11’5月連休二人旅・・・その5ボンネットバスで行く<西祖谷峡コース>大歩危小歩危かずら橋(5/3)

高知駅より9;13発 JR特急南風8号 で 一時間、阿波池田駅に10;19着。
今日も元気で行きましょう~~<四国交通 西祖谷(にしいや)コースボンネットバスで行く大歩危小歩危かずら橋>

画像



ま~高知駅のホームで、昨日ご一緒した御夫婦となんのお約束もなくばったりお会いしました~~!!
あまりの偶然に手を握り合って不思議なご縁を感じ、阿波池田に着くまで、夢中でお話して名詞を交換しました。
東京都にお住まいでお医者さんをなさっているんですって。
娘はいむのところにも非常に近い!!

「連休はなにはさておき旅に出る」と決めて、奥様が実験をお握りになり、その日その日を流れ歩くのだそうです。
ホテルも朝決めるそうで、すっごくゴージャスな日もあれば、ビジネスホテルの時も多く、場所で選んで楽しんでいらっしゃるとの事。

すてき!!お忙しいなりに、その環境の中で、旅を楽しんでいらっしゃるのですね。
これから、博多どんたくがあるからおととい福岡から回ってきたばかりですけど、もう一度福岡まで新幹線でUターンするのよですって!~~おお!!感嘆、感動!!

車窓から大歩危が見えました。
ま~何と美しい渓谷でござりましょう~~
延々と続くのです。新緑も美しく若緑色の山々が本当に美しい~~


残りの連休お互いに楽しみながら体に気をつけて帰りましょうね~~!!とお二人とは阿波池田駅でお別れしました。

西祖谷観光コースの出発は11;40ですので、まだ1時間半ほどあります。
阿波池田は三好市と言うのですねぇ、阿波池田うだつの家煙草資料館まで歩きました。
うだつが上がらないの言葉がありますが、その言葉の由来になっている<うだつ>は隣家との間に作られた袖壁のことで、防火などの役目をしているもので、お金が相当かかるので、うだつをあげると言うことは裕福な家の証ということだとか。
画像

昔ながらの作りの家が何軒もあり、うだつも色々な形があるのですね~
煙草資料館は時間の関係もあり外からだけ見ました。
画像




さ~いよいよ出発です。今日は大変多くの御利用者でバスが2台出ましたそうです。
申し込んだ時は補助席になりますと言われていたのですが、増発してママンたちは2号車の一番前の席となりました。


画像

おお~~バスは、昭和44年製のボンネット型、ハンドルが特大で、ギアやブレーキが・・・昔々のエンジン音がすばらしく姦しい~~。

画像

断崖絶壁をくるりくるりと急カーブ。

命あずけ~~ます~~と言う藤圭子の歌がありましたけれど~~ほんとすごいことになりました。

祖谷(いや)峡は日光いろは坂なんて問題外!目の下は数十メートルの断崖、一番前の席ですから、カーブを曲がりきる頃には目の前にまったく道路がない状態がたびたび。登りの時はまだよかったけれど、くだりの時は命がけ?の気分!!

画像


大歩危舟くだりがまたよかったですねぇ。
水色の岩つつじ、コデマリやウツギの花が岩にしがみつく様に咲き乱れ、緑色に見える水面、白い巨岩奇岩がせまります。

画像

画像

画像

画像


あっという間に終わって、レストラン大歩危で昼食。

画像





平家屋敷を見学してかずら橋へ・・・・。

かずら橋を渡るため30分くらい並びました。
画像

かずらの蔦で作ったと言う橋ですが、しっかり太いロープも中に組み込まれているようなのですが、しかし渡るときにはほんとに怖い!!
すぐ引き返してわたらない人もいます。
45メートルだそうですが、渡り切るまで結構大変でした~。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


藤の花が咲き乱れた渓谷のつり橋をこわごわ渡る人を、達成感をもって見ているのも楽しい。



小便小僧は写真を撮ったらすぐ乗ってくださいっと言われました。
この渓谷の深さを見てください。

画像



画像

画像

くだりの景色もすばらしく、藤や岩つつじが咲き乱れ、桐の花も見えます。

山形弁で感極まりない時や、何と表現したらいいかと言う時や、すごい!!っと言う時に
<いや~いゃ>っといいます。まぁ感嘆詞ですな。参ったと言う時にも使いますし・・・・

祖谷(いや)峡めぐりで、ダディと二人で<いや~~いゃ>っと何回言ったでしょうか。30回くらいかな?
いや~~いゃ、参りました。

運転は大変上手な方でしたので、その点心配したわけではなく、地形そのもののすごさです。
道の狭いことや、急カーブが多いこと、渓谷の美しい色。深さ。そして長いスケールの大きさでしょうか。
画像


道路が狭く、車の交差が大変。バックしたり待ち合わせをしたり。



<いや~~いゃ>大変すばらしいボンネットバスの旅でした。
夏は冷房がなく、冬は暖房がないそうです、皆様、5月がお勧めです。

予定時間オーバーでJRの次の時間まで一時間以上ありますので、阿波池田の商店街の居酒屋で
阿波尾鳥の塩焼きやほーたれいわし、鯛やイカのお刺身、サラダなどを食べお酒を飲みました
ここでもとっても新鮮おいしかったです。
画像




さ~またJR徳島線の鈍行(もう急がぬゆえ)に乗って、次の目的地徳島へ向かいました。

この日は11256歩。刺激的な一日でした。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

2011年05月23日 16:17
いや~ぃや~ おもしろそうだなゃ~
高所がへっちゃらな私でも一瞬、怯むような所ですバイ。
やはりヤマフジが美しい、深い渓谷もワンダホォー♪
コデマリ?ウツギ?の自然の様もいいですね~~~~
私も原尻の滝の滝見橋を渡りましたがその比ではないです。
ママンご夫婦のお人柄で、旅の人をも魅了なさいますね~
その方はまた福岡にUターンなさってどんたく見学でしたか・・
世の中には精力的な方がいらっしゃるもんんですね~
肖らなくちゃ~駄目ですね~(車に頼った旅だとこんな訳には?
2011年05月26日 22:06
nobaraさん
こちらにも有難うございます。
ほんとにいや~いやです。
いやなんでなくて、いがった!!です。
今まで見た渓谷の中では一番です。部分的に出なくその長さにも驚きます。
橋もこわかったですよ。コデマリとウツギ両方咲いていました。
岩つつじの色が美しい。
そのご夫婦、nobaraさんちにも近いですね~~
今度は東京でお会いしたいです。
年に一度の旅行ですからなにはさておき出かけるのだそうですが、重症患者さんがいると行けなくなるんですって!!
あっつ!そういうところもありますね。

この記事へのトラックバック