<土用の丑の日は<うなぎをたべよう~~>・・?  &  サンセべりアの花・・・2 

土用の丑の日については、みなさま、くわしくご存知でしょう~~、TVでも毎日のように報道されていますね~~


うなぎ大好き、T君、S君。

ママが、 「おか~さん、ヤマザワに予約入れて、お金も払ってきてありますので、夕方受け取りに行ってきてほしいんですけどぅ~~」

はいはい、行ってきましょう~~


しっかり<うなぎ商戦>に乗っかって、うなぎの蒲焼をヤマザワに予約を入れております。


インターネットの検索で見つけた、判りやすい土用のうなぎのお話を載せてみました。

土用丑の日とウナギ
夏の土用の時期は暑さが厳しく夏ばてをしやすい時期ですから、昔から「精の付くもの」を食べる習慣があり、土用蜆(しじみ)、土用餅、土用卵などの言葉が今も残っています。
また精の付くものとしては「ウナギ」も奈良時代頃から有名だったようで、土用ウナギという風に結びついたのでしょう。
今のように土用にウナギを食べる習慣が一般化したきっかけは幕末の万能学者として有名な平賀源内が、
夏場にウナギが売れないので何とかしたいと近所のウナギ屋に相談され、
「本日、土用丑の日」
と書いた張り紙を張り出したところ、大繁盛したことがきっかけだと言われています。
丑とうなぎの「う」がいっしょだから??
  この時、平賀源内が焼き鳥屋さんに相談を受けていたとしたら今ごろは・・・・・・。
なぜ丑の日なのか? ウナギなのか?
丑の日とウナギの関係ですが、丑の日の「う」からこの日に「うのつくもの」を食べると病気にならないと言う迷信もあり、「ウナギ」もこれに合致した食べものであった!?
別の説では、十二支のうち「丑辰未戌」の4つが五行説の「土」に配当されています。
ひょとすると「土用最初の土の日」・・・・・かも知れません。



さ~夕食に予約のうなぎを暖めてどんぶりにしました。

おいしそうです。やっぱりお高いですねぇ


でもぅ~~この二人は、汁のしみたご飯だけ食べて、うなぎは残して、最後の最後に食べるんですよぅ~~

なんとも色気のないたべかたです ( '~`;)
ご飯に熱々のうなぎを箸で切りながら食べて欲しいですぅ~~

画像






さ~今日もサンセべりアのお花がどうなっているのか見ましょう~~

画像



                          2012・ 7・26  12センチ(昨日掲載)



画像


                          2012・ 7・27   20センチ

画像


一日で8センチ大きくなってつぼみがはっきりわかるようになって来ましたね~~。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2012年07月29日 16:49
ウナギって即効性があるように感じます。
いろんな食べ方があるのですね~~ (^o^)丿
好きに食べて貰っていいんじゃないかしら?
誰かが途中のを失敬したら?早いうちに食べるようなったりして~
ひつまぶしみたいに食べるのもいいかもですね~♪

我が家もグリーンコープさんで2週続けて
鹿児島産を取り寄せて頂きました。
お高くなって量目が減っていました。仕方ないですね~((+_+))

>サンセベリア、ちゃんと追跡調査して~~
今回はしっかりレポートできそうですね(*^-゚)⌒☆
もう少し!ですね。ガンバレ^☆ サンセベリアちゃん。

この記事へのトラックバック