水漏れ騒ぎ・・・その2  大工事になりそうです。  & 先輩の旅立ち & 水漏れの結果は・・・

さ~~水漏れは、場所がわからないために、家屋の一部に穴をあけて探すことになり、木曜日は早くから住設関係の方や大工さんが来てくれました。
配管が通っている納戸の一部に穴をあけて検査をすることになりました。
今後の成り行きが心配ですぅ。

電気工事用の穴は押入れの中の天井にあるのですが、下水道のは下の納戸の中に出っ張って囲まれていて出入り口はありません。
設計士さんのお話では、日本間の畳敷きの下にあるそうですが、そこから入っても結果的には工事のためには直接の穴が必要だとのことで。
漏れている量が少ないらしく、時間が反対にかかりそう~~。
午前中に穴をあける大工さんが納戸の床に穴をあけて帰りました。

というのも、午後からママンが働いていた同じ職場の先輩がお亡くなりになり、葬儀に参列しなければならないからです。

生涯を独身でお過ごしになって、退職後はたくさんの趣味をお持ちになって、身ぎれいに、いつもすてきなベレー帽をかぶってお亡くなりになる2か月前まで颯爽と暮らしておりました。

人をねたまず、笑顔がかわいい方で、享年84歳でした。

その暮らしぶりは、なかなか真似できない。

膠原病を若い時に患いながら、苦労や病気ということが顔に出ていない、こんな生き方が出来る方はそうそういないと思います。

お葬式の帰り際、プールの先生にお会いしてびっくり!
もう25年くらいの生徒さんで、先生のお母様とお友達でたくさん旅行もご一緒されていたんですって。

何度もOB会でお会いする中でも、プールに通っていたなんて聞いたこともなかったのですが、地道な健康努力もしていたのでしょうね~~。

あんな風に年を重ねていきたいなぁ~~。



さ~~帰って午後3:30  また住設さんやら大工さんやら工務店の設計士さんやら来て、あちこち3か所ばかりに穴をあけてもぐって、やっと見つかりました。
配管等は納戸の中の出っ張った部分ですので、物を半分くらいは廊下に運ばなければならず、家の中は雑然としています。

5時近くやっと見つかりました。
分厚く保護された給湯用配管にひび割れが出来ていて、かなりの量の水漏れでした。

ちょうど水道メーターの検査の方が来て今月の量が2倍近いとびっくりして、これは大変です~~っと言うので、今工事をお願いしてやっと見つかったところですっと言うと、あらあ~^よかったですぅ~^ですって。
いつもは下水道込みで2か月で37000円ぐらいのところ57000円ですって。
で、どうなるんでしょう~~この料金っといったら、漏れている場所とか条件によって違いますので、工事屋さんに相談してくださいと言うことでした。そのうえで条件がそろっていれば申請してくださいですって。

配管を切断して新しいものを取り付け保護マットも取り付けて、やっと完了しました。

漏れていた水はどこに行っていたのかそれが一番心配でしたが、幸いにも配管と保護マットの間を滴り落ちて地下の土壌にしみこむようになっているとのことで、床下には全然たまっていませんでした。

床や壁の穴は数日後に再確認してから工事しますっということで、まずは一件落着ですぅ~~。

ああ~~大変でした。
原因はわかりませんとのこと・・・・(^_^;)


今日土曜日の午後は廊下に散乱しているものを思い切って整理し、捨てられるものは捨て、身軽にならなければっと夕方5時までかかって、整理しました。

納戸にはまだ収められませんので、しばらくは日本間へ置いておかなければなりません。

疲れました~~。完全に復活するのは来週の後半でしょう~~。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年01月24日 22:00
いやはや~大変な事でしたね~~
でも、水漏れ箇所が判明して何よりでした。
それを機会に断舎利を考えるなんてママンらしいです。
お疲れのないようになさって下さいね。

先輩の方、享年84歳でいらしたんですか?
お話をお聞きして素晴らしい生き方をなさってたのが判りました。
後輩にそのように慕われてらしたのですね。
謹んで、ご冥福をお祈りします。

2016年01月31日 16:07
n o b a r a  さん
こちらにもありがとうございます。
先輩の方はいつもにこにこしていやなことを感じさせない方で、そういう風に年を取りたいと思います。

この記事へのトラックバック