巨大震災から一週間・・・こわかった・・・から怖いに変わる毎日です。

たくさんの被災者を出した巨大地震のその後は報道で見ています。
原発の恐怖も隣県であるがゆえに、一刻をも見逃せない状況です。

友人からのメッセージも届いたり、実家の母とも話したり、娘達とのメールに励まされたり。


山形にもだんだん被災者が増えてきました。
日常生活でも、ガソリンの販売が今一番大きな問題で、比較的近くにスタンドがある我が家の前の道路は、販売がある日はまったくすごい渋滞で、販売が締め切られれば、閑古鳥の交通量です。
ほんとに不気味です。

我が家では石油にかなり依存する生活です。
風呂・暖房・温水など・・・生活のほとんどを石油でまかなっています。
家族も多く、消費量は大変多い。
問い合わせましたが、いつ給油してくれるかがわからないということで、不安な毎日で、今日からは日中は徹底して石油消費を抑えた生活をすることにしました。

DLKが広いので、暖を取る工夫をしたり、配置換えをして熱効率を考えたり、毛布や湯たんぽの活用、洗濯の回数を減らすなど、まだまだですが、年配者として自宅でできることをまずやろうと話し合っています。

買い物は大分品物も増えてきましたので、食事に関しては、ほぼ普通に近いけれど、なるべく時間も早め早めで支度したり、食べたり、寝たり、出来る事で少しでも頑張ろうと思っています。

明日は小学校の卒業式と終了式があり、毎日孫達も家にいるようになります。

この様な緊迫した状況がなかなか把握できない年代でもありますが、実生活の中で、体感しながらこの春休みを過ごしたいと思っています。

TVで、被災し避難所にいる小学生の女の子が、<ご飯もない、家もない、親も居なくなってしまった。自分が今までどんなに幸せに暮らしていたか、今わかった>と言っていました。
涙が止まりませんでした・・・が、りんとしたその言葉にほんとに胸がえぐられるようでした。

明日からの生活にたくさんの不安もありますが、被災地のことを自分のこととして理解し、生活を慎み深く過ごしたいと思っています。
命ある方々が、どうか生きながらえてこの危機を乗り越えてくれますように。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年03月18日 10:08
ママン、大丈夫ですか?
山形にも避難してきてる方が多くなってきましたね。
福岡にも福島から縁者を頼って避難してる方がいらしています。
被災者のその後の状況を見るに付け胸が痛みます。
加えて原発の経緯には目が離せません・・・
怖かったから怖いに・・その言葉に凝縮されていますね。
首都圏もかなり混乱で、そんな中、生まれたばかりの孫を抱えて
娘がサバイバルに生活していて頼もしく思っています。
店頭から物が消えてるんだそうです。基本的に買い置きしないので
それでも『何とか~なるわよ!』と健気です。
食料を少し送ろうにも当地から10日以上もかかるのです。
被災地優先にしませんとね~
息子には『若者一人、何とか凌ぎなさい!』とメールしました。
遠くにいてやれる事をやります。日を置いて献血にも行きます。
早く皆さまに普通の日常が戻りますように。
2011年03月18日 14:37
全員無事で何よりです。被災地のことを思えば、生半可な慰め言葉は失礼に思えます。ヒゲおやじも1週間自粛してきましたが、それではいけないと今日から記事も再開しました。何の役にも立ちませんが、少しでも慰めになれば嬉しいのですけどね。
2011年03月19日 09:49
nobaraさん
いつもありがとうございます。
だんだん傷の深さが出てきて、精神的に疲れてきます。
ましてや、着の身着のままの被災者はどんなでしょうね、想像を絶する環境の中で頑張っているのですね。
若い力がその中でも動きを見せてくれています。
ほんとに強い意志が生まれてきているようです。
娘さん、えらいなぁ。もう私達がどこか精神的に頼りにしているのを感じる時がありますね。
我が家でも若い力がしっかり働けるように祈りながら家庭のことをしています。
ありがとう
2011年03月19日 09:59
ヒゲおやじさん
ありがとうございます。
そうですね。何もかも沈滞した状態では、日本がつぶれてしまいますよね。
冷静に見ながら、出来る日常はしっかりやっていくことも大切ですよね。

ほかの方のものもなるべく短時間でたくさん拝見しています。
コメントは残しておりませんが、早速お邪魔してきました。一杯発信してください

この記事へのトラックバック