山形美術館<高山辰雄聖家族と日本画五山展>  &  山形県芸文美術館<大場文雄展> へ 

土曜日、11時頃からダディのお友達に頂いた美術館の券がありましたので、絵を見に行ってきました。
画像

高山辰雄聖家族はその数にびっくりしましたが・・・ママンにはよく理解できない絵でした。
「白い道」は奥行きの感じられる深い味わいの作品でした。
画像

その他の方の絵は東山魁夷・杉山寧・加山又造・平山郁夫・・・。
ゆっくりと拝見しました。

さ~お昼を過ぎていますので、歩いてデパートのレストランに行って二人で昼食+ママンのパッチワーク完成に・・・!!ダディから一杯ごちそうになりました。

せっかく出てきて芸術を楽しんだから、もう一か所山形県芸文美術館へ行って見ようということになりました。

山形県芸文美術館は今年の12月8日からママンたちのパッチワークサークルの作品展をするところです。
画像

何をやっているかわからずに行ったのですが・・・・
<大場文雄展>8月21日~9月2日まで
大場文雄さんという名前はどこかで知っている名前ですが・・・詳しくは知りませんでした・・・・。

なるほど!県展の常連で、真下慶治氏に師事し、現在は山形新聞に隔週火曜 県内スケッチ 「四季を訪ねて」 を連載中。
会場の膨大な数の大きな絵はほとんど県展やその他の公募展での入賞・入選作品で、32点。
連載中のスケッチは50回を超えてその原画がとても明るく清潔で美しいのに感激しました。
YTS山形テレビ勤務時代はTV用のCMや絵をこれまた膨大な数制作しており、それを展示。

S21年生まれということは・・・ママンより3歳若い方ですね。

画像


パンフレットの絵に「2003年国民文化祭で佳作」と書いてあり、なんとなく見覚えもありましたので、家に帰って2003年の国民文化祭のパンフを見ました。

2003年、初めてママンは公募展に応募し、国民文化祭で<輝く星は世界中の子供たち>が工芸の部で佳作に入賞し、山形美術館で展示されたのです~~。同じ時だぁ~~っと、いやあ~~感激しました~~
・・・っと同時にこんなにも活躍しているのねぇ~~っとうらやましくも (~_~;) なりました~~。

とても良いものを見せていただき、元気をもらいました~~。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック