娘はいむの誕生日は山形で・・・その 1 <羽前屋蕎麦屋>& 焼き物の里平清水七右エ門窯で・・・

土曜日3月31日は娘はいむの誕生日・・・。
娘と言ってもお誕生日を喜ぶような年はとうに過ぎております、なにしろママンの娘ですから・・・。

はいむいわく> 31日に山形で大好きな<スターダストレビュー>のコンサートがあるのよねぇ~~
          ぜひ行きたいんだけれどぅ>>>とめてくれぇ~~
ママン>     どうずぅお~~いらしゃられませ!

はいむいわく> ママンも一緒に行かれませれぬか!
ママン>     なぬぅっと!!

ま~コンサートと言ってもクラシックやいわゆる歌手のコンサートは何度も行ったことがありますが・・・・
めったにない機会ですので、年甲斐もなく、はいむと二人、行って来ました。
そのお話は2部で・・・。





山形に着いてその足で、ダディと3人で山形の旅篭町の<羽前屋蕎麦屋>さんで、お蕎麦を食べましてた。
はいむは山形にきたらお蕎麦!
いつも行く三津屋蕎麦屋さんはお休みでしたので・・・。
ま~久しぶりに食べた羽前屋さんのお蕎麦、大変美味しかったです。
画像

これで一人前です。

  参考までこちら 

ダディはお仕事がありましたので、そのあとママンとはいむ二人で平清水焼きの里へ行きました。
七右エ門窯の○番目の娘さんとは長いこと同じお花の先生にお稽古に行ってのお知り合いで、娘はいむがまだ山形にいたときは同じ保母さんでしたのでとても親しみがあります。
今年定年で退職なさると聞きました。ま~月日の経つのは早いものでございます~~ぅ。
お店でいつもお茶を出してくれたおばあちゃんはもうお亡くなりになったのですが・・・今は長女の方が同じように様々なお漬物でお茶を入れてくださいます!
それが楽しみでねぇ~~
画像


画像


画像


雑談はそのくらいにして、商品のあるお店をしばらくのぞいて、小皿や箸たて、はいむは梅干用のこつぼをお買い上げしまして、道路向かいにある陶芸教室に行きました。

何度か来て作ったことがありますが、もう随分前のことです。

さ~今日ははいむは<平たい底に縁が立ち上がった煮物入れの鉢を作りたい>
       ママンは<取り箸入れを作りたい>
それぞれ粘土1キロ、2000円(窯焼も入れて)です。やすい!!安い!

丁寧に教えていただいて、何組かの方達と広い教室でそれぞれで作ります。


画像



画像

画像



はいむ!うまいねぇ~~
そうだねぇ~我ながらうまくいったねぇ~~
画像


ママンはいじりすぎたねぇ~~
画像


2時間ばかりを夢中で過ごしました。
出来上がった陶器に釉薬の種類を決めておしまいです。
平清水焼の特徴は1番と6番が一番顕著にでておりますので、はいむはそれを選びました。
画像

焼くのに数週間かかりますので、出来たらお電話を戴いて受け取りに来ます。
楽しみです。
特にはいむは思っている通りの器になりそうで喜んでいました。

お隣の庭伝いにお酒やさんがあって、そこも楽しそうなのでのぞいて、お酒の酵母で焼いたパンやお酒をダディに御土産に買いました。

画像


雨だったので外でゆっくり出来ませんでしたが、夕日が沈む頃はとてもきれいな風景だそうです。
次回まだ来て見たいねぇ~~

画像



さ~~もう3時。駅の近くのミスドーで軽くお茶を飲んで市民会館へ駆けつけました。
いよいよスタレビのコンサートです。

                        < 続 く >








 七右エ門窯はこちら 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年04月03日 21:06
此処は一度行きたいと思いながら、行っていないところ。
是非機会を見つけて行きたいですねぇ。
ただ財布が軽いのに、焼き物を見ると大変なんですよ、あれもこれもと言う気持ちを押さえるのが。
2012年04月06日 21:51
suikoushiyaさん
ここ平清水は窯元の他何にもないところです。
外の焼き物の里のように商店街のような様相はありませんので、ちょっと寂しい感じがします。
お値段の方は、窯元によってかなりの差があります。
登り窯だとどうしてもお高いですね。
七右エ門さんは比較的大衆的な雑器が多いのでお求め安いです。おいでの節はぜひご連絡を・・・。
桜の咲く時期がお勧めですすばらしいしだれ桜のあるお寺があります。

この記事へのトラックバック

  • はいむと二人で平清水焼・・・・が出来ました。

    Excerpt: 随分前のお話ですが… 3月31日は娘はいむの誕生日でした。 スタレビのコンサートに山形まで来ましたので、その日平清水焼の窯元へ行って陶芸教室で器を作りました。 Weblog: 山形ママンの日常 racked: 2012-05-21 21:48