一番強かったようです。
地震直後は電話も携帯もかからずでした・・・が、娘はいむからはメールが届き、<生きてるよ!こわい>
っと返信しました。
その後も何度かメールをもらい、大丈夫と伝えました。
メールは使えました。

宮城・の情報はTVのほうがくわしいので、全国的に報道されていますが、まるで東京の空襲のあとか、原爆投下の後のようだねっと、何も現実を知らない孫Tが言うので、ほんとにそうだなぁっと驚きました。


まだ若干の余震はありますし、山形市内でもまだ停電しているところもあります。
何軒か心配なところと連絡を取れるようになってまずは一段落をしています。


来週の連休は、今回大変な惨事になっている宮城、福島いわき方面へ出かける予定で、予約を入れていましたが、すべてキャンセルしました。
先月行ってきた奥松島のほうは壊滅的な被害のようで、本当に心痛みます。
海苔や魚介類も皆流されてしまっただろうナァと思うとせめて命が守られていますように願わずにいられません。

今も少しゆれたりもしますが・・・

津波ってほんとうにすごいものなのですね。
あっという間に全てのものを襲い、しかも今回のように油で燃え上がっている海岸の様子は、なんとも恐怖です。

一人でも多くの命が助かりますように・・・そして援助の手が少しでも早く行き届きますように・・・。

御心配いただいてありがとうございます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年03月12日 17:00
ママンさん、ご無事で何よりでした。
東北は余りに遠くて、知り合いと言えばママンさんしか思いつかず、どうされているか心配していました。
これからの余震も心配です。
どうぞ、この後もお気をつけてお過ごしください。
2011年03月12日 20:23
つれづれさん
御心配ありがとうございます。
みなさんからコメントをいただき本当に力強く思っております。
インターネットも携帯も電話も時々不通になります。
通じたナァっと思うと、また通じなくなったりです。
余震もまだありますが、山形は比較的被害も少なく、ほっとしています。
被害にあった地域はとても身近に感じる地域で、現実のこととは思えない気持ちです。被害も大変大きく胸が一杯になりますね。
2011年03月12日 22:44
ご無事で何よりです。こちらも被害はありませんでしたが、ただただ怖かったです。未だに余震が頻繁にあり不気味です。テレビで津波の恐ろしさまざまざと見せつけられました。1人でも多くの方のご無事を祈りたいです。
みこった
2011年03月12日 22:57
ご無事でよかった! 山形の実家に電話がつながらず心配だった
のですが、妹から「電話はダメでもメールは使える! こっちは
みんな元気」との連絡にホッとしました。停電が終わったのは
ママン様のところより遅い午後3時半位だったようです。どうぞ
お気をつけて、ご家族の皆様によろしくお伝え下さい。
2011年03月12日 23:15
いやー、心配していましたよ。山形も大揺れだということなので。
でも津波の心配はあまりなかったのでよかったですね。まあ、よかったと言っていいのかどうか、ちょっと言葉に困りますけど。
何よりもご無事でよかったです。
2011年03月13日 00:19
千葉の私のところにさえ皆さんが心配のメールだのブログの記事だの戴きました。そちらもそれほどの被害がなさそうでよかったです。まだまだ余震が続き、安心はできない状態ですが、皆さんのご無事を祈ります。
2011年03月13日 13:33
ママン、そちらの皆さま~ご無事で良かったですぅ~
私はこちらで送別会の最中でした。
それがね~仙台に転勤の方のでしたから・・
情報の見える携帯でみながらでした。
暫く赴任するのを見合わせてくれるといいのにね~と。
初めての土地で誰も知らない所では余りにも不憫です。
TVの画面を見てると(津波や原発のこと)
この世の出来事と思えずバーチャルな映像みたいでした。
ママンが一つ部屋で皆で一夜を過ごした・・に怖さが出ています。
早く皆さんが平安な気持ちに戻れますように祈ります。
東京の安普請の家もどうにか大丈夫でした。
婿殿が千葉の爆発炎上のコンビナートの隣の事務所で硝子が割れたり
その夜は救急物資の作業に追われて帰宅できなかったそうです。
息子も帰宅は適わず皇居前の事務所で一夜を過ごしたとか
ですが天井が落ちてきたんだそうです。
次の日の昼過ぎに自宅に戻れて、兎に角家は無事だからと・・
コチラからは携帯もメールもまったく駄目でしたから~
未曾有の地震、マグニチュードも9.0に訂正されましたね。
ここ数日にかなり大きな余震もあるとか。
これからも充分にご注意なさってくださいね~m(_ _)m
2011年03月13日 16:24
べべコママさん
みこったさ~ん
ヒゲおやじさん
mintさん
nobaraさん
皆様ほんとうにありがとうございます。
宮城県仙台市まで電車で一時間で行きますが、多賀城市などはどう考えてもこんなことがある地域と思えませんが、TVで見るとその規模の大きさの津波だからこそこんなところまで襲ってくるのですね。
ダディは前の日に仙台で会議があり夜に帰ってきていました。
息子も前の日に東京から出張で帰ってきていました。
そんな日常的に普通の近さの今の東北関東です。
原発の行方に少しも目が離せませんし、知り合いの住んでいる宮城県が壊滅状態です…涙がしょっちゅうこぼれます。
刻々と増加する非難者にどうなるのか、何か出来ることはないのか、悶々としています。
車が常に渋滞していて動きが出来ません。
自転車で買出ししたり、お風呂も入れる時に入っておこうとか、いつ電気が消えるかわかりません。
肉類はほとんど売っていません。
インターネットもつながったりつながらなかったりですし、携帯はほとんど使えません。
nobaraさんとこもそんなに身近に大変な方がいらしたのね。
余震もまだ時々ありますので、なんでも暗くならない内に済ませておこうと思っています。
新幹線が通じなくて、帰れない知人もいて、離れている方でもいろいろな影響があるのですね。
皆様もどうぞお気をつけて。
ほんとうにありがとうございます。
hiromuさんや蕗ちゃんなど心配しております。
bluerose
2011年03月14日 16:39
ご無沙汰しています。
ママンさんもご無事ですね~本当にびっくりしました。
同じ市内でも我が家の所は土曜日の夜電気が復旧しました。電気のない不便さを改めて知ったと共に大事さを痛切しました。
今日ようやく自分でも動く気になりスタンドやスーパーに行きましたが、とりあえずこうして動くことのできる事に感謝したいです。
まだ不自由なことは多いですがお互いに頑張っていきましょう~
2011年03月14日 19:58
blueroseさん
こんばんわ、ありがとうございます。
ここは一番早く電気が回復したようです。
ありがたかったです。
ほんとね、内陸で熱くてと不満ばかりが多くなりがちですが、こうしてたくさんの方の被災をまのあたりにすると、住みやすいところなのかもしれませんね。
皆さんからたくさんのコメントやお電話をいただいて、無事であることのありがたさをしみじみと感じております。
都会の方が交通や物資のほうがまだ大変になっているようですね。
しばらくは我慢をしながら応援しましょうね。

この記事へのトラックバック