二人旅・・・北海道12日間・・・11日目(6・25) 網走刑務所・博物館網走監獄 札幌の夜

さ~今日はフリーで一日動きます。
いつもより遅い朝食をホテルでとり、9:10出発。
網走駅でロッカーに荷物を預け、網走川沿いに30分ばかり歩きます。
少々小雨が降っていますが・・・網走川は水量が豊富。
画像

右手の川向こうに刑務所のレンガが見えてきました。
橋を渡って、外から見るだけですが・・・重厚な立派な煉瓦の塀は約150万枚で出来ているとか。
気の遠くなるほどの枚数が使われています。
画像

この当時のこういった建築物は立派で各地に残っています。
今こういった建物は、作ろうとしても、無理な時代ですね~~。

橋を渡り、ひんやりとした空気感は、この建物自体が背負っている運命なのでしょう。
画像

外側からの見学ですが・・・。
画像


小雨はやみません。

この後博物館<網走監獄>行きのバスに乗りました。
登録有形文化財
明治時代の網走監獄の建物10棟と17棟の再現建造物を展示公開する、言って見ればテーマパークですね。
北海道開拓の一部を担った監獄の歴史、受刑者の生活、五翼放射状平屋舎房など・・・・・・

8棟が国の重要文化財、6棟が登録有形文化財。

画像

画像

画像

画像

休泊所の囚人たちのリアルな寝姿のマネキンにはぞっとするような悲惨さが感じられました。
脱獄してもまた帰らざるを得ない環境の過酷さをははかり知ることまではなかなか難しい.

罪深い囚人たちによって進められた中央道路の開削もあったことは事実らしい。
シアターで立体映像化された過酷な工事現場の様子が見られます。
画像



最後に<監獄食堂>で定食を食べました、おビール付きで。罪深い夫婦ですねぇ~~(^_^;)
画像

見て楽しいわけはないのですが・・・こういう世界もあったのねぇ~~っと言う思いを深くしました。

さ~ <観光施設めぐりバス>に乗ってまた網走駅に戻って、本日はこれから札幌に向かいます。


網走 13:26 発 ~~ オホーツク6号  ~~ 18:47  札幌着   (乗り換えなし)
グリーン席      5時間21分の乗車

雨が上がりました~~。
オホーツク6号は、北海道の真ん中を縦断しているわけです。
果てしない牧草地、放牧、朽ちたサイロ。牧草のロール巻き。
画像


機械化農業の大型作付けの野菜や田圃は東北では見られない風景で伸びており、車窓から垣間見る農業の移り変わり、一種目植え付けの畑の広さや境目の植林の美しさなど、全く違った風景に飽きることなく、見とれていました。
画像

札幌に着いたときはまだ明るく、一旦ホテルに入り、荷物をほどき、明日の準備をしました。

さ~さ~長かった旅行も今晩で北海道泊は終わりです。
さみしくなりますねぇ、夜は最後の札幌を楽しみましょう。

午後8時、食事は蟹三昧。

画像


食事の後は、<すすきの>まで歩きました。

時計台を見ながら・・・・。
画像


画像


行交う人々も、街も今までの北海道のほかの都市とも違って、なんでこんなに人がいるの?っと言うくらい賑やかで、まるで東京です。

本当に最後の夜になりました。10過ぎホテルに帰り、ゆっくり休みました。

本日。15028歩でした。

                     <つづく>








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年07月20日 16:21
網走刑務所はバスの中から見ただけでした。
そういう世界もあったと参考にはなりますね~
ススキノは呼び込みが酷くて難儀しました。
取り締まりも多かったような・・・
カニ、おいしそうですね~~~
もうイヤと思ったのにまたぞろ、食べたくなりました。
2016年07月25日 13:10
網走は日程が残り少なくなり、半日しかいられなので、反対にゆっくりそこだけ見学しました~~。
知らなくてもいい世界なのでしょうが、歴史の一部として見てきました。

すすきの、もうにぎやかで、お店に入るのはいやですねぇ~~
駅近くで腹ごしらえをしてから街の雰囲気を見ながら散策しました。
歌舞伎町みたいなものでしょうね~~。
ちょっと指の運動もしました・・・(^_^;)

この記事へのトラックバック