雨の庭模様  &  真夏のバッグ・・・転写チュールで作りました。  

雨に濡れた庭も素敵です。
みずみずしい葉っぱ。

斑入りギボウシ・ツワブキ・ヒマラヤユキノシタなどの大きな葉っぱは花がなくてもそれなりに美しく鑑賞に耐えます。
画像

矢羽芒も勢いがついて、早や出で穂の気配です。
画像


ミントも小さな花をたくさんつけました。
画像

畑から移植した紫蘇は毎日のようにむしられるので、成長する暇がありません・・・(^_^;)

画像



さ~さかのぼって21日。
手芸店へ行った時、ま~~いいわ~~と思って買ってきました、サマーバッグのキッド。
布のほかに、別売りでマグネットや持ち手も買います。
このプリントでは最初の文字が読めませ~~ん 早いになんか縦棒が入っているように見えますが~~
ネットで検索してみたら転写チュールのことですね~~。
画像

布はこんな風に紗のようになっている硬質の網目のプリント柄です。
50センチ ×  68せんちです。
最初にプリントの映りが良い色目の裏地を用意して布全体を裏側に仕付け糸で貼り、縫い代を指定の広さでしっかりくるみ、ミシンをぐるっとかけます。
画像

画像


画像

画像



後は普通にトートバックを作る要領で、脇を縫い、まち底を作り、ミシンをかけます。
中に内ポケットを適宜作ります。
大きく、バッグの底までしっかり届くようなサイズのほうがバッグの形を損ないません。
土台布を入れます(マグネット用)
マグネットをつけます。
この写真には別の携帯バッグが入っています・・・(^_^;)

画像

口布を縫い、持ち手を付けます。
思ったより作りづらいのですが、丁寧に記しつけをしながらやっていくと簡単です。
とてもクールなそれでいてドレッシーな素敵なバッグが出来ました。
早速仙台へ持って行ってきました。
持ち手が金属なので持ちづらいかなぁっと思ったら、そうでもなくてとっても使いやすい、容量たっぷりのバッグでした・・・・(*^。^*)

まちが10センチもありますし、大きさが40センチ × 30センチぐらいの出来上がりになりますので、ちょうどいいですね~~
布自体は1500円ぐらいでした。
持ち手は穴をあけて取り付けますが、簡単でした。金属の感じがこの布にぴったり合います。
値段は忘れてしまいました~~。手芸店で普通に売っております。
全行程で3時間ぐらいでした。


画像



画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック