旬のいただき物・・・1  栗と<栗くり坊主>で栗の渋皮煮  &   イチジクの甘露煮 

今年も故郷の同級生の 朝霞のち~ちゃんから段ボール一杯の栗をいただきました。
同級の女性の会には体調不良で参加出来なかったのに~~こうしてまた今年も送ってくれました。
画像


貴重な旬の味覚。大切にお料理しましょう。
この新兵器は<栗くり坊主>といいます。
2~3年前に若ママが買ったのですが、使いこなせずそのままになっていましたが・・・
今回は20個ばかり包丁で皮をむいたら手が痛くなってしまい、やむをえず?使って見ました。
慣れてくると大変按配がよろしい~~!!
画像


一定の深さで歯が入るようになっており、もう一方の歯がギザギザで滑らないようになっています。
細かに歯をずらして皮をつまむと剥けやすく、器具を使いこなすことはまず根気よく使ってみることだ~~っと納得。慣れてきたらスピードも出て100個の皮をむきました。
画像


とりあえず50個をあく抜きします。
画像


たっぷりの水に重層を小さじ一杯入れて15分ほど煮ます。
画像

真っ黒な渋が出ます。この汁で布を染めれば栗の渋染めが出来ますねぇ~~。
今回は2回目を30分ほど煮まして、布巾で丁寧に渋皮を拭き取りました。
ほぼきれいに取れましたので2回で御終いにしました(*^。^*)
さ~今度は栗が被る程度の水と砂糖50個に対して同量くらいの砂糖、しょうゆを少々入れました。
画像

30分ほど煮詰めましたらちょうどいい柔らかさと色に仕上がりました。
画像

同様にもう一回50個煮ました。瓶詰に一本、その他はパックにして冷凍しました。
画像

そのほかに栗ご飯もしました。
画像


まだまだありますので、生のまま冷凍してあります。
本当にありがたいことですねぇ~~。


そしてそして~~
ママンの実家の秋田から今年もイチジク段ボールでひと箱届きました。
いやあ~~時おなじゅう~~して、これもまたすぐにお料理しなくってはなりませんぞ~~!!
輸送中に熟したものははずして、軸を切って洗って水分を切ってと下準備をして。
画像

これまた早速<芋煮用>の特大鍋(32センチの大鍋です)に山盛り入れまして、砂糖を入れて(あまり多く入れないで冷凍で小分け保存します)、ことこと・・・・煮詰めました。
画像


約一時間ほど煮詰めまして、完了しました。
画像画像画像画像
後は特大タッパーに一杯を月曜日のパッチワークの例会におやつに持参。
もう一つ自家用に特大タッパーに一つを冷蔵保存、残りは冷凍パックに10個くらいの小分けで保存しました。
いやあ~~両方で一日かかりました。


本当に貴重な旬の贈り物に感謝感謝です~~。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック