五月連休二人旅・京都・大阪編 ・・・5日目の1京都まち歩き・・・世界遺産 仁和寺・龍安寺 

さ~~本日は5月2日(水曜日)です。
本日は車を使わず、バス一日券を買いました。
画像


「マップル」の付録、<京都プランニングマップ・京都市内主要バス路線図>と言う一枚もののパンフ。
これが実によくできておりまして、小雨も降りましたが・・・一日フルに働いてくれ、ぼろぼろになりました~~。

画像


さ~~長い前置きはさておき、9:00にホテルを出て、早速バスで向かったのは、<世界文化遺産 仁和寺>  (にんなじ)

ウキペディアより引用しました
仁和寺(にんなじ)は、京都府京都市右京区御室にある真言宗御室派総本山の寺院。山号を大内山と称する。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は宇多天皇。「古都京都の文化財」として、世界遺産に登録されている。

皇室とゆかりの深い寺(門跡寺院)で、出家後の宇多法皇が住したことから、「御室御所」(おむろごしょ)と称された。明治維新以降は、仁和寺の門跡に皇族が就かなくなったこともあり、「旧御室御所」と称するようになった。


二人とも史実と言うのに弱いので、見たいところは感覚で決めているところがあります。
仁和寺は、時間が早いせいもあって、学習見学の小学生がいるだけで、凄くのんびりとしました。
説明をする和尚さんの後をそっとついてまわって、しっかり聞いてしまいました。
普通は金閣寺、竜安寺を見てから皆さんお出でになり、ここではほぼくたびれて、縁先に座ってお庭をを眺めながら大きな欠伸をするんですって。
ま~~先に来てよかった!!

仁和寺の正面二王門、左右の阿吽の二王像が大きい。
画像



御殿入り口を入ってすぐ、臥龍の松の立派なこと!
画像


宸殿の廊下でしばし美しい南庭・北庭を眺めました。五重塔も見えます。

画像




宸殿の立派なこと。襖絵も見事です。
画像


霊明殿へぬける渡り廊下は風情があります。
画像

画像

こんなパンフレットがありました。まさに平安の絵巻が似合いそうです。

約一時間ほどをすごし、今度はバス停から < 龍安寺 >  (りょうあんじ) へ行くかと思ったのですが、二停留所くらいのようですので、だらだら坂を歩いて行きました。
小雨が落ちてきました。
15分ほどで到着。山門をくぐって鏡容池を巡り、参門を通って、寺務所から方丈に出て、例の超有名な石庭を見ました。
画像

画像



すでに沢山の外国人が座っています。98%とと言ってもいいくらい。
座ってゆっくり眺めることはできませんでしたねぇ~~。
画像

画像


画像


さ~さ~~早々に庭に出て周りを散策しました。
納骨堂あたりに来たとき、激しい異臭がしました。消毒薬の様な臭いでしたが・・・。
あとで、携帯にお友達から電話があり、異臭騒ぎで大丈夫だった?と聞かれ、ここではなかったようですが・・・。
たしかに、でもかなりの臭いがしましたよ。
画像


さ~~11:30です。これからまたバスで金閣寺へ行きます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック