五月連休二人旅・京都・大阪編 ・・・6日目の2 大阪万博記念公園

さ~~本日は5月3日(水曜日・祝日) 旅行日6日目の2です。



大阪はいつも素通りが多く、淡路島へ行くときや九州往復などの中継宿泊地として利用することがあってもほとんど町を見たことがありません。

今回は大阪3泊、同じホテルでまち歩きを楽しみたい。


京都から大阪は近いですね~~。
伏見稲荷大社から大阪万博記念公園まで41キロ45分で到着しました。


総敷地面積264ヘクタール。甲子園球場約65個分

ウキペディアから引用しました。
日本万国博覧会記念公園(にほんばんこくはくらんかいきねんこうえん)は、日本万国博覧会(大阪万博)の跡地を整備した公園である。万博記念公園(ばんぱくきねんこうえん)や万博公園(ばんぱくこうえん)とも呼称される。

所在地は大阪府吹田市千里万博公園。公園を管理するのは、大阪府である。1972年3月15日の日本万国博覧会一般公開2周年の日にエキスポランドと自然文化園の第1期及び日本庭園・大阪日本民藝館などを公開して開園する。その後、自然文化園が第3期に分けて整備・公開され、国立民族学博物館が開設される一方、開園後に閉鎖された施設もある


万博公園西口に車を入れてしまいましたので、入ってからかなり歩きました。
     
            ↓        
画像



家族連れがたくさん遊んでいます。
画像




どんぐり池のほとりで、売店で買い求めたパンや焼きそばを食べたり寝そべって、ゆっくりしました。
画像


向こうに国立民族学博物館や日本庭園の入り口が見えますが・・・。パス。
画像


さ~~中央口のほうに歩きましょう。
あの太陽の塔が見えてきました。こちらが裏側ですね。
画像


正面中央口に向かっています。
画像


そして正面<太陽の塔>
まっぷる紹介文より~~
岡本太郎の代表作。過去・現在・未来を貫いて生成する万物におけるエネルギーの象徴で、生命や祭りの中心を表現している

画像




画像


いやあ~~大きいねぇ~~、まったく。
でもやっぱりすごいなぁ~~、エネルギーを感じるね。
太陽の塔の内部公開も話題になっている時でしたが、予約が取れず見ることが出来ませんでした。



お祭り広場でフリーマーケットが行われていました。すごい規模です。
階段に座って、しばらく眺めていました。
何軒かめぐって・・・。
画像


もう疲れ果てました。
時間も17:00です。
公園の中を走っているかわいい電車に乗って、西口まで帰りました。
  
画像

画像


画像


 大阪の道路はすごい複雑で怖いくらい。
京都の時は市街地でもそんなに困ることはありませんでしたが、ナビで見ながらでも、道路が幾重にも枝分かれしている感じで、車線変更が複雑です(~_~;)

 (前もって所要時間を調べるのには、PCの自動車ルート検索NABITIMEが便利で 

                                         いつも使っております)

大阪天満橋大手前のホテルに着きました。
一旦休憩をして、谷町のなぜか薩摩錦江湾直送<海鮮水産>でいっぱいやりました。
キビナゴの一夜干し、カリカリさつま芋シーザーサラダ、おいしいお酒<七田>

画像画像画像

さ~~本当によく動きました。本日の走行距離約60キロ   15509歩  でした。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2018年05月27日 10:53
リアルタイムで万博に行った組σ(^-^) ですから~
すっごく懐かしく~魅入ってしまいました。
在大阪のの時もここには行けませんでしたから~
岡本太郎の太陽の塔の内部閲覧、凄い人気のようですね。
大阪は天満などに美味しい所がいっぱいあり、
呑めない私も夫に連れまわされていましたよ。
まぁ~カゴッマの干しキビナゴを@@
大阪でもカゴッマのモノを召し上がって頂いてアイガトモシャゲモス。
2018年05月30日 21:12
n o b a r a  さん
まあ^^~~すごい。リアルタイムで!?
広さも半端ないし、全部を見るのは大変だと思います。
帰りは、歩けなくてちんちん電車で帰りました。
大手門前のホテル近くでは意外と飲食街がなくて、おまけにホテル〇○インが近くに3か所もあって、迷ったりして・・・。
ここなら間違いなくうまいなって!!最後の日も行きました。
そうなの、鹿児島はママンたちのあいだでは居酒屋のNO・1の思い出がありますもの。
そこでは、キビナゴのお刺身や地元のおいしいお魚料理を沢山をいただきました。
<盛喜>というところで。

この記事へのトラックバック