植木屋さんが来ましたぁ~  & 山菜は旬・ 灰汁抜きの あく(灰)ってどうして作るの? & 黒竹の筍

先週木曜日、我が家の庭を作った植木屋さんが寄ってくれました。

家の前を通ったら玄関の松が~~凄いことになっているなぁ~~。まづ(松)の芯、伸び放題でこどしは切らんなねなぁ(今年は切らなくっちゃあ)といいます。

んだずねぇ~(そうねぇ)でも、チョット忙しくてよう、暇ないんだけど。 (ママン)

さしすかえないったなぁ~奥さん切るわげでねし、いねたていいんだもの、明日くるったなぁ~~(植木屋さん)
(さしつかえございません、奥さんが切るわけでないし、居なくたっていいんです、明日来ますってば。)

成る程、その通りでございます。早速お願いしました。
ま~思い切りよくまた、ばっさりとやってくれました。

2年に一回はやはり必要のようです。


画像



画像


さて、山形は今が山菜の旬です。
若ママのご実家では毎週のように、蕨やうどを採って来ては我が家にも分けてくれます。
ありがたいことです。
それに、なによりおいしい。皆大好きですから、様々に料理して御馳走になっております。
この度は、蕨・うど・ミズですねぇ~うどの太いこと!!それにミズはなかなか採れませんよ。
ミズもおいしいですね~おひたし、たたき、漬物、煮物なんでも出来ますね。

最近は若ママも蕨の灰汁抜きをしてくれるようになりました。
以前は全部ママンがしていたのですが、居なかったり忙しそうな時は、ちゃんとするようになりました。
うんうん!!なかなかいいぞぅ~~

 前回の山菜の灰汁抜きはこちら 

画像


昨日、若ママからこんな質問がありました。

 お母さん~あくって何から作るんですか?
ええっつ!!あくってあなた!灰でしょう?木とか燃やせば灰が残ってできるんじゃあないの!!

あ!それは分かりますぅ・・・けど、今、木とか燃やさないじゃあないですか。どうして実家では灰を作っているのでしょうね。
それは、私が聞きたいくらいよ。いつも、ちゃんとあくを付けてよこしてくれているんだもの。
そうですよねぇ~わざわざ作るのかしらねぇ~
そうでしょう?あなたの実家は土地が広いから、植木を切ったものや、薪でも燃やして作ってくれるのでしょうねぇ。
プラスチックとか変なものを一緒に燃やした灰は使えないからねぇ~

そうなんだぁ~じゃあ、たかが灰なんて言えないんだねぇ~わたし、いっつも あく要るかって言われると、いらねって言ってたけど、貰って来た方がいいのね。

そうよぅ。重曹で灰汁抜きするより、灰のほうがいいのよぅ。灰だと柔らかくなりすぎるということがないし。
それにあくを買おうと思ってもなかなか見つからないのよ。感謝しなくっちゃあね。

んだねぇ~。



今の子ども達は木を燃やして灰が出るような生活をしていませんから、灰の効用ということも知らないし、灰って何でしょうみたいな事になりますね~

ママン達が子どもの頃は、目の前にいろりがあり、煮炊きをし、灰はいつも見て育ちました。煤(すす)も身近にあり、灰や煤はうまく利用されていたものですが。・・・・・・なんだか、時代の流れを感じますね~


その日、パッチワークの先生の旦那様が黒竹の筍を持ってきてくださいました。毎年戴くのです。

筍は、灰汁抜きの必要はありませんが、皮をむいたら米のとぎ汁で軽く煮て、それから切って椎茸と共に味付けて煮てから椎茸筍ご飯にしました。

フンタンが、筍を持って来てくださった時、「あっつ!!今日は筍ご飯だねっつ、うれしいなぁ~っ」と言ったものですから、旦那様も喜んで下さったようです。

画像








"植木屋さんが来ましたぁ~  & 山菜は旬・ 灰汁抜きの あく(灰)ってどうして作るの? & 黒竹の筍" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント