旬の天然鮎をいただきました。  鮎を美味しく焼くコツも・・・




画像


26日若ママのお父さんが鮎を持ってきてくれました。
毎年鮎の解禁を待って鮎釣りをするのが楽しみなんですね。
寒河江川の鮎の解禁は7月の一日のようでした・・・。


今日は9匹・・・さ~鮎の塩焼き大好きのS君のため、あちらのおじいちゃんが持ってきてくれたのですから、S君は
うれしくて自分でお料理するといって聞きません。
しょうがないなぁ~~!!

鮎の始末の仕方は・・・
「塩を手にとってぬめりを軽くこすり一度水洗いをします。
腹を軽く押して内臓をウンチの穴から少し出るのでだして、出ないのはそのままで良いので、
包丁目を入れてから、後は塩をぱらぱらとまぶして少しおいてから焼いて食べてください」  とのこと。

さ~皆が揃うのを待って焼いて食べました。
香ばしい香りはやはり<旬の天然物の美味しさ>でしょう~~
残念ながら形を整えて焼くのはしませんでした。


画像


ぼくはこんなにきれいにたべたんだよ!それにしてもお兄ちゃんは・・・!っと言いながら、ば~ちゃん写真とって!!だって。
なるほど!きれいに食べたねぇ~~えらい!!

画像


9匹ということは、もしかしたら、我が家のために釣って来たのを全部持ってきてくれたのではないの?
んだねぇ~~、じゃあ電話しよう~~


っと言うことで、おいしかった~~っとS君もT君もお礼の電話です。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年07月27日 23:02
こんばんは~
ご無沙汰してますのに、いつもたくさんの気持ち玉をありがとうございます。
こちらでも近くの川で鮎釣り始まっていて、先日我が家も戴きました(*^^)v
鮎と言えば、こちらではこの季節に川のほとりに簗場が出来て、そこで鮎尽くしの料理を食べることができますが、そちらでもあるのでしょうか。
ほとんど毎年一度は食べに行きますが、ほんとに鮎ばかりなので、一度行けば良いかな?という感じです。
全然話は違いますが、夏休みの東北旅行、行きたかった酒田や鳥海山はあまりに遠くて、残念ながら行けなくなりました(-"-)
ツアーもお祭り対象な物ばかりなので、それより自然が見たい私たちは、結局は車にしたからです。
ママンさんのお宅と違って、見学の少ない走ってばかりの旅行になりそうです(*^_^*)。
ももたん
2012年07月28日 10:43
 鮎。いいですねえ。私も川魚が大好きです。川魚特有の香りと味がたまらなくて
イベントなどの会場で焼いているイワナやウグイなどは必ず食べます。鮎はお店で求められるので助かります。主人が若い頃は、近くの川で鮎がたくさん採れたんだって。今は鮎の話を聞かなくなりました。それにしても孫ちゃんの魚の食べ方が上手だこと。大人顔負けですよ。
2012年07月28日 13:27
つれづれさん
こんにちわ~暑い毎日でお忙しいでしょう~~
こちらにも簗場があります。
最上川という大きな川が県内を流れていますから、そちこちにありますね。
長井のほうの鮎茶屋は簗場で遊べますので、子供が小さい頃は何回か行ったものです。
旅行、そうですかぁ。
この暑さでは、車で行くのが一番良いですね。
パーキングもものすごく込みますので、ママン達はあまりあてにせず、トイレのみのパーキングを多用して、食べ物もある程度持って行くと楽ですね~~
また機会があったらこちらにもおいでくださいね~~
2012年07月28日 13:30
ももた~ん
鮎、おいしかったです。
S くんはじょうずでしょう?
でもほかの魚の時はそうでもないのよ!
イベントで、おいしいですよね~Sくんもなの、たべるってねだられます。

この記事へのトラックバック