故郷秋田のなつかしい米の粉のおやつ <あさづけ>

ママンがまだ小学生か中学生のころ。 こんな季節には実家の母が米を水でうるかした(浸けて置いた)ものをすり鉢で粉にして、鍋に入れて水で溶き、酢や砂糖を入れてとろとろのヨーグルトのようなものを作ってくれたなぁ~~ あれ、なんて言うんだったろう~~っ。 甘酸っぱくて上にたしかみかん缶がのっかっていたよなぁ~~ 結婚して間もないころ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more