五月連休二人旅・京都・大阪編 ・・・三日目の2 比叡山ドライブウエイ 世界文化遺産 比叡山延暦寺 

本日は4月30日(月曜日・祝日)旅行日3日目ですです。
京都大原三千院駐車場から車を出して、今度は一旦来た道を少々戻り、滋賀県大津市の奥比叡ドライブウエイに入ります。
有料のドライブウエイは琵琶湖を見ながら続きますが、曇りのため霞がかかって、ぼんやり見えます。
展望台から見えるびわ湖です。
画像


比叡山は昔27~8年前に勤続30年表彰のご褒美旅行で観光バスで来ております。
延暦寺の境内で僧侶たちが何百人?と記念写真を撮っている風景が印象に残っているだけです~~(~_~;)


西塔地域に車を入れ、桜まつりがおこなわれているとのことで、焼きまんじゅうを食べたり、抽選会をしたりしました。お抹茶が当たりましたので、観覧を終えてからごちそうになりました。
桜があまりにも早く散ってしまい、人があまりいません~~。

画像画像

こうした寺社めぐりは、その時はなるほどっと覚えたつもりでも、帰って来てからどこをどう廻ったのかわからないと言う無粋なふたりですぅ。
画像



画像

画像

画像

すでに午後2時近くです、境内の食堂でおそばを食べました。
画像



境内の山道には歴史にかかわった方々のパネルが展示されており、読みながら下りました。
画像



画像


ダディは鐘楼で鐘をつくのが大好きです。しばらく並んで順番待ち。
大きな音がこだまします~~。
画像



画像



画像


寄進の看板に山形の山寺 立石寺の清原正田和尚の名前があり、おお~~っとびっくりしました。

画像



東塔地域の根本中堂は大改修中でした。
画像




ウキペディアから抜粋しました。

延暦寺(えんりゃくじ、正字: 延曆寺)は、滋賀県大津市坂本本町にあり、標高848mの比叡山全域を境内とする寺院。比叡山、または叡山(えいざん)と呼ばれることが多い。平安京(京都)の北にあったので南都の興福寺と対に北嶺(ほくれい)とも称された。平安時代初期の僧・最澄(767年 - 822年)により開かれた日本天台宗の本山寺院である。住職(貫主)は天台座主と呼ばれ、末寺を統括する。1994年には、古都京都の文化財の一部として、(1200年の歴史と伝統が世界に高い評価を受け)ユネスコ世界文化遺産にも登録された。寺紋は天台宗菊輪宝。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック