’12 5月連休二人旅山陰編・・5/5 境港水木しげるロード 鳥取砂丘 

さ~今日は旅行に出てから8日目 5月5日こどもの日です。

JRで米子発8:30~境港9:13着
画像


今日は良いお天気!
こどもの日とあって、境港水木しげるロードはお祭り気分。
本当は境港のお魚が目当で来たのですが、昨日食べた海鮮丼があんまりにもおいしかったので、お魚に対する興味が薄れてしまい、ゲゲゲロードをたあいもなく歩くことにしました。
ロード中がモニュメントだらけで、子供にかえって一つ一つ楽しみながら写真を撮ったり、お店をのぞいてみたり。
3時間ばかり散策しました。
画像

画像

画像

画像

画像



境港発12:20~米子13:9~~鳥取着14:41

ゆっくり美しい瓦屋根の家々を眺めながら、また一軒一軒の小さな手入れされた庭の花々を眺めながらローカル線の楽しみを味わいました。



鳥取と言えば砂丘だべねぇっというわけで、早速駅から行こうとしましたら、タイミングよく砂丘までの直行便が出ますっと言うではありませんか。
はいはい!っと飛び乗りました。
この便は特別らしく、普通の路線バスのコースを通らず、砂丘一面のらっきょう畑を通っているらしい。
20~30分くらいかかったでしょうか。
この日の砂丘は大変な車の混雑だったらしい。
まったく止まらずに・・・砂丘に着きました。
しかも普段は見ることが出来ないらしい広大な砂丘一面のらっきょう畑は美瑛のお花畑と見まごうがごとくに緑の絨毯です。
すごい!!らっきょう買わなくっては!!って思ってしまいました(~_~;)
画像


バス停で降りてすぐリフトに2~3分乗り、砂丘入口に降り立ちました。
画像

すごい人です。
るるぶに載っていたらくだがいます。砂山を一旦下りまた登って頂上に着くと見渡す限りの砂丘です。
画像

砂丘は小さいと言う人と大きいという人といるようですが、どこまで砂丘を上って行ったかによるということがわかりました。らくだのいるところではだめです。
馬の背まで行かないとだめですよ!

画像

画像

画像

画像


砂丘の人は何万人いるのかしらと言うぐらいいますが、いっこうに気にならないくらい広々としています。
画像

画像




画像

結構風もありましたが、砂丘に腰掛けて海を眺めたり、パラグライダーが飛ぶのを眺めたり・・・。
頂上からは反対側にさえぎるものがない広い海岸線がはてしなくのびて本当に美しい。

画像

海の中に鯨の子供のような島がありました。
画像


下る時は二人ともくつも靴下も脱いではだしです。
気持ちいいね~砂が細かいねぇ~。
画像

さ~たっぷり楽しみましたので帰りましょう~~
帰りはやっぱり直行便がありました。
ラッキーです。次の日の鳥取の新聞には最高の人出だったと言うような記事が出ていました。

鳥取から山形までの明日の帰りの切符は予約していません。
鳥取駅で京都までのJRスーパーはくと6:30発京都着9:55の切符を買いましたが、指定席は満杯です。早朝1時間前には並んで自由席に乗車することにしました。
東京から山形新幹線は指定席が取れました。京都から東京までは何とかなるでしょう~~^_^;

鳥取駅ではおみやげのらっきょうを沢山宅配しました。
夜は外へ出て市場食堂のような居酒屋さんで新鮮なお刺身やサラダなどで旅行最後の夜の食事を楽しみました。



さ~さ~今晩は鳥取駅前○○イン泊。荷物もほとんどを夜のうちに荷造りし、発送もしました。
明日は早い、5;30にはホテルを出ます。

今日も歩きました19494歩~~よく足がもちました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2012年05月16日 11:27
息子がJR西日本の脱線事故の時に反対側の電車で鳥取砂丘に行った話を思い出しました。いろいろ悩んでいた息子が砂丘を見て一大決心? ある程度の決着をしたようでした。すごいですね~砂丘のスケールが・・・
ママンたちは足にかけてラッキーですね~
それも運を引き寄せるお力があるのかしらと思ってしまいました。
それと実にうまく宅急便を利用なさいますね~
ご自宅にどなたかがいらっしゃるから?なのでしょうか・・
待ち受けてくれる人がいないときは期日指定?すればいいのかな。
ラッキョウの花が咲いてる頃なら(11月?)また違う景色?
だけど根っこの為には花がさくとまずいのかしら~
なんて思いながらみていました((((^Q^)/
2012年05月19日 14:43
nobaraさん
ま~~そんなことがあったのですか~~
反対側でよかったですねぇ~~
砂丘はお友達のいっちゃんがたいしたことないよう~~っと言っていたのですが、どこまで歩いたのって言ったららくだまでって言うから、そこまでは歩いた部類に入らないよう~~っと言いましたよ。
馬の背を越えて、向こう側の海岸を見ると、地球を感じます。
海が左手にお盆のように輝いて果てしなく広がって、地平線がわかるような気持ちになりました。
そうか~~そんな時もあったのですね~~この日は人が余りに多かったから賑やかでしたが、もし少なかったら、そう人生を考えられるかも…。

運を引き寄せるダなんて!
でも、一日2箇所くらいだと心に残るくらいよく見られるようです。
年も年ですから欲張らず、歩こう~~歩こうです、その点、二人とも歩くのが負担にならないので助かります。

連休は若い人たちも出かけることが多いので、期日指定で送ります。
お土産もちょこちょこ買わないで、まとめて2箇所くらいにしぼって宅急便を使います。
いつもは一箇所2泊以上しますので、身軽なのですが、今回はほとんど一泊づつでしたので、リュックも重くなりがちでした。
すごく歩く予定の前の日には着替えを発送したり、ホテルにも1回は着替えを送っておいたりします。
らっきょう畑は農道らしく普通は車は入られないらしいので、このような景色は見られないようですが、その広さにびっくり。
見渡す限りどこまでも…
そうでしょうね~~掘ってしまえばなんにもなくなりますものね~~
種用はどうするのでしょうね~~(^_^.)

この記事へのトラックバック