3月連休は・・ふらり道の駅旅・・その2 大内宿・大江戸温泉物語あいづ・喜多方

本日は3月20日祝日。
さ~~<道の駅しもごう>を9時に出発して、目的地<大内宿>へ着きました。
今日もお天気はまあまあです。
大内宿は2010年、7年前に来ております。
2月でしたから雪がまだたくさん積もっていました。
福島県南会津郡下郷町の重要伝統的建造物群保存地区・・・・。

そのお話はこちらをご覧ください


今回は雪がだいぶ少なく、もう少し春めいているのかなっと思ったのですが・・・・まだ春は遠いようです。
ダディの写真を数枚アップします。
画像

画像


この建物の上の山道に、よく観光写真に写っている大内宿全体の写真を撮るところがあるのですが、足元が危険で今回はやめましたので、あの家並みは見られません~~。
上の建物の前から写してみました。

画像



画像

画像



この葦の束は巣筒というそうです。
この中に<マメコバチ>という小さな蜂が巣を作るそうで、この蜂は普通のミツバチの82倍も働くそうです。
リンゴの受粉をしてくれる大切な大内宿の住人だそうです。
画像



画像


現在家々の中心の道路は、昔は川だったそうで、のちに埋められ、両サイドが小さな堰になっているのだそうです。
画像

せせらぎの音と透きとおった清流は見ていて飽きないほどでした。

帰り頃には、お店も営業し始めましたので、つぶし豆を買いました。
ネギ一本で食べる有名なお蕎麦屋さんはまだ閉まっています。

山々に囲まれた宿場町の全体を見渡すと、車の無かった時代は、ここがオアシスのようなにぎわいだったのでしょうね~~。
本当にやまふところっと言う感じ。
画像



さ~~あとは、家路に向かいながら温泉併設の道の駅<ふれあいパーク喜多の郷>によってから喜多方ラーメンを~~

・・・っと思っていたのですが、途中、49号線左側に<大江戸温泉物語あいづ>が見えました。
じゃあ、時間もたっぷりあるし、温泉ねっつ!

大江戸温泉物語は最近よく聞きますねぇ~~いやあ~~大きな建物ですね。
TVで見るのは歌舞伎座ののような屋根だったりするのだけれど、ここはビルです。
田んぼの真ん中、これしかありません。
画像

日帰り入浴は550円、休憩室はただ。駐車場ももちろん。
お昼はバイキング850円。
いやあ~~安いねぇ~~

お風呂はとても気持ちよく、お風呂に入ってから昼食をバイキングで。
後は休憩室で2時間ほどお昼寝をしました。

道の駅<あいづ湯川・会津坂下>によって、珍しく野菜を沢山買い、お酒も買いました。

いつもはほとんどお土産を買いません~~。
駐車場から見える磐梯山会津富士が美しかったです。
画像

喜多方を離れて間もなく、白鳥の大群が田圃に降りていました。
ものすごい数です。150羽くらいはいます。すご~~い、感激!!
画像

画像




喜多方ではラーメンでしょう~~、午後5時、<こだま>・・・間違いました~~<まこと>でした~~は完売で〆。
ラーメン館で大きな<中華どんぶり>を4個買いました~~。
前にも買ったのですが、孫っちたちが小さい時でしたので、少々小さくなったので。
同じ駐車場にあるたんぽぽというラーメン屋さんで食べました。
画像


いよいよ帰ります~~。
一般道 121号線県境大峠あたりはまだ壁のような積雪でびっくりしました。
画像




今回も一日半のふらり旅でした・・・。総走行距離は420キロ、家に着いたのは、9時半でした。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2017年03月22日 10:43
趣のある街道の家並みですね。
以前訪れた時行き止まりの街並みに少々おどろきました。
蕎麦屋、お土産屋、観光客相手の様相は納得でもあり、どこか違和感も感じました。
保存される苦労は大変なこと、観光化しなければ廃れていたかもしれない事を思うと複雑でもあります。
2017年03月22日 14:24
suikoushiyaさんコメントありがとうございます。 こうした保存地区や遺産はやはり無理をして残さなければいけない点がありますから、おのずと本来の姿のみではやっていけないのでしょうね~~。 まん中の道路は川だったらしいので、その当時とはまた違った部分もあるようですし、観光地となってしまうのでしょうね。 茅葺も7年前に比べ新しくふきかえもしているようですし、維持するのは大変なようですね。 春の花が咲いたら、新緑が見られるようになったら、また違う雰囲気が出るかも知れませんね~~。 雪解けの清らかな流れが心打ちました。
2017年03月23日 09:49
一昨年、訪れたましたから、なんとなく懐かしいです。
下郷、覚えていました。車だったので・・
昔の街道をずらして作られているのでしたね。
茅葺も数年置きに葺き替えるの大変です。たてもの園も頻繁です。
雪解け水のさらさら流れる小川が佳いですね~🎶
やっぱり奥深いと雪がまだこんなにあるのですね。
私たちは道南にひとっ跳びしてきました。
登別、函館・湯の川温泉、珍しくお天気に恵まれましたよ。
ももたん
2017年03月25日 16:57
 大内宿の写真を拝見しました。雪が少し残っているのも、風情がありますね。実は数年前にバスツアーで訪れているのです。写真を拝見して記憶がよみがえりました。こんなに広範囲に保存されていることにあらためて気づかされました。単筒、初めて聞きました。先人の知恵が感じられて、その時代の食文化を想像したりして楽しいですね。団体旅行だと、なかなかじっくりみることができないものね。気のあった人と訪れるのが一番です。貴女が羨ましいです~。
2017年03月29日 19:31
n o b a r a  さん
コメントのお返事が遅れました~^。
なるほど!下郷は道を入って山の中でした。
もっと春らしいのかと思ったのですが、やはり山間部ですから山形とおなじなのですね~~。
小さな堰ですが、美しい水の流れは昔と変わらない山の水なのでしょうなね。
ま~~すごい!!楽しみに訪問させていただきます。
2017年03月29日 19:37
ももた~~ん
コメントありがとうございます。
二人でゆっくり見られますが、案内がいないのでその点は自分たちで感じながら歩くというところが、いいのか悪いのか!わかりません!
小さな暇を見つけては出かけています。
来月は秋田の<菜の花ロード>の桜の開花に合わせて行きたいと思っております、多分一人で…。
ですので、お会いできればなぁ~~っと思っております。

この記事へのトラックバック