’12 5月連休二人旅山陰編・・5/3 出雲大社・世界遺産石見銀山・・2大久保間歩 宍道湖遊覧

今日は5月3日・旅行に出て6日目です。
本当は午前中は出雲大社・午後からはしまねワイナリーをゆっくり回る予定をしておりました。
さ~今日は馬力をかけましょう~~
もう一度世界遺産大久保間歩特別コースを見なければなりません。


でも、せっかく出雲大社のある出雲に泊まったのですから、早朝路線バスで出かけました。

結構強い雨風です。

山門の前の松並木がすごいですねぇ~~松だらけです。

画像

画像



出雲大社の本殿は60年に一度の平成の大遷宮(だいせんぐう)とやらで見ることはできませんでした(前もって知っていました)

画像


神楽殿の大きなしめなわが印象的でした。
ちょっとみたっという感じ・・・(~_~;)ですねぇ~~さ~駆け足で~~


11:45には世界遺産センターに集合しなければなりませんので、逆算で・・・逆戻りで乗り物を乗り継いでいかなければなりません。

出雲発10:16~太田市駅着11:6~遺産センター行き市バス11:12発~着11:45
すべり込みセーフ!!集合時間に間に合いましたぜぃ!!

受付をしてセンターの部屋で本日のガイドを勤めてくださる方から<石見銀山が世界遺産になったわけ>の説明がありました。

要約しますと16世紀日本の銀鉱山として国内ではあまり知られていないけれど唯一ヨーロッパ人に知られている程、産出される銀の品質が高く、世界の全生産の3分の一を占めた日本の銀のほとんどが石見産だったこともあるほどです。
すべて手作業で坑道(間歩)は現在600箇所が見つかっています。
環境を破壊せず自然と共生した鉱山の運営を行っていたこと、手付かずのまま残っているものが多いことなど2007年、外の銀山をおいて石見銀山遺跡とその文化的景観として国内14番目、鉱山遺跡としてはアジア初の世界遺産に登録された。
銀山遺跡はもちろん銀を運んだ道、港周辺の緩衝地帯を含む3663ha
14世紀初頭に発見され1526年から発掘され、徳川幕府の直轄となり17世紀初頭には産出量もピークに達し、その後徐々に減り、大正12年1923年に閉山となりました。


ママン達が見たところは本谷地区で、最も大量の銀を産出したところ。
約2時間30分の行程です。


本谷口までマイクロバスで20人くらいで出発。
ここまでしか行けないというところの本谷口のややてまえの駐車場でバスを降りました。
ここからは結構な急勾配の山を登っていきます。
途中沢山の小さな坑道の入口があちこちにありますので説明を聞きながら大久保間歩の手前の小屋まで着ました。
ここでくつを履き替え長くつを貸してもらい、ヘルメットをかぶり、ライトを支給されました。
完全武装して間歩に入ります。
画像



画像

画像


画像

画像


画像

画像


画像



画像

鉱山に咲く花、ハクサンシロハタというそうです。


大久保間歩の大きさと掘り尽くされた天井数十メートルの高さと縦横に走る鉱脈に沿って掘り進んでいった鉱夫たちの執念ともいえる狭さ、30歳くらいで男達の一生は消えていったそうです、それだけ鉱毒がひどかったということのようです。

山全体を掘りめぐったその範囲の広さ、管理の厳しさ、精錬技術などの跡が手付かずのまま残っていることがすべて世界遺産に値するという説明に感無量の納得というか、これこそが見たかったのだという感動が胸いっぱいに伝わってきました。
間歩を出てさらに上り、公害を最小限に抑えた選鉱の仕方がわかる場所にも行きました。

画像



画像


画像

画像


疲れた体でしたが、帰途はとても満足しました。
もう一度来てよかったねぇ~~

水曜日・土休日と特定の日にちで一日4回このコースがあるようです。
世界遺産を本当に見て体感したいのなら、絶対おすすめです。



16:17大田市駅発~出雲市~松江に着いたのは17:43

すぐホテルに荷物を預けて・・・・さ~本日の最後は宍道湖観光遊覧船はくちょう号18:20便に乗船してのお食事プラン。

宍道湖の名物料理を戴いてお酒なども飲みながら1時間ほどめぐりました。
画像


残念ながらお天気は悪かったのですが、強行日程だったこともあり、観光船の中でお座敷に座ってのお食事とビールは満足感で美味しく楽しいひとときを過ごしました。
宍道湖しじみのお味噌汁が最高においしかった!お代わりもどうぞって言ってくれました(^o^)丿2杯いただきました。
画像


本日は船が着いた直ぐ近く、松江○○イン泊まりです。

18002歩・・・・本日も実にこまめに歩き、回りました・・・(^^♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年05月13日 16:14
ダディさんの読みがピッタシーーーで
大満足なさったのですね~
やはり下調べは大事ですね~運行状況も・・・
ハクサンシロハタって?
ミヤマハコベみたいなお花なんでしょうか?
かわいいお花ですね~
クルーズの夕食ってよさそうですね。
宍道湖のシジミはアサリみたいに大きいですね。美味しそう~♪
2012年05月19日 14:17
nobaraさん
こちらにもありがとうございます。
そうですね。穴に入っただけでなく、説明してくれた方がとても実直な方で、世界遺産になったことへも関係なさっていたようで、心に響くご説明が出来るようでした。
ハクサンシロハタ、調べても出てきませんね~~
ミヤマハコベよりももう少し大きいです。
銀山の鉱石があるところに咲くそうで・・・?この花があると鉱脈があるとか・・・(^_^.)いわれているらしいです。
クルーズはお天気で荒れクルーズでしたが、疲れのため反対にゆっくり、これも貸し切り状態で、係りのお姉さんが優しくおかわりをお勧めしてくれました。

この記事へのトラックバック