酒田市美術館へ<キルトスクエア>作品展を見に行きましょう & 酒田・鶴岡の観光~~

さ~今日は(7月15日)貸切バスでパッチワークサークル展を見に行きます。
総勢16名(1名欠席)で21人乗りのバス、それも結構大きいバスなのでゆるゆると座席を取って晴天の中、庄内方面へ向かいます。
集合場所を3箇所にしてバスが拾ってくれます。
出発と同時に賑やかなこと。
すぐにおやつが飛び交い、まるで遠足ですなぁ~~(^o^)丿

高速は、観光バスは9月まで料金無料だそうで、その他被災地証明(?)書があれば自家用車も無料とかで、料金所は渋滞気味。
この時期東北は無料にするべきだよねぇ~~とかしまし娘達は口をとがらせます。

残念ながらこんなによいお天気なのに、鳥海山はまったく見えません。楽しみにしていたのにぃ・・・。

賑やかな御一行様は、10時頃、酒田市美術館へ着きました。
市民ギャラリーで、無料です。

           <菅原真理子キルトスクエア展>

すでに沢山の方が来ています。スペースが比較的狭いので、鑑賞するのが大変です。
お友達の方と再会し、案内してくれましたが、急きょ菅原先生自ら<ギャラリートーク>をしてくださることになり、大変ラッキー!
特徴的な作品を細かい点まで説明してくれたので大変わかりやすく良い時間を過ごすことができました。
今回のパッチワークの特徴はアーミッシュキルトと呼ばれる分野で、ママン達の古布の作品とはかなり違いがありますが・・・でも作品の中で使われているサンプラーは同じものが多いのでとても参考になります。
細かいピースの作品が多く、キルティングもまず細かい!!

重厚な作品が多いので、我がグループのみんなはため息ものですねぇ~~
特に新人さんはねぇ。
写真は厳禁ですので残念です。
1:30ほど見学してさ~昼食に行きましょう~~
画像



庄内は漁港ですから美味しいおすし屋さんが沢山あります。
旅行の雑誌などにも紹介されています<鈴政>さんで予約してありますので、ゆっくり一時間2階のお座敷で一杯やりながら食べました・・・^_^;

目的は既に達成しておりますので、これからはゆっくり観光ですが、皆さん何度も来ていますので、そういうところはさらっと見て・・・


山居倉庫・夢の倶楽(くら)
・・・・・ こちらを参照 


画像

画像

画像


ここでは、辻村寿三郎さんの酒田芸者のお人形が常設展示されており、酒田の歴史なども見ることが出来ます。
沢山お土産やさんがありますので・・・お酒<初孫>や<庄内メロン>をゲットしました。

またバスに乗って、帰りの方向、鶴岡へ向かい、<旧風間家住宅・丙申堂>国指定の重要文化財を見学。

ママンはここは初めてです。
庄内の豪商で、現在の荘内銀行創設者の一人だそうです。

 こちらを参照
 

画像

この右手の部屋で藤沢周平の<鳥刺し>が撮影されたそうです。



画像

この部屋は藤沢周平の<せみしぐれ>をこの角度から撮影したそうです。



納税は酒田の本間様・鐙屋様・・・次がこちらの風間様というほどの豪商だったそうです。



広さといい、建物の材料といい、明治29年丙申の年に建てられたままの古さがなんともすばらしい。
8月30~9月11日まで<和裂のメッセージ・吉田サチ子と39人展が開かれるそうで、そちらの方も見たかったねぇ~~またこなくっちゃあ~~っと賑やかでした。

最後は<鶴岡市立藤沢周平記念館>2010・4月開館

こういった記念館はどこでもその人となりと歴史・作品が陳列されておりますが・・・、少し物足りなさを感じました。
丙申堂で時間が短く、もっとゆっくり見たかった分、正直ここでの時間が・・・サロンのようなものがないので、暑さもあり、時間をもて余し、もったいなかった・・・。



画像



画像


この日も一日暑い日でしたが、快適な観光バスの旅は市内に着くまで賑やかなダべリングと笑い声が耐えなく、充実した一日となりました。
帰り道には沢山のねむの花が咲いていました。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2011年07月19日 19:38
まぁー賑やかそうで楽しそうです。
やっぱり藤沢周平関連のロケの舞台が気になりました。
蝉しぐれ、いがったな~ 胸キュンの場面でしたね~
切なさが尚増した場所です。外は蝉しぐれでしたね~
鳥刺しもそうでしたか・・・
今の「おひさま」で江戸たてもの園の下町長屋の辺りが出たら
noba旦に叫んでしまいましたぁーーーー
楽しい有意義な一日、ママン、良かったですね~♪
2011年07月24日 15:29
nobaraさん
お返事大変遅くなりました。
思いがけず快適なバスの旅になりました。
気心の知れた仲間ですから賑やかに話題も弾み、お勉強の方もしっかり出来まして大変よかったです。
風間邸は何も付け加えなくてもそのまま映画に使える風情がとても印象的でした。
その日は未だ蝉しぐれは聞けませんでしたが・・・。
やはりあそこもそういった舞台にはぴったりでしょうね~~
はい、とってもよかったです!

この記事へのトラックバック