パッチワークサークルの例会 &  洋画家 沖津信也個展

月曜日、ママンたちのパッチワークサークルの5月2回目の例会がありました。

当日、開設以来の出席者数 で 7名!
もともとたくさんいる会ではございませんが・・・。結構毎回出席率がよろしいのです。

さ~ではということで、最初からおコーヒーやお茶を飲みながらおつまみもいただきながら、近況座談会をしました。
体のどこかが思うように動かないというのは皆さん抱えておりますが・・・・
体調のみならず、他の理由でお休みもありますが、本当に年齢が上がってきて一年一年が要注意の毎日ですね。
作品も少しづつですが、皆さん頑張っておりますですので、一時間ほどはじっくりお勉強しました。
画像


長方形を斜めの切った単調なパターンですが、色合いだけで複雑な模様を生み出しています。
全体の大きさも非常に重要で、皆さんから一回り大きくした方がいいと言われて、その通りにしてきました。
一回りということは、模様にもよりますが、かなりの枚数を増やさなければならず、大変なことなのです。

大きさと一個一個のバランスがとれ、大作になりそうです。よかったねぇ~~拍手!!!


画像


お昼までで閉会にして、その後全員で<アズ七日町ビル>に5月から移転された<山形県芸文美術館>のギャラリーを見に行きました。

12月に会独自の作品展を開催する予定ですので、<ギャラリー3>を芸文の係の人に開いてもらって見学しました。

2フロア全体が芸文美術館となり、5つの大小のギャラリーになっていますので、とても広く、よくなりました。
エスカレーターやエレベーターの設備も良く、1Fはお店があり、三越も入っています。

大きさはちょうどいいねぇ~~。ちょっと壁が真四角でないのが気にはなりましたが、飾りつけ次第では面白くなりそうで、きれいで安心しました。

さ~~あと半年ありますので、また頑張りましょうね~~・・・・!

そのあと、いつも行く <シベール>でケーキセットなどをいただき、解散したのは2時頃でした。


さらにそのあと、お友達のいっちゃんのおすすめで、文翔館で開かれている<沖津信也個展>へ。
画像

米沢市で校長をして、卒業時もう一つの卒業叢書として、一人一人の似顔絵を送って、山形ではかなり有名な方です。日展にも10回入選なさっているとか。
芭蕉の奥の細道をたどって描いているとのことでした。

画像


点描画とでも言いましょうか。緻密な深い色合いは、なかなか見応えのあるすばらしい絵ばかりでした。
その数にも圧倒されました。

その中に<奈曽の白滝> の絵が数点あって、珍しくて、画家ご本人にお話ししましたら、奈曽の白滝を知っている方はなかなかいませんとおっしゃるので、最近行って来たばかりで、秋田では遠足で必ず行きますっと言ったら、ぜひじゃあこの絵にご縁があるので、どうぞ~~っと言われました。 
 
でも、買えません~~けれどぅ~~。(-_-;)(^_^;)


奈曽の白滝のお話はこちら

ゆっくり拝見しましたら、ほんとに疲れてしまいました。絵の力もあるのでしょうね~~。

いっちゃんは旦那様と沖津さんが懇意なので個展開催パーティにも出席したようで、山形の思い出の地の絵をお買い上げの予定らしい~~。

楽しく充実の一日でした。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック