霞城公園の初冬・・・枯れた葉は ・・・みのむしさん? 

画像

華やかな桜・深緑・紅葉といつも違う表情を見せてくれる霞城公園もいよいよ初冬のたたずまい。
数日前に金色の木だった西門のいちょうもすべての葉っぱを落としてひっそりと立っています。
 11月18日の紅葉はこちら 

画像



散歩道もほとんどの葉っぱが落ちて、かわいい実がぷらんぷらんと風に揺れています。
画像



ユリノキにも沢山の造花のような種のからがついています。

画像


公園のあちこちで、雪囲いをしています。


画像


東大手門も訪れる人もなく、ひっそりとたたずんでいます。


画像


今日の目的は、パッチワークのお仲間のSさんの習字の作品展が、山形美術展で開かれているので、見に行くのです。

美術館の前の広場も落葉し切って寂しいたたずまい。

画像


Sさんは、もう常任理事だそうですから、作品も立派で大きい。すばらしい迫力もあります。

でもぅ~、たしなみのないママンは何を書いてあるのかも分かりませんでした。
御本人の名前もその道のお名前になっています。(ママン達もお花の時はそういった名前で出しますが)

こんな時は、詳しい方と一緒でなければだめですね、都合で一人で行きましたから。
せめて、何という字が書いてあるか分かると、漢詩にもぐっと近づくのですが~~

(ごめんなさい、自分の無学を棚に上げて!!)

美術館の喫茶店でコーヒーを飲んで、ゆっくり景色を見て、それから庭に出ました。
いつかびっくりする実を見せてくれたコブシが早や春支度をととのえてたたずんでいました。

画像


おお~~みのむしさん?

画像


画像


画像


自然の営みはすごい!!
この芸術的なこと!! ( イヌシデ雌花花序)

ここで、写真を撮っていたら、お散歩の方が 何しているの?と話しかけてきました。
かわいいでしょう~なんて言いましたら、んだね~と言って立ち止まりました。

お散歩ですか?と問いかけましたら、
<今日は風邪気味で、週4回行っているプールには行かずに歩いているといいます。

それから、とうとつに彼女の82年の人生を語り始めました。
42歳で夫を亡くし、女手一つで二人の子供を育て上げ、娘には子供がなく、息子の妻は40代で身半分不随となり、寝たきりで、息子が看病しながら子供達を育て上げ、ゆえに、御本人は誰にも迷惑をかけず過ごし、これからも、長く働いて来たので年金が沢山貰えるので、長生きして、お金を息子さんにあげたいんですって。

つやつやしたお顔、覇気のある語り、82歳とは思えない足取り。
でも、一人暮らしは寂しい~~などと、<せきらら>に話し終えて、またいつかお逢いしましょう~~と去って行きました。

うう~~ん なんともお見事な方ですね~
約30分ばかりお話なさいましたね。

さ~気を取り直して?…帰りましょう。

画像

     メタセコイアの落葉・・・

画像




画像

      いちょうの木の下のぎんなん・・・・



霞城公園を西から南・東・北へぬけてひとまわり。
季節の巡るのがあまりに早い・・・・・ですね。


我が家のリョウブの実、マクロで写すとこんなにかわいい形の実なんですね~~

            花はこちら 

画像


"霞城公園の初冬・・・枯れた葉は ・・・みのむしさん? " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント