諏訪神社の骨董市 ・ 古布の始末   & 冷やし中華 

毎月第一日曜日は諏訪神社の骨董市です。
本日も20軒近く出店しており、近隣の県からもお客さんが来ます~~。
お友達のいっちゃんと二人で行って来ました。久しぶりです。
DSCN9784.JPG

神社の入り口から一枚だけ写真を撮ってきました。
目的はいっちゃんの作品のための<帯芯>を買うためです。
でも全然なくて、困ってしまいました~~。
ママンたちのパッチワークサークルの方が3名来ていました。皆さんお目当ての布を探しています。

いつもお世話になっている円あみさんの所をいろいろ見た後で、他の骨董屋さんで、藍と緑、めくら縞の綿の着物など、お買い得品が数点ありましたのでいっちゃんと共同で購入しました。


早速いっちゃんの分もママンがきれいにします。
DSCN9787.JPG
縫い目を開きます。
布が古いので、糸が弱くなっていますから、びりびりと剥がすようにして解体します。
裾などは弱っていますので、切り取ったりします。
DSCN9789.JPG
解体すると沢山の糸が残りますので、毛抜きで一本一本丁寧に抜き取ります。
DSCN9793.JPG
DSCN9792.JPG

後は毛糸洗い用の洗剤で手洗いをします。
一旦全部干します。
DSCN9794.JPG

DSCN9795.JPG

乾いたらアイロンをかけて出来上がりです。
今回はとてもいい布が買えました。アイロンをかけるのが楽しみです。

   *************************

お昼は毎度おなじみの「冷やし中華」です。
今の季節はきゅうり・トマトが採れますので、新鮮な野菜でおいしく出来ます。
おいなりさん用の油揚げを千切りにして付け合せると甘みが効いていいですね~~、卵焼きの千切りがあるとあるともっとゴージャスですね。
DSCN9786.JPG

   *************************


この記事へのコメント